スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろは第25話の感想

思えば結構すごいタイトルな いろは第25話『五稜郭浮上す』の感想です。

そして誰もいなくなった・・・。

そういうオチなのだろうか?どんどん人が死んでいく・・・。
耀次郎との決着を付けるという時点で、大体予想はしていたけど・・・。
神無・・・。

なんかこの子、可哀相すぎる・・・!!!

神無はずっと耀次郎のライバル的な説明をされてたけど、設定負けな気がします。その設定、活かせてない。
耀次郎とは絡みも少ないし、直接的な因果関係はないし、ボディガードや任務も失敗だらけでそんなに邪魔にもなってないし・・・。
一人で色々頑張ったけど不幸なまま救いなく終わってしまった可哀相な子という感じがぬぐえない。


やはり日本刀vs銃はいいなぁ。萌えるなぁ。
でも今回の耀次郎vs神無も良かったですけど、戦いとしては以前の武家屋敷のほうがおもしろかったな。
襖使ったり、畳み使ったり色々仕掛け満載で。

今回はとりあえず耀次郎が飛び回っていた
お前、小猿かっていうくらい跳ね回っていた
神無、追うのに精一杯。

今回のみどころは眼帯を斬られて血を流しながら銃を構える神無vs真剣な様子で剣を構える耀次郎ですよね。
この構図に萌えずして何に萌えるというのか。
今回、作画は時々良かったり悪かったりコロコロ変わったと思うんですが、このシーンは最高ですヨ!!
金髪が風に靡く神無など神々しい域に。

月涙刀から雫が吹き飛んだら決戦の火蓋が切られるところとか、すごく丁寧に描かれていると思いました。
サンライズ、グッジョブ★(親指立てている)

結局、耀次郎も撃たれたし神無も串刺しにされたし、相討ちですかね。

ただなんで最後に二人で海に落ちるのか。ちょっと不自然に気がしてならないんですけど。
神無が海に逃げようとしたならともかく、耀次郎も落ちる必要はないんじゃ。
なんか二人で「いくよ?せーのっ」って示し合わせて落ちたようにしか見えないんですけど。

あんなにグッサリやられた神無なのに海から自力であがって、座長の傍までテクテク歩いて帰ったわけですが。
いろはの海、回復の泉?!?
耀次郎が座長のヤローにぐっさりやられた時も回復したしなぁ。

死にかけの神無が忠実に座長の舞台脇・S指定席に戻るその行動も泣けるよ。
最後に見たいの?その電波な広告塔の座長が見たいの?
本当はお母さんじゃないのに?ただ似てるだけなのに???

もうホント可哀相(涙)。

死ぬ間際、母の姿を重ねて微笑みながら死んでいったのはライズ的に救いのつもりかもしれませんが、救われてないから。より不幸だから。
母の幻をみたくらいで満足そうに死んでいく神無が・・・。

もうマジで可哀相(泣)。

神無が死んだと知ったとき、座長は何か反応したんでしょーか。
今の座長なら無反応っぽいな。

うぅぅ・・・。

全くテンション下がるわァァァ!!!
(あ・上がった!)

と思ったら、琴波姉さんまで死んでしまいました。
せっかく(怒りで)上がったテンションもまたダウン。
いいじゃない、勝先生に手紙を届けるくらい。
今更なにか情報が知れたからって何だってんだよ!?!アヤカシの力でなんとかなるだろ!?!

ノープロブレムだろ?!?殺さなくたっていいだろ!?!
死にかけてなお、先生を庇う琴波姉さんが哀れ・・・。
琴波姉さんや神無、土方さんもそうですが、いろはで死に行く人は、自分の最後に納得してる感じがありますね。
でも観ててあまり救いがないですから。


五稜郭・・・ATフィールドまで装備して・・・。
そうなったら大砲なんて効かないって。エヴァンゲリオンじゃないとダメだって。
すっかり要塞都市ですね。
つうかここから国を統治する気!?!
こんな恐ろしい城に住んでいる人に、愛すべき美しい国家とか作れないって。
国づくりとかそういうレベルじゃないって。

気づいて!

これは革命にあらず!国にあらず!

ブリュレが私の心情を察して的確な言葉を吐いてくれました。
代弁ありがとうございます。(深く御礼)


そんな要塞・五稜郭に機関車トーマスばりで何かが激突。(した風にみえた)

と思ったら、迎えの篭・・・?
先生、かぐや姫ェ!?!?!(に見えませんでしたか?)

あの家紋って天皇家の家紋ですよね?違う?よくわかんない。
中に乗っていた小さい妖怪みたいのが、先生のことを「わこ」と呼びましたよ。わこ=身分の高い人の男の子供、坊っちゃんですよ?
先生、もしかして天皇の血筋!?!??
ただのアヤカシではなかったの?


いまさらそんなこと言われたって!!
理解できない。

五稜郭、飛ぶし。
だから理解できない。

仕方ない、心で感じるか・・・


いきなり和みますが。
チビ耀次郎かーわーいぃぃぃ~~~!!!
ほっぺとかぷくっとしてるよ!!
すんごい撫で肩だよ!!
なんだあの愛くるしい生き物は!!!

自分の背より長い月涙刀を両手で抱えてる姿が凶悪です。
口をキュッと結んでるのがなんとも。
寂しいのか?みんないなくなって寂しいのか?
可愛いやつめぇぇぇえええ!!!

月涙刀、絶対顔で選んだよ。
かわいさで選んだよ。
このかわいさ、永遠の刺客に相応しい、みたいな。

座長と耀次郎は里の孤児仲間だったんですね。座長の殺された両親は本当の両親じゃなかったってことか。
でも永遠の刺客オーディションのために孤児をいっぱい集めて、また全員どっかにやりました、その中に月涙刀の使い手が二人もいましたっていうのもねぇ。
なんかイマイチな種明かし。

耀次郎がいう一刀のもとに切り捨てたい彼の者とは座長?先生?


予告はもう全て終わったっぽい感じでしたね。
耀次郎の言う海の向こうって何処!?!なんか普通に外国とか思えないんですけど。
てゆうかヘイ!とかハロー!とか似合わないんですけど。
それ以上に、外国じゃなくて天国だったらどうしようと怖いんですけど。海外で上手くやっていけるの、あの子・・・。

先生は死ぬんだろうけど、みんな死ぬのだけは勘弁だなぁ。
ただ座長だけは、最後に洗脳が解けて幸せになりましたっていうのだけはマジで勘弁して欲しい。
旅立つ耀次郎の傍らに幸せそうな座長がいたりしたら、呪いますよ。


そしてやはり最終回は。
・・・ゴクリ。

作画監督:恩田尚之

恩田神、降臨んんんんーーーー!!!
スポンサーサイト
TAG :
いろは
秋月
耀次郎

いろは第24話の感想

最終回へ向け人死に加速中な いろは第24話『色は匂へど』の感想です。


ひ・ひっ・土方さぁぁぁああん!!!

蝦夷が最後の地だとわかってはいましたが。
覇者の首を斬ると言った時点で死亡フラグは立っていましたが。
銃で撃たれて死ぬのも史実通りですが!

まさか神無@洗脳にやられるとは!!!

あの子、何をしてるの!?!(引っ叩いてやりたい)

みんなおかしくなっていく。
なんかみんなおかしくなっていく!

“首に操られてるんです”っていうのが免罪符になってないですかね?
操られてればキャラに何させてもいいと思ってない?日昇族よ。
もう座長なんてキャラ崩壊して恨み買いまくってるし、神無だって何で土方さんを殺すんだよー。
私、土方さん好きなのに!(個人的趣味)
あんなにクィーン殺したことに衝撃を受けてたのに、土方さんはいいんかい!お母さん以外は殺してもノー・プロブレムなの?

土方さんの最後の言葉「総司郎、近藤さん、いま・・・」が切ないです。うぅぅっ。死に顔がなんとなく微笑んでるのが救いですけど。


気を取り直して。


耀次郎と土方さんが鍋を囲む図になんか笑いました。
なんで鍋なんだろう?無駄に美味しそう。
酒とかじゃないの?普通。
あの耀次郎がハフハフ言いながら熱々の鍋を食べる図を妄想させようって魂胆なのか。
あぁ妄想したさ。
ハフハフしてたら可愛いじゃないか。


二股口の戦いで、鉄之助に「生きて帰ったら酒を教えてやる」という土方さん。
“教えてやる”っていう言い方がなんかいやらしいんですけど!
酒でも飲もうとか、飲みに行こうとかじゃなくて、“教えてやる”ですよ。
「お供します!」という鉄之助に不敵な笑み(に見えるんですけど)を浮かべるし。
イヤ・なんか破廉恥!!!
色々教えてあげてください、ホント。
不敗神話の土方さん、かっこいいっす。鬼の副長だね。


THE広告塔・座長は、一日何回洗脳公演をやってるんでしょうか?熱心だよなぁ。
もはや劇でもなんでもないよね。舞台に上がってるの一人だし。他の人いないし。お話とかないし。
一人芝居・夢芝居・紙芝居ですよ(韻を踏んでみました)。
もういいよ。電波受けてるの十分わかってるから。もういい。
そんな座長を神無、舞台脇のS席でご鑑賞
ご満悦気味そうですね。
ジャーマネですか・・・?

座長の熱狂っぷりには一座の皆もさすがに引いてましたね。コバト&紅丸なんて怯えてますよ。
ちょっと安心しました、一座のメンバーは普通で。
はじめは一座復活とか言ってたから、揃って洗脳芝居でもされたらどうしようかと思いましたが。
でも用無しだもんね。
座長、一人でできるモン!


共和国中、みんなおかしくなりはじめました。
皆、目が赤いよぉ!
あの赤い目は伝染するんですね。花粉症のようなものなんだね。
商人一家を皆殺しにしようとしたり、破滅への道をひた走る共和国の皆さん。
あの小さい女の子を切り捨てるのはさすがにヒデェと思いましたが。

出た!!!保母さん秋月
自分、子供は斬らせません。みたいな。

子供と動物と好きな人には優しいから、アイツ。

炎に当てられる耀次郎が美しい。
女の子を小脇に抱えたまま戦う耀次郎が素敵です。
戦う保母さん!


榎本さんが人外魔境なんてレベルじゃない。
手をかざしただけで、五稜郭を要塞にかえちゃったよ!!!
魔法使いサルマンみたいだよ!
五稜郭、ロードオブザリングの二つの塔みたいな感じになっちゃってるよ!!
自動であんなになっちゃうなんてどういう原理?!?
錬金術師か?
等価交換の法則を知っているか、榎本さんよ・・・(ぜってー賢者の石持ってるな)。

ナレーション
五稜郭は鉄壁の牙城となって生まれ変わったのである。

生まれ変わったのである。って!普通に言われても。
そんなレベルぅぅぅ!?!?

生まれ変わって言うか、別の人だよ。赤の他人だよ!
無駄にサンライズ本領発揮な要塞になりました。波動砲撃つし!


最後、桜を前に対決する耀次郎神無!!!
日本刀VS二丁拳銃!
舞い散る桜の花びら!
ベタだけど最高に萌える図だ!まさか神無死なないべなぁ。まさかなぁ。まさ・・・HAHAHA!


予告、よく聞き取れないんですけど。
最後に耀次郎神無って呼んだ?
TAG :
いろは
秋月
耀次郎
神無

いろは第20話の感想

先週との帳尻を合わせようとしている疑惑がある いろは第20話「波浪ありて」の感想です。

今回、初見はいつもと違ってsmallサイズで見てみました。
小さい画面のほうが色々ショックが少ないはず。
たとえ耀次郎が出なかったとしても「画面小さくて見えなかったアルよ」と自分を誤魔化せるはず。
きっと前向きに生きていけるはず・・・。

と思ったら耀次郎出てきた!
しかも半裸!ハンラァ!!
耀次郎へのご無体&恩田神の無駄使いに対する罪滅ぼしのつもりか、サンライズよ。
今更媚びうったって遅ぇんだよぉ。
でも気持ちは受け取っとくぜ!(上機嫌)


ところであの耀次郎を助けていただいたっぽい人は女だったんですね・・・!
子供に「おっ母!」と呼ばれるまで、てっきり男だと思ってました
勇ましい海の男だと。
しかもなんか縄文時代の人に見えるんですけど。
あの服のせい?肌が浅黒いせい?なかなか聞き取れない縄文語のせい?(訛りです)
すいません、耀次郎を助けていただいたのに。

しかし裸の肩に上着をかけて横になっている耀次郎を見ると、“昨日の晩、おっかあに掘られたてぐったりした朝”風に見えるんですけど。
きっと気のせいか。気のせいだよね。
いくらおっかあが男らしいからってさすがに掘れないよね!(下品でスイマセン)


夢の中で座長に怯える耀次郎
そうか、そんなに怖かったか(憐)。
そうだよね、「お供します」とか「秋月様」とか言って後ろついて回ってた子がいきなりスクリューしながら人を切り刻むんですものね。
怖いよね。怖いよね。


当の座長は耀次郎がうなされてるのなんか気にもせず、病院でお手伝いなんかしちゃってます。
白衣の天使きどりかよ!と思ったのもつかの間、大の男2人の間に立って刀2本の真剣白羽取り!!!(正確には腕を押さえてるだけですが。でもググッと持ち上げてるよ!重量上げみたいに!)
なんかちょっと笑っちゃったんですけど!
斬りあおうとする二人の男の間に割って入って、膝屈めた重量挙げポーズで説教たれてるんですよ!
あんた男らしいよ!漢と書いて男と読むよ!ますらおだよ!

「気持ちが晴れるんでしたらこの私を斬れ」なんてあんな氷のような眼で言われても斬れないよね。大抵の人は凍るよ。ブリザードだよ。
しかも実際本当に斬ろうとしたら絶対斬り返すんでしょう?
絶対クルクル回って切り刻むよね。
黙って斬られるつもり毛頭ないよね。


このシーン、後ろで流れている音楽が吼え猛る尺八の音ですよ!?!
これってヒロインが出てくる場面でかける音楽じゃないよね?!?
おっそろしいんですが。
真剣で竹とかスパーンって斬ったりするときの音じゃね?
勇ましい。あな勇まし。


土方さんもカッコよかった今回。
やはりどの土方さんも戦場が似合いますな。血の滴る剣を手に立っている様など惚れ惚れします。
しかし土方さん、すっかり榎本さんに心酔ですね。
部下が止めても「俺は榎本を信じる・・・!!!」
いつのまにそんな信頼関係が?!?!
そんな信頼関係のかいあってか、試される大地・北海道にワクワク榎本ランドが完成しました。


前回の予告からして、今回は耀次郎が自分の宿命とガッツリ向き合うと思っていたんですが、結構アッサリめに終わりましたよね。
予告が全て、みたいな。
もうちょっと切ない話を期待していたんですが。
まぁいいか、耀次郎出てきたから!(前回がトラウマで寛大になっている)
一座の皆も出てこず、芝居もやらなかったので心安らかに観る事ができました。


いつものことながら訛りが激しすぎて、予告何言ってるかわかんないんですけど!
「おまん、おらと一緒に布団の上に乗れ」って言ってる風にしか聞こえないんですけどぉぉぉぉ!!!
来週は破廉恥!!!
TAG :
いろは
秋月
耀次郎
いろはにほへと
幕末機関説いろはにほへと

いろは第19話の感想

色んな意味でこんなにテンションが下がった回はない いろは第19話「赫逆の五芒星」の感想です。文句だらけ。

恩田神作画の無駄遣い!!!

耀次郎出てこねーよ!!!!
イヤ・ちょびっとだけ出てきたけど顔が出てきてねーよ!!!!


浜辺に流れ着いた耀次郎を子供が発見しておりましたが、慌ててどっかに走っていきました。
駆け寄ろうよ!!
ひっくり返そうよ!!
まずは顔を拝もうよ!!!


恩田神の耀次郎が見たかった・・・(号泣)。
なんでこんな回に恩田神を作監にするんだよ。
無駄遣いだよ・・・才能の無駄遣いだよ。
やるせないよ。
ほんっとやるせナスだよ。
サンライズには失望した(私にとって大問題)。


聖天様に、耀次郎についての何らかの知らせが入ったようですね。
耀次郎のことだね?」って今更したり顔!?!
もっと早くに何とかしてあげてよ!
聖天様がもう一本の月涙刀のこと早くに気づいて耀次郎に教えてあげてれば、座長にバッサリ斬られることはなかったんじゃないの?!
(そしたら今回、恩田神の耀次郎観れたんじゃないの!?!)


とうとう土方さんが函館にやってきましたね。
最後の地、函館に・・・(ぐす)。
彼に付き従う新キャラ・市村鉄之助きゅん。
かわいいですね!
しばらくの間、彼のことを白虎隊の後藤惣之助きゅんだと思っていました
あぁ、飯盛山で自決はしなかったんだね、と。
なんだ、別人か!
そういえばちょっと顔も違うね!(そもそも名前が違う!)
「女の世話なんか!ましてやあんな旅役者風情の」と座長の世話を嫌がったところでは「言うじゃないか、坊主」くらいに快く思っていたんですが、座長の顔を見て頬を赤らめたところでなんか不快になりました。
だ・か・ら、余計なLOVE要素いらないから!!!


月涙刀をポイ捨てしようとしてメデューサ蒼鉄先生に睨まれ、固まった座長。
本当に人を一時停止する力があるのね、先生。

自分で切り刻んでおいてなお、「私の宿命は秋月様と一緒に!」と言っている座長がウザいです。
いつまで言ってんだゴラァ!!!
テメーが斬ったんでしょうがぁ!
だから神作画の耀次郎が観れないんでしょーがぁ!(こだわる)

そんな座長を先生が珍しく優しく人間らしく諭しておった。

ラスボス感いっぱいの蒼鉄先生曰く「秋月耀次郎は生きている」
そうですよね!
そうですよね!
私もそう思います!

さらに先生曰く「そうであってくれねば困る。この私としてもな」
そうですよね!
そうですよね!
私としても困ります!!!

先生・・・付いていきます!(洗脳完了)
「この私としてもな」ってまた耀次郎を利用しようと思っているのでしょうか?


先生に「秋月は生きている」って言われたぐらいで吹っ切った様子の座長が憎いです。

「生きてこの宿命の行き着く先を待つ。あの人と共に。」
微笑みながらなに言ってるの!?
いまだ夫婦気分なの!!
ずうずうしいよ!!

たとえ(イヤ絶対)耀次郎が生きてたって、あなたが耀次郎を切り刻んだ罪は消えないから!!!
何許されてる気になってるの!!!
死ななければ斬ってもいーのか!!!


はぁはぁ。全くツッコミ疲れるよ!


厠を探してる間に蒼鉄先生を見つけた紅丸。
涙と鼻水ぐしゃぐしゃで思わず先生に飛びついちゃう紅丸がかわいいです。
でもその人は妖怪だよ?
妖怪先生も笑って抱きとめたりして、ちと微笑ましい。
妖怪も人の子ですね。(?)
でも紅丸は厠を探してたんじゃなかったか。
まさか先生に抱きついたまま漏らし・・・
次のシーンで紅丸がまだご存命だったのでそれはないと思いますけど。

耀次郎が生きていると知って許された気満々の座長。
得意の手毬歌を歌いながら微笑んで鞠つきだよ!!
耀次郎との絆、アピール!?!
お次は、捨てようとまでした月涙刀を持ってクルクルクルクル舞う舞う・・・。
クルクルしながらまた人を斬りまくる
あのクルクル仕様はなんなんでしょう?
なんであんな無駄に旋回するの?

湯山赫乃丈一座、登場!!

ブーブー(必死にブーイング)

そんなに座長を嫌わせたいか。
もう勘弁してくれ、サンライズ!!!


耀次郎、予告で登場。
遅いから。色々遅いから(泣)。
動く耀次郎が観れるというだけで来週が楽しみです。
TAG :
秋月
いろは
いろはにほへと
幕末機関説いろはにほへと
耀次郎

いろは第18話の感想

ムンク以上に絶叫した いろは第18話『宿命哀れなり』の感想です。

覇者の首装備の榎本しゃん怖すぎる・・・。
デコでナイフを受けましたよ(震)。
真剣白羽取りどころの騒ぎじゃないヨ!!
デコ!しかも手放しで。
ルークのトラウマになっちゃいましたよ。
しかも邪眼装備。
色々な人を次々とその目で虜にしています。
榎本様・・・恐ろしい子!!


秋月様の宿命は私の宿命でもあるのです」
決めつける座長がウザい。
耀次郎も簡単に座長を信頼しすぎだよ!
心許しすぎだよ!
押しに弱すぎだよ!
あんな一太刀剣を合わせたぐらいで何がわかったの?
ねえ何が?!?(キレ気味)
なんで分かり合ってるの?!?
私には伝わらねぇよっ!!!

そんなだから簡単に背を向けて・・・ううぅっ。


榎本さんの船に向かう小船の中に耀次郎(と座長)が混ざっていますが。
異質!
明らかに異質!!
全然違うだろ周りの雰囲気と!なにツラッと乗ってんの!
気づこうよ、回りの人達も。
アレなんかこいつらおかしくね?ってさ。
と思ったら乗る前から土方さんにバレてるよ!
言わんこっっちゃない!


ふたたび榎本さん、怖さMAX。
今度はデコも使わずに気合(?)だけでナイフ避けましたよ・・・。
ルーク、トラウマが原因で死亡・・・。
ちょっとあの最後は残酷すぎやしませんかね?!?
アニメとして。
あんなにグッサリ刺さなくても・・・。血ドクドク。
しかもトドメまで。
ルーク、かわいそう・・・。
あのメガネ巨乳ちゃんのお兄さんだったんだね。
(設定集がないから知らなかったーよー。ヘッ!)
なんか榎本さんを前にするとあの赤軍団が一気に被害者に見えてくるんですけど。


問題のシーン。
推定1万2千人の耀次郎FANをムンクに変えたという問題のシーンですよ。
座長・・・顔が怖すぎる。
チャッキー?チャイルドプレイ?

耀次郎~~~!!!(ムンク以上にねじれて絶叫)

観る前からみんなの叫びは聞いていたけど、予告で予想はついてたけど、思っていたよりバッサリだった・・・。
思った以上に斬られてた。
その上、海に落ちた。


バッサリ・・・海にボッチャン・・・。

バッサリ・ボッチャンってコノヤロー!!!

雨に打ちひしがれるより、まず秋月様を拾いに行けよ!!!!
ホント自分のことしか頭にねえな!!
座長、憎さ100%。(もう仕方ない)

海に落ちる耀次郎をただただ冷静に見つめる先生も怖い・・・。
「哀れなり永遠の刺客」
そこは解説するところ・・・?
てっきり抱きとめてくれるかと思ったよ。


主人公だからさー、死なないのは分かってるけどさー。(ししし死にませんよね!?!)
信頼を裏切ってバッサリ斬りつけ、耀次郎に「なぜだ・・・」なんてあんな傷心な顔をさせた座長が憎い。
それだけです。
人死にもあったし、なんか重い回でした。


いつもなら大萌えの予告も今回はムカツク限り。
なに「来たのかい みんな!」 とか言っちゃってんの。
なに「赫乃丈一座でございまする」とか言っちゃってんの。
芝居とかやってる場合かお前は!?!?!
その明るさが憎い。


来週→作画監督:恩田 尚之

神キターーーーー!!!!
(つって来週秋月出て来なかったら悲しみで死ねる・・・神の作画の耀次郎が観たい・・・)
TAG :
秋月
いろは
いろはにほへと
耀次郎

いろは第17話の感想

座長ラブモード加速中!がイラっとくる いろは第17話『議無用なり』の感想です。


土方さんを見るたびに感じていた違和感が何か判明しました!
顔、デカいんだ。
異様にデカいよね。
そしてその巨顔を支える首が太くて短い。
だからゴツく見えるんですね。
声の良さと男気で補ってますけども。
先生にコマされてたが、今週もカッコよかった・・・。


聖天様の食道楽仲間、和尚様!
食は食でも女の方だけどな!って朗らかに笑われても・・・。
面白くねぇですから。
それよりそう言う和尚を見つめる耀次郎の冷ややかな顔に笑いました。
氷点下の無表情・・・イイ・・・。

和尚様は耀次郎と赫乃丈ちゃん二人の仲に何かとおせっかいを焼いてますが。
余計なことはしないでいいから黙って木魚でも叩いてなさい。
ストーリーをラブ方向にずらさないで。


座長に別れ話を切り出す耀次郎
最初「別れてはくれぬか」って聞こえたんですけど!
つつつつきあってたの!?!ってビックリしたやい。

巻き込みたくはないという優しさを見せた耀次郎に「もう巻き込まれています」って座長あなた・・・。
アンタがいっつも勝手に着いてきたんでしょーが!!!
同行してるのも剣を抜いたのも自分でやってるんでしょう!?!
何その被害者ぶりっ子?!?
私がその場にいたら頬張ってるわよ、アンタ

しかも道が違うという耀次郎に「そうでしょうか?」と食い下がり、刀に選ばれたと言い張り、手毬歌を知っていることで同じ運命という。
挙句の果てにわざわざ寺まで刀を取りに帰って剣の手合わせをしろとだぁ?!
勝手に突っ込んで勝手に崖に落ちそうになって勝手に疲れて「秋月様・・・」ってなんじゃそりゃあ!
座長、かなり鼻に付くんですけどぉ!
キャラ、変わってません?
恋には猪突猛進ですか・・・。

耀次郎も「やめろ!」「帰ってくれ!」といろは始まって以来初めて“!!”の付く激しい口調をしましたね。
座長の押しの強さっぷりに怯えてるのか。

今回でかなり座長に悪い印象を抱いたワタクシ。
前はこんな子じゃなかったのに!
恋はジェットコースーター!って展開はいらないんだけどなぁ、いろはに。


蒼鉄先生のことが気になって仕方がない土方さん。
「なぜここまで気になる」ってアナタ。
軍議の間中、ネットリと視線を送られていたからですよ!
ねっとり見られてから気になるんですよ!
目を合わせちゃダメから!
メデューサだから、先生。
石になりますぜ。
結局口車に乗せられてカブキ者を演じることになりそうですね。
まんまと利用されて捨てられる男No2(No1は耀次郎)になっちゃうよ!


久しぶりに神無登場~~!
やっぱり赤の似合わない子。借り物の服みたいだよ。
指揮官ですが、仲間はずれです。
チーム神無のリーダーなのにね!
チーム神無は何をしに榎本さんの船に乗り込んだんでしょうか?
どこに大砲を撃ったの?
よくわかんないんだけど。
細かいようですが最後に望遠鏡を覗く神無が望遠鏡をデコの中央に当てている風にしか見えないんだけども。
第三の目があるワケ?そこに!


気になる予告!
あのウッォォォオオ~~!!!って叫んでたの耀次郎・・・?
激しいですね、やはり念願の首封印となると。
その後ビックリして呻いてる風でしたが、もしかして妖刀操られモードになった座長に刺されたんでしょうか?
座長、私を敵に回す気?


今回作画は思ってたほど悪くありませんでした。
作画補助なんてつくからどうなることかと思っていたけど。
ホッ。
来週の作監の竹森由加さんは第9話『黒猫哭く』の人ですよね。
あの回は子耀次郎と沖田(髪型)ショックの回。
確か、風にはためく耀次郎の黒いマントまで美しかったはず。
ホッ。
TAG :
秋月
いろは
耀次郎

いろは第16話の感想

本当の秋月耀次郎を探す旅へ行って参ります・・・いろは第16話『同行四人』感想です。


座長は月涙刀(白)に命を喰われてるんでしょうか。
倒れちゃったね。
先週に引き続き、王子降臨中の耀次郎が倒れた座長をお姫様だっこしたらどうしようかと思っていたら、それはなかったですね。ホッ。
(映像で出てこないだけで実際姫抱っこだったのかもしれないけど!)


待ちに待った土方さんが出ました!
思ってたより少し・・・いや大分イカついですね。
想像してたよりすごくイカついです(同じこと二度言ったよ)。

顔はカッコいいんだけど、首はぶっといし、もみあげも立派。
これって作画の問題???
肩幅とか腰とかもガッシリしていますよね。
四角?イメージ四角なの?
全体的に骨太。骨太家族飲んでる?
私はもっと細身の男が好みだよ?(サンライズへ届けっ)
でも沖田さん(の髪型)のようなディープインパクトはなくて良かったです。
普通に男らしくてカッコよい。
男ってより“漢”って感じですよね。ますらお。
持ち場を離れた味方を一刀両断しちゃうところなどシビれますなー。
つうかイイ声・・・。


それよりなにより。

耀次郎が歌ってるんですけどぉぉぉ!!!

ヒィィィ!!!

これは夢?それとも幻・・・?
そんなキャラ設定だった?
自分のキャラ設定忘れた?
血迷ったか!?!
キャラCDとか出しても買わんからなァァァ!!!

前回に引き続き、耀次郎の中には別の人が入ってるんでしょうか。
ビックリしましたよ。
沖田さんの髪型はじめて見た時並みにビックリした。
なんで歌うの?

しかも同じ手毬歌を知っている座長と耀次郎
もしかして兄弟フラグ立ってる・・・?


座長に何かが降臨・・・!!!
破壊神?
少年怯えてるから。私も怖い。
絶対何か憑いてますって!!
舞うように殺してますよ、人を。
キャッとか一言驚くだけじゃ済まなくね?


米沢で白虎隊君を庇うために芝居をうつ土方&耀次郎
二人とも男ですな~。
・・・つうか、ホンットどうした秋月君!!!
みんなの目を逸らすだけならもっと他にもいい方法があったと思うんですけど。

やっぱお前、芝居したかったのかよ!!
長い台詞喋りたかったのかよ!!!


秋月耀一郎って誰だよ!?!(爆笑)
一瞬本当に耀次郎にはお兄ちゃんがいると思ったよ。なんて素敵な設定なんだと思ったよ。
設定集持ってないから信じたから。
やめてくれる、そういうの(哀愁)。


来週はいよいよ榎本さんが仙台入りですね。
(すっかり赤目榎本FAN)
土方も継続して出てくるようだし、先生何か企んでいるようだし楽しみ♪

気になる作画ですが、

作画監督:池 洋浩(DR MOVIE)/作画監督補佐:重田敦司

DR MOVIEって何?
作画監督補佐って何?
補佐が付かないといけないようなフレッシャーズなの、池さんは・・・?不安です。
最近作画イマイチだよなぁ~。

恩田神よーーーー!!!降臨したまへ!!!
TAG :
秋月
いろは
耀次郎

いろは第15話の感想

耀次郎の王子様的優しさに驚愕を覚えた いろは 第15話『秘刀共鳴す』の感想です。

なんだかもう普通に一緒に旅しちゃってる秋月と赫乃丈ちゃん。
どうして追ってきたのか秋月に説明したのかなぁ?
そういう二人のやりとりはやってくれないんですね。

しかしそんな小さいことには構っていられません!

冒頭から問題シーン勃発ですよ!

問題発生!問題発生!ウー!ウー!
(サイレンを鳴らしている)

あの耀次郎の優しさは一体?!?

足を置け?
ひざに足を置けだと?!?


その暖かな膝に!!!(しつこい)

赫乃丈ちゃんじゃなくてもビックリするわぃ!
自分の気持ち確かめようとしてなくてもそれで恋してしまうわぃ!


ビックリする赫乃丈ちゃんの足を自ら掴んで膝に乗せましたよ!?!

何、その王子様的ふるまい。

ひざまずいちゃって、足乗っけちゃって、まぁ・・・。

SかMかと聞かれればMなのか、耀次郎ーーー!!!(大混乱)

結局のお姉さん達に予備のわらじをもらいましたが。
耀次郎が赫乃丈ちゃんのために「かたじげない」って言うなんて。
連れが世話になって的な。(実際そうなんだけど)
しかも微笑み合って出発するし。

夫婦?もうメオト気取りなの?

なんか今週の耀次郎の中には別の人が入ってませんか?
なんだか声もいつもより艶っぽいつうか受っぽいんですが。
フロドみたいな声になってるよ!
ホビットみたいになってるよ!
しばらく台詞がなかったので喋り方を忘れたんでしょうか、浪川


わらじをくれた威勢のいい姉さん。
実は聖天様のお使いの者だったようですね。
郵便配達屋さん。

newキャラは斬新な髪型じゃなくてはいけないという決まりがライズ内にあるんでしょうか?

髪、片方垂らし過ぎだろう?
鬼太郎以上だよ。
筆かと思ったよ。
その前髪でお習字ができますよ。

姉さんは針尾・・・もしくは蒼鉄先生もしくは沖田に似てますね。
ちょっと顔色悪くて不気味な感じが。


子供におにぎりを与えて微笑む耀次郎
きゃわゆい。
何よりもお前が。
相変わらず子供と動物(←想像。でも絶対そうだと思う)には優しいですね。


聖天様に用事を言いつけられた耀次郎。
用事を言いつけたって言い方・・・初めてのお使いのノリですね。
ドー・レミファ・ソラシド~♪

走る耀次郎の後ろにはカメラマンが必死で張り付いているんでしょう。
と思ったら赫乃丈ちゃんだったけども。


銅像を動かすと滝が割れて洞窟が・・・ってRPGみたいですね。
勇者の剣・・・いや月涙刀があるにふさわしい場所です。

あっというまにいつもの幻影敵にわしゃわしゃ囲まれてましたが。
ちょっとは用心したらいいのに!!
ホント、無防備だよね、君。
お姉さんはいつも心配だよ。
いつもの通り赫乃丈ちゃんに助けに入られてるし。
どっちがヒロイン?


赫乃丈ちゃんは刀に魅入られ怖い顔になってましたね。
しかし座長、何度耀次郎の呼びかけを無視しましたかコノヤロー(怒)。
返事をしろ、返事を。
まぁでも無事月涙刀装備?したの?
第二の永遠の刺客?
何か刀の一部が妖しく光ってましたけど。
これでオープニングのあの絵に繋がっていくんでしょうかね。


神無が出てきませんでした。
前回で3週分くらいはハジけたからイイか。
どっかで赤くなってんだろ!


毎度気になる音声予告!
土方出たァ!!!!
声は誰?
銀魂の土方に似てる気がしないでもない。

次週も楽しみです。


今日、喜び勇んでアニメイトに行ったらいろはの設定集は売り切れていました。
おおぅおおぅ(泣いている)。
一体どうしたら・・・。
TAG :
いろは
秋月
耀次郎
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。