スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスR2第25話Bパートの感想

コードギアスR2第25話『Re;』Bパートの感想です。

仕方ないので、最終回Bパートの感想をつづります(嫌々)。
Aパートよりもっと暗く!!!(嫌な出だし)

Bパートはいきなり2ヵ月後でした。
世界の王・ルルーシュ様の独裁世界です。
あまりの悪逆帝王っぷりがいっそ清々しい。

ルルとスザクがやろうとしているゼロレクイエムは、“完璧な悪役を演じた自分たちが、誰かに倒されることによって世界をリセットする”ことだと思っていました。
悪いことを集めて、最後に膿を出すかのような荒療治かと。

ルル皇帝大行列の先にゼロが登場した時は、CCかと思いました(まだ気付いていない)。
前にゼロの代役してたからね。
そして生身で銃を避けるハイパーな動きを見て、この動きはサヨコかと思いました(まだ気付いていない)。
ルルの元へ向かうのを止めようとしたジェレミアが「行け、仮面の騎士よ」と微笑むのを聞いて、あぁこれはルルのいつもの作戦の一つなんだと思いました(まだまだ気付かない)。

これはルルの作戦かと思ってたんだよ!
何かいつものどんでん返しがあると思ってたんだよ!


ゼロに刺される瞬間、ルルが微笑んだのをみて、あぁゼロを演じてるのはスザクなんだとわかりました。
二人のやろうとしてたことの全貌が今更ながら。

あの穏やかな綺麗な笑顔を見るまで、まさかルルが死ぬとは思ってませんでした。
死ぬならスザクだろうと思っていた、なんの根拠もなく。
そう思っていた自分が不思議です。

スザクとルルがやろうとしていたゼロレクイエムは、憎しみをルルが集めた上で、伝説の存在・ゼロに殺させることだったんですね。
ああ、ゼロレクイエム・・・悲しすぎる゜゚(つД`)゜゜。

どうしてルルとスザクが世界を変えなきゃいけないんだろうか。
なんでこんな18、19の酒も飲めないような小童の肩に世界の明日がかかってるんだろうか。
そんでもってルルなら、死なない方法も考えられたと思います。
それでも、最後はなんのトリックもなく、誠実に、自分の死に様を全世界に見せ付けたルルに涙が・・・。゜゚(つД`)゜゜。

いつから世界平和が目標になっちゃったんですかね。
最初は世界とか人類とかそんなに壮大なことを考えていたわけではなく、ただナナリーが安心して暮らせるようにしたくて、母の死の真相を知りたかっただけだと思うんですけど。
(真相を知りたかった割に母は自分でトドメを刺しました)
なんでこんな世界の明日を担う壮大なことに・・・。
ルルがギアスを持ってしまったことと、その才能と出生のせいでしょうか。

「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけだ」

ここで、この台詞が、来るのか・・・(ノ◇≦。)
決して自分だけが安全な高みにいるわけではなく、撃たれる覚悟を持っていたルルが立派だと思います。

そして、スザクが、ルルを・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

涙を流すスザクも・・・
スザクの肩にぐったりと頭を預けるルルも・・・
もうなんか言葉がありません・・・。

これはお前にとっても罰だ
お前は正義の味方として仮面を被り続ける
枢木スザクとして生きることは、もうない
人並みの幸せ、全て世界に捧げてもらう・・・永遠に


ルルのこの恨み言のような台詞は、スザクを縛り付ける究極の言葉ですね。
スザクの人生は、世界に捧げてもらったんじゃなくて、自分に捧げさせたんだよ・・・(ノ◇≦。)

仮面に指で自分の血を塗りつける動作も、スザクへの束縛というか、契りというか・・・そういうのがグルグル混ざり合った愛の仕草にしか見えません(真顔)。
この二人の間には友情よりももっとドロドロしてて、お互いを縛り付けるような確固とした絆があるに違いないんです。
これは腐女子アイ(あらゆるものを掛け算にする邪眼)のせいじゃない、製作者の意図だ(断言)。

スザクはこの先、ゼロ(=ルル)として生きていくんだなぁ・・・。
ずっとルルに縛られて生きていくんですよ。
これ以上のスザルルENDがあるでしょうか。
究極・・・( ノД`)

ルルがナナリーのそばで死ねたのは幸せでしたね。
ナナリーがなんでルルの手を取っただけで、今までの記憶が流れ込んでくるのかはハッキリ言って謎なんですけど。
でも最後にナナリーにわかってもらえて良かった・・・(´□`。)
ナナリーの中のルルが卑怯で卑劣のままじゃなくって良かった。
愛してるっていってあげられて本当に良かった。
ルルが死ぬという結末しかないんだとしたら、DEAD ENDの中では一番幸せでした(ノ◇≦。)

ナナリーの絶叫でもう涙が止まりません・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
ナナリーの願いと、ルルの願いと、お互いが大事だったのにすれ違い過ぎた結末を思うともう・・・。゜゚(つД`)゜゜。
お兄様がいない明日なんて・・・!とルルの亡骸にすがって絶叫するナナリーが本当に可哀想。
ヤメテ・・・そんな声で泣かないで・・・。゜゜(´□`。)°゜。
何度見ても、仕事中に思い出すだけでも泣ける。
ロックオン死亡以上に泣いた・・・。
(結構コンスタンスに泣いております、大人が)

ルルであれば死なないでなんとかすることも出来た気がするけど、やはりこの場で死んだふりしてどこかでCCと笑って暮らすとか、そういうハッピーエンドは違う気がする。
悲しいけど。
やったことが大きすぎて、そのために死んだ人が多すぎる。
ルルが実は生きていたENDは薄い本で見るからいいです。

ハッピーエンドではないけど、すごく綺麗なエンドだったと思います。
そういう意味でカレンが普通に学生に戻るのもなんだかなーと思うんですけど。
ヴィレッタとオウギも幸せそうだなー、オイ。
ルルとスザクに全てを押し付けて、それ以外の人が幸せなんてなんだかイヤだ・・・(-д-;)

オレンジ卿とアーニャには笑ってしまった。最終回、唯一の笑いどころ!
まさかのオレンジ卿、義剛エンド・・・!
どこまでオレンジ好きなんだ。
ルルにもらった名前だから、とか言ったら泣けるんですけど。

CCはどこかを一人旅中。
御者の顔がみえないので『実はルルーシュ説』があるみたいだけど、私はそうじゃないほうがいいですね。
だからそういう展開は薄い本で(略)。
CCがまた一人で永遠を生きていくのかと思うと、そこだけ可哀想だなー。
本人は清々しい顔してますけどね。
結局笑顔はもらえたのかな・・・。

最後は散々泣かされましたが、これにてコードギアス完結です!
半年&半年、とても楽しませてもらいました!
すごく偉大なアニメだったと思います。
どうもありがとう(*´∀`*)!!!

コンピアルバムとCLAMP画集が欲しい今日この頃です。
スポンサーサイト

コードギアスR2第25話Aパートの感想

コードギアスR2第25話『Re;』の感想です。
重い腰をあげ、最終回の感想をつづりたいと思います。
できるだけ暗く!!!(嫌な感想)

最終回は久しぶりの兄妹再会の場面から。
ナナリーの第一の目と第二の目がとうとうご開眼!!!(普通に両目)
何が何でも兄を止めたいという想いが、シャルルのギアスを破ったんですかね。
ナナリーはほんと立派になったなァ。
シリーズ通して登場人物の中で一番成長したキャラじゃないだろうか。
前はふわふわ夢見がちな感じで、言ってることも綺麗ごとだった印象がありますが、今は考えも主張もしっかりしていて、凛としているよね。
コーネリアもそうですけど、ナナリーもいい総帥になりそう。
8年ぶりに兄の顔をみた第一声が「それが人殺しの顔なのですね」っていうのもヒドイですけどね。
ほんと色々立派になりすぎです・・・根性とか。

オレンジ様はアーニャたんと交戦。
アーニャたんはルルのお母さん(精神)がいなくなったので、もう普通なんだろうか。

オレンジ様 「主なき力など!!!」
アーニャたん 「何かに頼る・・・弱い男!」


何言ってんだ、この娘っ子が(目を剥いて)。
心の拠り所たる何かがあるからこそ、人は強くなるのよ!!
オレンジ様にとってのルルしかり、小十郎にとっての政宗しかり!
オレンジ様なんて、一期ではてっきり雑魚かと思ってたのに、二期になってルルに盲目的に仕える様になってから輝きを増したよね。
アーニャとの戦いなんてカッコよくてどうしましょうという感じです。
ねぇ、どうしましょう(相談)。

ナイトメアを大破されてなお、アーニャに取り付いて「爆散!!!」ですよ!
その後、無傷な生身で乗り込んできました!!
どんだけ丈夫なんだ、ジェレミア。
すげぇ・・・超絶です。
カコイーーー(´▽`)ノ

オレンジ様 「記憶せよ!ジェレミア=ゴットバルトを!お前に敗北をもたらした記念すべき男の名前だ。」

記憶するーーーー(´▽`)ノ
一つの譲れないものをもつ男(この場合、ルルという主)は本当にカッコいいですね!
もうオレンジ卿じゃなくて果物の王様・ドリアン卿でいいんじゃないだろうか。
臭い!

みんなそれぞれの主義・主張を持って戦っていますね。
どれもこれもが正論過ぎて、絶対世界は一つになんかなれないと思いますけど。

ナナリー 「それは卑劣なのです。人の心を捻じ曲げ、尊厳を踏みにじるギアスは。」

確かに正論だけど・・・。
私だってギアスの力によって銀土とかダテサナに変えられたりしたら憤りますよ!
人の尊厳を無視しやがって!!!と!(人というよりオタクの尊厳)
でもルルに向かって言って欲しくないのだよ!
ルルに向かって、ナナリーがありきたりの正論を言わないで!!!(>_<)
しかしダモクレスを憎しみの象徴にしようとするナナリーもまた、大きな意味ではスザルルと一緒の考えなのね。
ちょっとルルのほうが徹底していたというだけで。
ルルの考えがナナリーに肯定されたようで良かった・・・(ノ◇≦。)

スザクはカレンとナイトメアの頂上決戦中!
スザクとルルがやろうとしていることを、ロイドとミレイには話せるのに、カレンには話せないのは何故なんでしょうね。
黒の騎士団だから?止められるから?
最後にゼロ(=スザク)を登場させるつもりなら、黒の騎士団の面々には結局からくりはバレてしまうと思うんですけど。
最後までは種明かししたくなかったんですかね。

カレンとスザクのナイトメア肉弾戦は痺れます!
ホントはガンダムのほうが好きだけど!
ナイトメアの性能もさることながら、お互いの力量を認め合ってるのがいいですね。
気絶はしましたけど、最後の一撃が届いたということで、カレンの勝ちなのかな?
ランスロット爆発しちゃったよ・・・。
ルルの騎士が・・・Σ(;`Д´)!

ルルはナナリーにギアスを使ってダモクレスの鍵を取り上げました。
ナナリーがやろうとしたことを受けて、やはり自分の道を進むことを決意したルルが切ない・・・(ノ◇≦。)
自分がいなくなっても、ナナリーはきちんと道を間違えずに、世界をなんとかしてくれると思ったんでしょうね。
最後に「愛してる、ナナリー」と切なそうに呟いていたくせに、ギアスの効力が切れた途端に悪人顔です。
どこまで徹底して悪役なの・・・。゜゚(つД`)゜゜。

今日この日、この瞬間を持って、世界は我が手に堕ちた!

これって日曜5時アニメの主人公の台詞?
ルルが世界の皇帝になったところでAパート終了です!

コードギアスR2第24話Bパートの感想

コードギアスR2第24話『ダモクレスの空』Bパートの感想です。

ダモクレスに侵入されてシュナイゼルが初めて顔を歪ませました。
なんと憎憎しいお顔!Σ(゚д゚;)
普段穏やかで大人しい人って、キれると凄そうですね。

シュナイゼルを探しているルルに襲い掛かったのはジノたんでした。
あ・いたんだー。
ジノってR2で華々しく(私の中で)新キャラとして出てきた割には、あまり重要な役どころではなかったですよね。
結局育ちがいいだけの坊ちゃんだったような。
一番活躍したのって、学園のパーティーじゃね?(活躍っていうか)

ジノに攻撃されて危ういところでしたが、前に躍り出たのはスザク(*´∀`)
先行してたのに、ルルの危機に飛んで戻ってきたのね。
我が騎士・スザク!!!(声高らかに)
やはりこういう展開はたまらない。

我が騎士スザク 「ルルーシュ、先に行け。君には倒さなければならない敵と救わなければならない人がいるはずだ」
(即決)
ルル姫 「わかった」

了解するの早ぇぇぇぇぇ!
スザクの台詞に被ってたよ!

言われて返事するまで、それこそ0.04秒だよ。
まぁルルは頭脳派ですから・・・ここはスザクによろしくってことか・・・(釈然としない)。
ちょっとくらいスザクを心配したり、置いていけないよ!って素振りを見せたりしてもいいと思うんだよ。
ちょっとくらいね・・・。

鬼武者カレン 「国でもなければ復讐でもない。戦う理由がない奴は引っ込んでな!」
健気なCC 「理由ならできたわ、約束が」


ルルとの口約束を戦う理由だというCCが健気でカワイイ。
CCとルルの関係はピュアですね。
なんだか微笑ましい・・・萌えないけど(腐女子ゆえ)。
紅蓮が鬼のような強さで、CCを撃破です。

シンクーと天子様が会えました
よかったねー(´▽`)ノ
シンクーはこのまま血を吐き続けながら、なんだかんだで40年ぐらい生き続けるのではなかろうか。
もう吐血とかクシャミみたいな程度なんじゃないのかな。
唾が赤いってぐらいで(超人)。

サヨコ達がルルに脅されていたと証言しているのも、ルルの最後の指示なんですね。
みんなが罰せられないような策なんだ・・・。
結末を思うとまた涙が・・・(ノ◇≦。)°゜。

コーネリアが生きていたのにビックリです(゚Д゚;)
あの後、病院に運ばれたわけ?
なによりギルフォード卿まで・・・!!
あの爆光に包まれてどうやって生きてるんだ!
目を失っただけですか?眩しかっただけですか!?!
嘘でしょ!!!
幸せになって欲しい主従ではありますが。

ルルがシュナイゼル兄さんに対してチェックメイトをかけました!
名づけて、『艦に閉じ込めて、離れたところで会話していると見せかけておいて、実は背後にいるよ』作戦!!(長い)
とうとうシュナイゼルがギアスの餌食に・・・。
ルルの勝利に打ち震えました。
が。
スザクの0.04秒に引き続き、今までの会話がシュナイゼルの思考を読んだ録画ってのは無理があるだろ!!!
いくら思考を読んだとしても、会話のタイミング的に無理だと思うんですけど。
こじゅまさで冬コミの東1ホールを独占するぐらい無理がある。
土銀サークル数が銀土サークル数を凌駕するぐらい無理がある。
イヤ・頑張ればできそう!(ポシティブ!)
・・・・。
まぁいいか!(ルル様至上主義)

ジノとスザクはあれからずっと戦っていたようです。
まだいたんか、ジノ!(ジノに厳しい)
ジノが必死で戦う理由がよくわからないのでね、ちょっと。
ブリタニアに尽くすなら、どうして黒の騎士団に肩入れするのかしら。
ジノカレだから?
ジノを真っ二つに割って「これが結果だ、ジノ」と言い捨てるスザクがカッコイイ・・・(*´∀`*)
それでもジノはカレンのためにバリア(もっと難しい名前だけどわからん)を破れたからOKらしいですね。
だからジノカレなのか?

ルルとナナリーが久しぶりに再会いたしました。
感動の再会のはずなのに・・・こんな形で会うなんてっ(ノ◇≦。)
ところでナナリーはどうしていつもこの庭園風のところにいるの?
もしかしてここがナナリーの部屋?
日々こんな庭園の中にポツンといるわけ??

(どうでもいいことにこだわる)

次回はいよいよ最終回です!
コードギアスの感想を書くのも最後だと感慨深いナァ。
まだ書いてないけど・・・(ダブルオー二期の放映には間に合わんかった・・・orz)

コードギアスR2第24話Aパートの感想

コードギアスR2第24話『ダモクレスの空』Aパートの感想です。

それにしても今回は作画が素晴らしいと思いますの!

シュナイゼルお兄様vs皇帝ルルの兄弟喧嘩継続中!
フレイヤがポンポン爆発しています。
まるでポップコーン。
もう凄さとか恐怖があまりないですね。
ナナリーは涙を流しているけど・・・本当の意味でスイッチを押す重みをわかっているのか(・_・;)
フレイヤでどれだけの人が死んで、それが平和に繋がると信じているのか。

天子様を助けに怒れるシンクーが背後から襲撃してきました。
なんかいいようにシュナイゼルに使われてますね。
最近影薄いよな・・・。ガンバレ、シンクー!(´▽`)ノ
しょっちゅう血ぃ吐いてるからいつ死ぬのかいつ死ぬのかとハラハラしてるんですけど、意外に丈夫でここまで来ました。

そんなシンクーの襲撃にも「アヴァロンは堕とさせない!」とすぐに飛んでくるスザクのナイトっぷりにキュンとします(´ー`)

藤堂さんに続き、玉城も負けじと参戦してきますが「俺たちの因縁に決着を(爆発)」と台詞すら最後まで言わせてもらえない。
ちょっと傷ついてる顔が哀れすぎる。
なんなの、この人・・・(笑)。
この一人で空回りっぷりがダブルオーのコーラを思わせてならないんですけど。
スザク、見向きもしねぇ。
片手間に爆破されてます。

シンクーが艦内に侵入し、ルル皇帝はアヴァロンを捨てる決意をいたしました。

皇帝ルル 「これまでよく仕えてくれた。君たちの覚悟に感謝する。」
みなさん 「イエス・ユア・マジェスティ」


ここにも主従が・・・(´▽`)
ルルはもうすっかり皇帝ですね。
その言葉に答えるサヨコ・ロイド・ミレイにも心を打たれます。
みんなルルの覚悟を知っているんだよね・・・。
すでに最終回の結末を知っている人間としては切ない(ノ◇≦。)

ルルとCCはいい雰囲気ですね。
「お前がいてくれたから俺は歩き出すことが出来たんだ」とかもうプロポーズじゃね?
歩み寄る二人はこれからどうするつもりだったのか激しく気になります。
なのに襲撃してくるなよ、カレン!
お前空気読めよ!!!(無茶)

CC 「嬉しかったよ、心配してくれて。早く行って、そして戻って来い。私に笑顔をくれるんだろう」
ルル 「ああ、約束しよう!」


かつてはシャーリー、CC、カレンの三つ巴だったと思うんですが、もうカレンのことは眼中にない感じ。
二人の世界です。

フレイヤの照準はルルの乗る蜃気楼に変更になりました。
それでもあっさりスイッチを押してしまうナナリーに驚愕Σ(゚д゚;)
もうちょっと戸惑ってみたらどうだろう?

ルルに向かって発射されたフレイヤが消滅いたしました。
ポップコーンでも時々はじけないのあるもんね。
ルルが光速でねこふんじゃったを弾くのが19秒、スザクが投槍するのが0.04秒。
一体どの部分が0.04秒なんだろう。
槍を受け取るのが?投げた槍が到達するのが?
どう考えても0.04秒のほうは無理な気がしますが、スザクとルルの二人だからこそできた共闘なのね!!!
お互いを信頼しての作戦・・・(´▽`)ノ

ダモクレスに突入したところでAパート終了です。

コードギアスR2第23話Bパートの感想

コードギアスR2第23話『シュナイゼルの仮面』Bパートの感想です。

いざ、決戦の始まり!
兵を鼓舞するため、ルル皇帝はナイトメアの上に乗って大演説です!
でも兵ってみんなギアスかけてんだよね。必要なのか、この演説・・・。
さすが目玉教団の教祖様なので、確認できるだけでもお召し物に目が5個ございます。
ホント、目玉好きだな!
剣にまで目玉ついてるよ・・・。
刀身が紫で、緑の目が埋め込まれてるって、どんだけ趣味悪いの!!!
こんなん確実に呪われた武器だよ。早く捨ててぇ!
多分、一度装備したら教会行かないと装備外せないと思いますけどね(DQ)。
生血を吸って強くなりそうな剣。

いよいよシュナイゼルとルルの壮大な兄弟喧嘩が始まりました。
各国首脳を人質にして、盾にするルル皇帝。
悪の道を驀進しておりますなー。
いっそ清々しい。

皇帝ルル 「こちらの左翼を後退させろ!」
セシル  「それでは陣形が崩れます!」
皇帝ルル 「良い(尊大)。」


「良い」って!そんな尊大に!
「いいんだ」とかじゃないですよ!尊大に「良い」ですよ!
もう口調が完璧に皇帝っす!
日常会話、皇帝っす!

きっと自分のことは朕っていうに違いない。

シュナイゼルとルルの戦争は達人なので、始めはもぞもぞ動くだけらしい。
シミュレーションゲームの世界ですよね。
ホントにゲーム感覚だな・・・。
しかし最初に痺れを切らしたのはルル!
ホントにねぇ、あの子ったら我慢できなくて、アレだから(*´∀`)
いや、戦争の話です!
すぐイっちゃう・・・じゃなくて、行っちゃうから。攻撃にね。
いや、戦争の話です!

悪行の限りを尽くすルル皇帝は、味方の損害を無視して火山を噴火させました。
この作戦をスザクが促したっていうのも怖い・・・。
お前さん、変わったな。
二人は大いなる目的のために!

ナナリーがフレイヤを発射しちゃいました・・・!
もうなんかみんな行動が突き抜けてますね。
小さいこととかどうでもよくなってくる。

それはそうと、フレイヤって座薬みたいな形だよね(いらない感想)。

ナナリー 「お兄様の罪は・・・私が討ちます!」

どうしてそういう方向に・・・orz
それは罪の上塗りと言わないか。
できれば口で兄を説得してくれないか。
一体何億死んでるんだよ、この戦争・・・(((( ;゚Д゚)))

ルル皇帝の切り札はニーナです!
あの時はムカついたけどな!
あいつも改心したみたいだから・・・頑張ってくれるだろ(上から)。

シュナイゼル 「仮面を使いこなせない人間に勝利は無い」

どこか使いこなせない、完璧に演じきれない人間こそ、いいんじゃないか!
HOMO的に!

(あれ?後半なんか短かった?)

コードギアスR2第23話Aパートの感想

コードギアスR2第23話『シュナイゼルの仮面』Aパートの感想です。

サヨコォォ!!!良かった、生きてたぁぁ~~(ノ◇≦。)
あんな形で出てきたナナリーよりもサヨコが生きてたほうが嬉しいワタクシ。

ここにきて、ナナリーのこの豹変っぷりにはちょっとムカつきます。
シュナイゼルにどう言い包められたのかは知らないが、最愛の兄をいきなり敵と認識できるものなのだろうか。
いくらルルがギアスを使って悪行三昧だったからといって、その行動の根源にあるのはナナリーだろうに・・・。
それがわからないおバカちゃんなんだろうか (`Δ´)゛
私のためなのかと問うまでもないことでしょーが。
それぐらいわからんのかぁ! (*`Д´*)ノ"

だいたい、ナナリー腰が細すぎ!!(怒りの矛先が・・・)
首と同じぐらいの太さじゃない!
そんなに細くてアバラ骨とか収納できるはずが無い!

私のためかと聞かれると「この自惚れやめ!」と答えざるを得ないルルーシュ皇帝(ツンデレ属性)。
ナナリーをお前呼ばわりしたり、図々しいとか、お恵みが当たり前と考えているだの、心にもないことをペラペラと・・・。
何もそこまで言わなくても!
まるで渡る世間はなんとかばかりを観ている様だよ。
普通そこまでいわない!
息を呑むナナリーはルルが本心から言っていると思っているのかなぁ。
今までの兄を信じられないんでしょうか。
お前ら兄妹の絆はそんなに薄っぺらなのか!!

ルルはスザクと共闘してますけど、何もかも水に流して昔に戻ったというわけではないですからね。
共犯者というだけで、無邪気に笑い合うことなどないのだよ・・・。
スザクと偽りの主従関係に徹してる今、ナナリーだけは無条件でルルの味方でいて欲しかった。
魂の拠り所のナナリーに敵呼ばわりされるなんて、ルルが可哀想だー(´□`。)

せめてフレイヤのスイッチを押して罪を背負いたいというナナリーは立派だけど・・・。
そんな罪を背負うぐらいなら、罪深いルルを背負ってくれよ!!!

ルルはショックのあまりCCに八つ当たりです。
ルルってばすぐ物に当たるよね。
何かが起こるとすぐイッパイ・イッパイになるよね。
月の半分ぐらいブルーデーじゃなかろうか?

あまりの不甲斐なさにスザクに叱責されてますよ!
あぁぁ、でも怒り方が冷たい・・・(´へ`。)
こういうのを見てると、なんかもうこの二人は壊滅的にダメなんだなぁと思う・・・(つД`)
目的に向かって一緒に進んでいるだけの同士なんだね。
もう恋人じゃないんだ・・・(はじめから)
敵と弱さを排除する剣に徹するのね。
慰めてはくれないんだ・・・orz

シュナイゼル兄さんがとうとう本性を剥き出しにしました!
やっぱり黒い人だった!ホッ!
地球中にフレイヤを撃ち込むなんて・・・なんて壮大なお仕置き!
どうしてここまで思想が偏るのか。
あの親にしてこの子ありの典型ですね、この親子。
人類が一つになるだの、主義主張は不必要でシステムと力で押さえ込むだの・・・。
コミケを見てみんしゃい!
何十万という主義主張の違うサークルが参加してあんなに大成功じゃないか。

ホント、オタクってすごい。
オタクは世界を救う。

話が捩れました(反省)。

人類をしつけようというシュナイゼルには、さすがにコーネリアも付いていけないようです。
実はコーネリアが一番まともだなー。
強いし、正義だし、男らしいし。
皇帝に相応しい(´∀`)/
なのに、シュナイゼルってば指パッチン一つで撃ちやがった・・・!!!
姫ェェェェ!!!
性急に悪ですね、お兄様。

癇癪を起こして疲れたルルを慰めてくれるのはCCです。
私的にはこれこそスザクにやって欲しいんですけど!
ルルが仮面を外して、ゼロでも皇帝でもない顔を見せて、弱音を吐ける存在であって欲しかったんですけど!!!
十分だ、お前はよくやったと言ってやれる存在がスザクであって欲しかった・・・!

なんでCCなんだよ・・・orz
私にはもう薄い本しかない(ギラリ)

基本的にはホモが好きだけど、CCがルルに背を預けながら話したりするの、いいですよね。
背中に重みと温かさを感じながら黙って姿勢を変えないルルもかわいい。
こういうの和みます。
でもさー、でもさー。
気丈なルルにそっと手を添えるのが、どうしてスザクじゃないんだ~~~!!!クッ(>_<)
応用的にもホモが好きです。

なんか壮大な音楽を背景に目まぐるしく画面が変わってますけども!
え!何?どうなってるの!?!
もっとちゃんとゆっくりやって!
藤堂さんにロマンス生まれた!?!
ヴィレッタ、妊娠したァァァ!?!?!
サラッと終わっていいの、ここは?
なんだかんだでよろしくやってるのね、あの二人!!なんかオウギ・ムカツク!
ジノまで黒の騎士団にいるし!!!
ここもロマンスかよ!ジノカレかよ!!

何、このロマンスだらけ!!!

ハートが飛び交う中、Bパート感想に続く。

コードギアスR2第22話Bパートの感想

コードギアスR2第22話『皇帝ルルーシュ』Bパートの感想です。

皇帝ルルーシュ率いるブリタニアは超合衆国への参加を表明しました。
交渉の場は、日本・アッシュフォード学園!
どこまで学園ドラマ!?!
どこまでも学園にこだわる姿勢、いっそ立派です。

そんな思い出のアッシュフォード学園にて、カレンとルルーシュが再会いたしました。
ルルーシュの遠回りはカレンと話す機会が欲しかったからなのかな。
その割には始終感情を押し殺した無表情で、何も喋りませんでしたけどね。
もうルルの目指す道にはカレンはいないんでしょうね。
隣にいるのはスザクという共犯者だけなのよ。
もうそっと二人だけにしてあげて・・・(腐女子の切なる願い)。

カレンがルルにキスをしましたΣ(゚д゚;)
何よりもまず思ったこと『やはりされる側か、ルルーシュ』
いちいち受身だな、お前!
やはり感情を押し殺したままのルルの瞳を覗き込んで、カレンも自分はもう必要ないことを悟ったんでしょうね。
立ち去っていったカレンの背に向かって「さようなら、カレン」と呟くルルが可哀想で。゜゚(つД`)゜゜。
恋愛感情ではないにしろ(と言い切る)カレンのことも好きだっただろうに・・・。
シャーリー、カレンが脱落して、残りはCCのみとなりました。
まぁ本命はスザクですけどね。
二人で修羅の道を行くがいい!

交渉の場では、ルルは筒に閉じ込められました。
ルルのためにこれを作ったのか。
カグヤには『悪逆皇帝』とまで言われてますよ。
ちょっと前までルルは俺の嫁ーとか言ってたくせにね(微妙に違う)。

真骨頂のルル様 「壊す覚悟・・・世界を・・・自分自身すら!!」

騎士スザク、姫を助けにキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
「皇帝陛下に対する無礼は許しません!」てなんか、「おふざけは許しません!」の地雷ガールを思い出すのは私だけ?
許しまへんでぇ!

なんやかんやあって、ルルーシュは世界の敵となりました。

ラスロットを頭にぷかぷか浮かばせておいて「さぁ、民主主義を始めようか」はないよね。
清清しいまでの悪役・・・(((( ;゚Д゚)))
カッコよすぎます。好き!
目を必死で逸らしながら、涙を流す神楽が可哀想。

ストッキング・スザク 「陛下!アヴァロンから緊急入電です!!帝都ペンドラゴンにアレが・・・!」

ルルを陛下と呼ぶスザクにポヤーンとする・・・(*´∀`*)・・・ハッ!!?そんなことより!
帝都ペンドラゴンが消失ですよ(((( ;゚Д゚)))
人が死にすぎ・・・ガクブル。
壮大な親子喧嘩→激しい痴話喧嘩→世界規模の兄弟喧嘩と様変わりしましたコードギアス。
サブテーマは『喧嘩、良くない』なんだろうか・・・。

ルルは現在の喧嘩相手・シュナイゼルお兄様と対談。

言い方がイラつくお兄様 「間違っているよ、ルルーシュ。皇帝に相応しいのは彼女だ。」

ナっ・ナナリーーーーーーーΣ(゚д゚;)!!!

生きてたのか・・・?
えええぇぇ?あれで?あんなにフレイヤに照らされてたのに!?!
ルルも鳩がバズーカ喰らったような顔で驚愕しております。
あれで生きてたのはちょっと無理がありませんか?
周囲、全部消失してたじゃーん!
無理ないの?え?ないの?
生きてたのはともかく、ブリタニアの皇帝には相応しくないと思う。

地獄から舞い戻ったナナリー 「お兄様、スザクさん、私はお二人の敵です。」

眉間にシワを寄せて・・・ナナリー、お前・・・。
ちょっとさぁ・・・。
ルルがナナリーを失ったと思ってどんだけ絶望したか想像できんのか。
真っ先に出てくる言葉がそれかよ(`Δ´)゛
どうなってんだよ(怒)!!!


今回の『また見てギアス』は、皇帝ルルと騎士スザクでした。
か・かわいっ(≧▽≦)
なごむね。

コードギアスR2第22話Aパートの感想

コードギアスR2第22話『皇帝ルルーシュ』Aパートの感想です。
久しぶりに長くなったので分割!

今週も続く、まさかの皇帝ルルーシュです。
貴族制度の廃止、財閥の解体など聖域なき改革を進めていますが、その中でも最も斬新なのは皇族のメイド化かと思います。
掃除までさせるか、兄弟の皇族に・・・。
さすがルルーシュ皇帝です。
人に屈辱を与えるのがお上手!

そんなルル皇帝と騎士スザクですが。
その衣装はどうだろう・・・。
目玉みたいな模様付いてますけど。
ギアス崇拝のカルト教団みたいです。
皇帝というより教祖。
スザクの襟もなんでそんなに大きいの。メガホンみたいなの。
蟻地獄の中から首だけ出てるみたい。
絶対、反対勢力の輩に遠くからゴミ投げ入れられてると思うんだ。

ルルはギアスを使って、奴隷を大量製造です。
スザクがそれをカラッカラに乾いた表情で眺めています。
お前・・・もっと情熱的に見つめろよ。

それにしてもルルは簡単にコンタクトつけたり外したりしますね。
目の前を手の平でサッとやるだけで着脱自由自在ですよ。
取ったコンタクトは、そのまま手の平に張り付いているんだろうか(素朴な疑問)。
保存液に浸さなくていいんだろうか。
そんな庶民的な心配をしてしまいます。乾いちまう!

ブリタニア皇宮の庭園で、スザクとルルがデートしております(*´∀`*)
白と黒の馬が、なんだかコッテコテで恥ずかしい。
どうせならスザクの馬にルルをお姫様乗りさせればいいのに。
皇帝ってそういうもんでしょ?(間違った知識)

ルルたん 「それでも明日を迎えるためには、まず世界征服から」

手始めが世界征服!Σ(゚д゚;)
普通は最終目標のような気もするけど、手始めなのね。
明日って重いね。
世界征服って、もはや特撮の悪玉ぐらいしか目指してないと思ってました。
さすがのルルも笑っている。

「ゼロレクイエムのために」と振り向いたルルに「イエス!ユアマジェスティ!」とブリタニア流の敬礼をするスザクが相当萌える。
キャー!主従!イイーーー!(≧▽≦)
スザクの服がノースリーブじゃなくて、腕が茶色いストッキングにつつまれてなければ、もっと萌えられる。
あの蟻地獄マントだけでもちょっとアレだったのに、脱いでも凄かったンすね・・・(・_・;)
やっぱりあの服イヤーーー!

ラウンズが反乱です!
皇帝ルルーシュはギアス無しではやはり認められていないのね。
俺シャルル殺しちゃったとか言っちゃったしなー。悪者に徹してますモンね。
ラウンズを迎え撃つたった一機の迎撃部隊・ランスロット!
へっ、かっこいいじゃねーか・・・(´ー`)ノ
腕が茶色ストッキングでもかろうじて。
どうか長袖を・・・!
据わった目で次々とナイトメアを破壊するスザクにはちょっとキュンといたします。
スザクは本当頑固者だから、こうと決めたら徹底してるんですよね、行動が。
甘さがなくなって突き抜けたよなー。
そこがムカつくんですけど。

ナイトオブワン様と交戦中のスザク!
未来を読むギアスを持つワン様(名前覚えてません)に手こずっております。
この能力を使ったのはマリアンヌ以来らしいですね。
そんなにすばしっこかったのか、あのお母様は。

危ういスザクですが、ルルの叱責により、奮い立ちます。

主ルル 「だからお前は生きろ!」
従スザク 「イエス、ユア・マジェスティ!!」


ホント、主従、イイ・・・。゜゚(つД`)゜゜。
主従の絆でワン様、撃破です!

Bパートの感想はまた後ほど。
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。