スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説『幕末機関説いろはにほへと』感想

すっごい久しぶりにいろはカテゴリの記事です。

しかもいまさら小説の感想
どーよ、これ。
もうFC2テーマもないっちゅーに。

発売は4/12ですのに。
発売日に買いましたのに。
読み終わったのが今日です。

こんなに読み終わるのが遅かったのは、色々別のことにかまけてたのもありますが。
小説の内容にも問題あると思うよ。
私の望んでた内容じゃなかったよ。

(どうやらサンライズには私の願いは伝わっていなかった模様)

読みはじめは耀次郎と坂本龍馬のエピソードだったので、おおぉ~~って感じだったんですけどね。
二人の出会いから坂本龍馬が暗殺されるまで。
アニメの補完という感じでヨカッタと思います。
つうかアニメに入れるべきだったと思います。
アニメでは坂本龍馬のエピソード削りすぎだったんじゃねぇか!?!

龍馬さんに言われたことは素直に聞いてしまう秋月耀次郎。
目を離すとすぐにどこかに消えてしまう龍馬さんを案じる秋月耀次郎。
茫然としているうちに龍馬さんに肩を抱き寄せられる秋月耀次郎。
龍馬さんが破顔するのに釣られて微笑みで応える秋月耀次郎。
龍馬さんが死に、聞こえた叫び声が自分のものだと気づいた秋月耀次郎。


どれも大変素敵だったと思います。
美味しゅう頂きました

でもそれはすぐ終わったし。
耀次郎の語りは序幕だけ!?!短っっ!!
もっとガッツリやってくれよ!!!!

本編は座長の語りになってしまいました。ガックリ度MAX
座長の語りになったら、後半のムカついた行動の数々の真意が解き明かされて、ムカつきがやわらぐかなぁと思ったけど、そんなことは無かったですね。
文章になると尚ムカつきました

ストーリーは全くアニメと変わらなかったので、別に知ってるよ?的なものでした。
というか、座長の視点で話が進むので、アニメより話がわかりにくい。
場面、飛ぶ飛ぶ。
(ついでに神無省かれる、省かれる・・・
小説だけ読んだ人(そんな人いないかもしれないが)にはさっぱりわからないんじゃ・・・。
多少アニメで説明不足だった部分が補完されてましたが、ホント多少だったよ。
少々にもほどがあるよ。
紅丸のつなぎはこばこが作ってあげたとかいうエピソードとかどうでもいい

原作がアニメの小説化ってさ、
小説ならではのわかりやすい説明とか心理描写・背景を盛り込むんだ原作どおりのストーリーにするか、ストーリーを全くオリジナルにするかのどっちかに限ると思うんですが。
これは中途半端で終わってしまったような。
少しはカプコンのサービス精神を見習って欲しいナァ。
スポンサーサイト

いろは最終回の感想-え?後半パート編?-

寂しいけれどこれで見納め、今までありがとう!!な いろは最終回『海の向こうへ』後半パートの感想です。

後半パートの感想、はじまるよ★(かわいく)

いきなりですが、「私の宿命はここまで」という座長の言葉がわかりません。わかってないの私だけ?
ここまでって何が?何がどこまでなの?
耀次郎(青の月涙刀)に立ち向かうのが宿命ってことか?
それに対する耀次郎の答えも「(ふ)ぅっん」だったからね。
(ふ)ぅっんって言ったよ!?!
それは肯定なの?それとも息遣いなの?
聖天ジイ様も「ようやく己が宿命の真なるを得たようじゃな」となぜか満足顔。お前最初2本目の月涙刀のこととか何もわかってなかったくせにぃ!!
でも耀次郎の宿命の真なる目的なんて、最初から首を封印することだったんじゃないの?
刀を二本装備しないとダメってことですか?なんかよくわかんない。(ダメな視聴者)


ラスボスな匂いは最初からプンプンしてましたが、とうとう首が蒼鉄先生に!!!
最初からその怖さ妖怪並みなのに首まで憑いたら敵なしですよね。
首が取り憑いたというより、自ら首を引き寄せているように見えるんですけど。
さっすが。

蒼鉄先生の妖力を得て、魔城・五稜郭、静電気大発生!!
ほっ北海道がぁぁーーー!!!試される大地がぁぁぁーーー!!!
キャーヤメテーーー!!!


とうとう先生とのラスボス戦ですよ。
先生は何やらガチャガチャ合体して変な剣を使っとります。これは本当にある武具?
攻撃範囲が広いようで耀次郎間合いが遠い」と言っておりますが、初見ではまぁいいが遠い」と聞こえたのは秘密です。まぁ・イイって何が?と思ったのは秘密です。
浪川、もっとハッキリ喋って!滑舌よく!

先生に剣の柄で吹っ飛ばされて、四つんばいで腹を抑える耀次郎が可愛すぎる!!!
そのぉなんだ?可愛すぎるから!!!(言い直しただけ)
たまらんな。
何度も巻き戻してそのシーンだけ観る私。
きっとPCもたまらんかったと思います。いつもよりぶーんって唸ってた。

てゆうかどのシーンも一々耀次郎が美しすぎていまいちストーリーに集中できないんですけど。

それにしても色々仕掛けのあるお屋敷ですね。
今度はスイッチ一つで中庭が急上昇ですよ。
なんでそんなところにそんなスイッチを作っておくのか不思議なことこの上ない。
そして中庭が上昇することに意味はあるのか。盛り上がりますがね!

先生が耀次郎の頬に傷をつけたぁぁぁ・・・!!!
ふるふる(震えている)
グッジョブ、先生!!!
頬から血を流す耀次郎、たまらん。
さすが先生、『タラリ血があると色気120%アップの法則』をわかっていらっしゃる・・・。(ある意味先生の味方に)

なにやら高速の斬り合いの途中で背中合わせになりましたよ!?!!なんだあの体勢!?!
しばらく背中越しに睨み合う二人がカッコよすぎる・・・。
しかも同じくタラリ血を装備した先生がニヤリと笑うのもしびれます。

蒼鉄vs耀次郎は最高ですね!!壮絶に萌える!!
作画は美しいし、動きはカッコいいし、音楽もマッチしてるし、もうどうしたらいいのか。おろおろ。

最後は月涙刀の二刀流で耀次郎、勝利。わかってたけど・・・死ななくて良かった!!!
先生に対しては遠慮なくグッサリやりましたよね。その後、月涙刀2本使って首を封印してるから、グッサリ刺した後ズッポリ抜いたと予想されます。刺した剣を抜いたら血がいっぱい吹き出るんだよ?
耀次郎、容赦なし。

ようやく首の封印もできて一件落着です。月涙刀は2本使わないと首封印できなかったんでしょうかね。だから今まで失敗してたの?

500年の宿命と言ってますが、結局先生の正体は何なのさ!?!ハッキリ言ってよ!!
仕方ないからウィキペディア(Wikipedia)で調べたよ、幕末の500年前を。手間かけさせないで教えて頂戴よ。
我らがウィキペディア(ご愛用)によると、500年前は南北朝時代でした。朝廷が分裂してた時代ね。なるほど。きっとその頃の不遇な扱いを受けたほうの天皇の子孫なんでしょう。先生、ロイヤルだな。(もうそういう解釈でいいや)

死に際の人には優しい耀次郎。先生の話をちゃんと聞いてあげます。
しかしここまでやった理由が「世界を滅する自分の宿命が勝つかそれが許されるか否かを天に問うため」とは先生ご無体な・・・。そういう出来るか出来ないか試してみよー的な大実験のせいで一体何人の人が死んだのか。道民が何人死んでいると思ってるの。
先生は止めて欲しかったんでしょうけど、もっと他にやり方がなかったのかとも思います。そしたらいろは始まらないけどさ。

しかも最後の最後で“龍馬”出たよ!
遅くない?今頃遅くない?
龍馬のこととか最近全然忘れ去られてましたよね?最終回まで引っ張るような扱いされてなかったですよね?
でも話に聞き入る耀次郎があんまり美しいからまぁ良しとしようか。
(全てを許せる恩田神作画。もはやアガペーの世界。)
蒼鉄先生と龍馬が実際に会っていたのも意外です。しかも先生は龍馬と理想国家を作ろうと思ってたんだー。へー。
でもすげなく断られたのでそのことを恨んで龍馬を暗殺しました、なんて種明かしをされたらどーしよーかと思いましたが、それはなかった。ホッ。

先生に呼ばれてひざまづく耀次郎がまたかわいい。
ほんとかわいいなお前。(オヤジ)
先生の遺言「龍馬の意思を継げるのは・・・」
やっとその設定来たの!
配信前からそのフレーズはあったけど「耀次郎の一体何処が龍馬の意思継いでんの?」と常々思っていました。ここで繋がるの・・・!!ちょっと強引な気もするけど、やっとだな。

魔城は白い蝶になってしまいました。ここでオープニングとも繋がるのかぁ。
「全ては胡蝶の夢、茨木蒼鉄が大芝居、これにて幕なり」という先生の最後の言葉もジーンと来ます。
なんか感無量ですね・・・。


~ナレーション~
明治2年5月18日、五稜郭開城
1年余りの戊辰戦争はここに幕を下ろした


てゆうかそんな問題!?!
五稜郭開城っていうか完全に海上だったよ!!飛んでたよ!!
色んな人もありえない現実っぷりを目撃してるのに普通に終戦していいの!?!
北海道なんて分断されたんだから。


時は流れて二ヵ月後。
耀次郎の隣にはやっぱり座長がいるわけね。
二人で里帰りかよ。ケッ。
里を覚えてるくらいなら(少なくとも自分がもらい子ってことは覚えてたでしょう?)なんで手毬歌を二人とも知ってるって分かった時になんで思い当たらなかったんだろう。

座長は普通に一座に戻るようですね。
ヨカッタ、これで耀次郎に付いて行くようだったら怒りにまかせてモニタにチョーパンかますところでした。
でも色々なかったことにし過ぎじゃねーの(蘇る殺意)。
耀次郎を斬ったこととか、みんなを煽ったこととか、神無のことも一切触れず終わるんだ・・・。ふぅん。

もういよいよ最後です。
耀次郎旅立ち・・・ん?
耀次郎???
え?耀次郎????


この坊ちゃん、耀次郎????

すげー似合わないよ!
贔屓目に見ても洋服似合わない。なんか髪もペッタリしている。
いつもの浪人ルックでいいじゃないの。oh~!サムラーイ!!とか言われればいいよ。
それにしても本当に外国行くのか。気をつけてね、マジで気をつけてね。

座長の本当の名前なんてどーでもいーですよー(蘇る黒い心)。
チヨとかでいんじゃない?もうチヨで。(世の中のチヨさんスイマセン)
座長の名前より咎犬の血のナノの本名のほうが気になるね、私的には。

「今度聞こう」という耀次郎。また会おうという意味でハッピーエンドなのかな。
そんなにラブくならなくてよかった。
最後にエンディングテーマがかかった時は話の内容どうこうより、いろはが終わってしまうことになんかジーンと来た。


思ったより冷静に(いや感想は熱いが)最終回を迎えられました。イイ意味で予想通りのストーリーだったので、心の準備が出来ていたというかというか。
大体前回の予告で最終回のストーリー全部やってたしね。

神無のこととか、座長無かったことにし過ぎとか、勝先生スルーとか、神無のこととか、耀次郎の洋服とか細かい批判は色々ありますが。
最後は耀次郎も微笑んでハッピーエンドだったし、ストーリー&作画&演出ひっくるめて満足がいきました。

幕末機関説いろはにほへと』この数ヶ月間萌えをありがとう!!

ここまで長い感想を読んでくださった方、ありがとうございます!
指、お疲れ様でした!(スクロールしすぎたことと思います・・・)
TAG :
いろは
耀次郎
幕末機関説いろはにほへと

いろは最終回の感想-なんと前半パート編-

感無量、感無量でございます!!な いろは最終回『海の向こうへ』前半パートの感想です。

前半パートの感想って何よ。(自問)
最後のツッコミ感想と思ったら、いつもより長くなってしまったからだよ。(自答)
前半パートのみの感想なのに丸1話分ある感じが・・・。不思議也。

思えばいろはの感想を吐き出したくてはじめたこのブログ。
(いつのまにやら萌えが広がり、すっかりよろず感想ブログ化していますが)
配信開始前から追いかけてきた『幕末機関説いろはにほへと』もとうとう最終回を迎えてしまいました。
寂しい・・・寂しいよ!
寂しいけども最後の感想まいりますよ。


最終回はオープニングなし!
早速そこから衝撃。最後に見たかったなー。あのオープニングは絶品だもの。色々詰め込みすぎて時間オーバーだったのかな。
まぁ、ストーリー削られてまでは見たくないから気にしないでいいよ、サンライズ。(何様)


生きてたっ!
琴波姉さん生きてたっ!
死亡扱いしてごめんなさい。(いや絶対死んだ描写だったでしょ、アレ)
よかったねぇ。ホロリ。
ちょっと救いがあってホッとしたのは本当なんですが、できれば姉さんより神無に生きてて欲しかったと思ったのも本当です。
最終回、回想ですら出てこなかったですからね。
神無に救いはないのかよ!

「どういうコトなんだよ、先生ぇ!!!」と憤る不知火ですが、この疑問は最終的に解消されたのかな?先生のこととか座長がおかしくなった一連の事情を教えてもらったんでしょうか?
一座のみんなは函館に来て何したの?イカ食ってた?ってくらい後半見せ場も出番もありませんでしたよね。
なんかもう一活躍あるかなーとも思ってたのに。座長は電波になっとるし、色々な事情も知らされぬまま放置プレイ
もうちょっと一座のみんなのことも詳しく描いてあげればいいのにーと思いつつも、耀次郎の出番が少なくなるのはダメですので仕方ない。(耀次郎至上主義)


恩田神の耀次郎キターーー!!!
美しい・・・。やはり恩田神の耀次郎は美しい。
何アレ?新種の妖精?
だって有り得ないほどすごい飛んだよ?
フェアリーでしょう?


バリアのようなものに阻まれながら「うんしょ、うんしょー!!」みたいな感じで魔城・五稜郭の入り込んだ耀次郎(ゴメン、ちょっと笑っちゃった)
首に操られた敵がうじゃうじゃ出てきたよ!!!
眼が赤いのももちろんですが、肌が土色なのも恐ろしさを倍増させてるような。
バイオハザードみたいな感じになってる。やったことないけど。予想です。
こんな奴ら大勢にまともに剣で向かってったらダメだって!
何してんの!!!ここでBASARA技かませよ!
1000hitは行くね。

と思ったらある意味BASARA技よりすごい技出た!
耀次郎が空中でスゴイ勢い&回数の横回転した!!!
どんな技だよ?!?
すごいけど、すごいけど、空中で一人で回ってるだけだし、別に敵は斬れてないし、意味なくね?
なぁぜ、回る・・・?
最終回だから?いつもより回っております~みたいな感じ?
私だけじゃない、耀次郎もはしゃいでた・・・。


とうとう来たね、座長との一騎打ち。
なぜ永遠の刺客として訓練してきた耀次郎と、いきなり操られただけの座長が互角勝負なのかは置いておいて。
月涙刀がライトセーバーのように輝いていますよ。
強い風が吹く中、誰もいない荒涼とした路地で剣を構えて向かい合う二人。時代劇のような構図で絵になりますなぁ。(時代劇にライトセーバーは出てこないが)

今度はさすがの耀次郎も、油断もなく手加減もしないだろうと思ったら、意外や意外、破廉恥バトルでござるぅぅぅ!!!(恐れ戦く)
耀次郎が斬るたびに服・・・じゃなかった鎧が脱げていきます。
え?脱衣一騎打ち?
一切怪我をさせず服(鎧)だけ脱がしていくなんて・・・耀次郎、破廉恥!
意味は・・・その意味は・・・?
鎧と白い長髪のズラが脱げたところで座長の赤い目が光を失ったようにも見えましたが。
一応脱がすことにちゃんと意味はあったんでしょうか?
呪われた鎧&ズラだったの?!?いやドラクエじゃあるまいし!

なんにせよ、耀次郎はやっぱり座長を殺せないのね。かなりの勢いでふっ飛ばしはしましたが。すげー飛んだよ、お前。
殺すのもありだけど、殺せないのもありだなぁ・・・。耀次郎はやっぱり優しい子。

座長が首に操られながらも耀次郎を刺すのを必死で抵抗してるシーンはさすがに切なくなりました。
抗えるならもっと早く抗っとけやとも思いましたが)
あの挿入歌やべぇ。泣ける。ツッコミ力が奪われていく・・・あの歌を止めてぇ!
そしてきっと恩田神の作画のおかげもあるんですよ。美しすぎる座長が泣くとキューんとくるもん。泣かないで座長ぉぉってなるもん。
恩田神、罪な作画・・・。

耀次郎は、真剣白羽取りもビックリな素手掴みで止めましたね。今日の耀次郎は色々超人だわ。
やっぱ最終回は一味違うぜ!
座長が青の光に感電して正気に戻りました。よかった・・・。操られた座長を耀次郎がやっぱ殺すことになっても後味が悪い。


月涙刀の向きを変えると、あの狛犬の向きも変わるという仕掛けがよくわからなかったんですが。
何アレ?月涙刀ハンドル?
どーなってんの?
狛犬が向きを変えたからなんだっつーの?
盛り上がってるからまぁいいか!


首が出て行って、榎本さんが机に頭を打って死亡してしまいました・・・!!(ように見えた)
え、ええ、榎本さぁぁん!!!
せめて戦死させてあげてほしかった・・・軍人としての死を・・・。


最終回はアイキャッチもなしですね。

とりあえず前半パートの感想はこれで終わります。
時間差で後半パートの感想も更新します・・・!
TAG :
いろは
耀次郎

いろは第25話の感想

思えば結構すごいタイトルな いろは第25話『五稜郭浮上す』の感想です。

そして誰もいなくなった・・・。

そういうオチなのだろうか?どんどん人が死んでいく・・・。
耀次郎との決着を付けるという時点で、大体予想はしていたけど・・・。
神無・・・。

なんかこの子、可哀相すぎる・・・!!!

神無はずっと耀次郎のライバル的な説明をされてたけど、設定負けな気がします。その設定、活かせてない。
耀次郎とは絡みも少ないし、直接的な因果関係はないし、ボディガードや任務も失敗だらけでそんなに邪魔にもなってないし・・・。
一人で色々頑張ったけど不幸なまま救いなく終わってしまった可哀相な子という感じがぬぐえない。


やはり日本刀vs銃はいいなぁ。萌えるなぁ。
でも今回の耀次郎vs神無も良かったですけど、戦いとしては以前の武家屋敷のほうがおもしろかったな。
襖使ったり、畳み使ったり色々仕掛け満載で。

今回はとりあえず耀次郎が飛び回っていた
お前、小猿かっていうくらい跳ね回っていた
神無、追うのに精一杯。

今回のみどころは眼帯を斬られて血を流しながら銃を構える神無vs真剣な様子で剣を構える耀次郎ですよね。
この構図に萌えずして何に萌えるというのか。
今回、作画は時々良かったり悪かったりコロコロ変わったと思うんですが、このシーンは最高ですヨ!!
金髪が風に靡く神無など神々しい域に。

月涙刀から雫が吹き飛んだら決戦の火蓋が切られるところとか、すごく丁寧に描かれていると思いました。
サンライズ、グッジョブ★(親指立てている)

結局、耀次郎も撃たれたし神無も串刺しにされたし、相討ちですかね。

ただなんで最後に二人で海に落ちるのか。ちょっと不自然に気がしてならないんですけど。
神無が海に逃げようとしたならともかく、耀次郎も落ちる必要はないんじゃ。
なんか二人で「いくよ?せーのっ」って示し合わせて落ちたようにしか見えないんですけど。

あんなにグッサリやられた神無なのに海から自力であがって、座長の傍までテクテク歩いて帰ったわけですが。
いろはの海、回復の泉?!?
耀次郎が座長のヤローにぐっさりやられた時も回復したしなぁ。

死にかけの神無が忠実に座長の舞台脇・S指定席に戻るその行動も泣けるよ。
最後に見たいの?その電波な広告塔の座長が見たいの?
本当はお母さんじゃないのに?ただ似てるだけなのに???

もうホント可哀相(涙)。

死ぬ間際、母の姿を重ねて微笑みながら死んでいったのはライズ的に救いのつもりかもしれませんが、救われてないから。より不幸だから。
母の幻をみたくらいで満足そうに死んでいく神無が・・・。

もうマジで可哀相(泣)。

神無が死んだと知ったとき、座長は何か反応したんでしょーか。
今の座長なら無反応っぽいな。

うぅぅ・・・。

全くテンション下がるわァァァ!!!
(あ・上がった!)

と思ったら、琴波姉さんまで死んでしまいました。
せっかく(怒りで)上がったテンションもまたダウン。
いいじゃない、勝先生に手紙を届けるくらい。
今更なにか情報が知れたからって何だってんだよ!?!アヤカシの力でなんとかなるだろ!?!

ノープロブレムだろ?!?殺さなくたっていいだろ!?!
死にかけてなお、先生を庇う琴波姉さんが哀れ・・・。
琴波姉さんや神無、土方さんもそうですが、いろはで死に行く人は、自分の最後に納得してる感じがありますね。
でも観ててあまり救いがないですから。


五稜郭・・・ATフィールドまで装備して・・・。
そうなったら大砲なんて効かないって。エヴァンゲリオンじゃないとダメだって。
すっかり要塞都市ですね。
つうかここから国を統治する気!?!
こんな恐ろしい城に住んでいる人に、愛すべき美しい国家とか作れないって。
国づくりとかそういうレベルじゃないって。

気づいて!

これは革命にあらず!国にあらず!

ブリュレが私の心情を察して的確な言葉を吐いてくれました。
代弁ありがとうございます。(深く御礼)


そんな要塞・五稜郭に機関車トーマスばりで何かが激突。(した風にみえた)

と思ったら、迎えの篭・・・?
先生、かぐや姫ェ!?!?!(に見えませんでしたか?)

あの家紋って天皇家の家紋ですよね?違う?よくわかんない。
中に乗っていた小さい妖怪みたいのが、先生のことを「わこ」と呼びましたよ。わこ=身分の高い人の男の子供、坊っちゃんですよ?
先生、もしかして天皇の血筋!?!??
ただのアヤカシではなかったの?


いまさらそんなこと言われたって!!
理解できない。

五稜郭、飛ぶし。
だから理解できない。

仕方ない、心で感じるか・・・


いきなり和みますが。
チビ耀次郎かーわーいぃぃぃ~~~!!!
ほっぺとかぷくっとしてるよ!!
すんごい撫で肩だよ!!
なんだあの愛くるしい生き物は!!!

自分の背より長い月涙刀を両手で抱えてる姿が凶悪です。
口をキュッと結んでるのがなんとも。
寂しいのか?みんないなくなって寂しいのか?
可愛いやつめぇぇぇえええ!!!

月涙刀、絶対顔で選んだよ。
かわいさで選んだよ。
このかわいさ、永遠の刺客に相応しい、みたいな。

座長と耀次郎は里の孤児仲間だったんですね。座長の殺された両親は本当の両親じゃなかったってことか。
でも永遠の刺客オーディションのために孤児をいっぱい集めて、また全員どっかにやりました、その中に月涙刀の使い手が二人もいましたっていうのもねぇ。
なんかイマイチな種明かし。

耀次郎がいう一刀のもとに切り捨てたい彼の者とは座長?先生?


予告はもう全て終わったっぽい感じでしたね。
耀次郎の言う海の向こうって何処!?!なんか普通に外国とか思えないんですけど。
てゆうかヘイ!とかハロー!とか似合わないんですけど。
それ以上に、外国じゃなくて天国だったらどうしようと怖いんですけど。海外で上手くやっていけるの、あの子・・・。

先生は死ぬんだろうけど、みんな死ぬのだけは勘弁だなぁ。
ただ座長だけは、最後に洗脳が解けて幸せになりましたっていうのだけはマジで勘弁して欲しい。
旅立つ耀次郎の傍らに幸せそうな座長がいたりしたら、呪いますよ。


そしてやはり最終回は。
・・・ゴクリ。

作画監督:恩田尚之

恩田神、降臨んんんんーーーー!!!
TAG :
いろは
秋月
耀次郎

いろは第24話の感想

最終回へ向け人死に加速中な いろは第24話『色は匂へど』の感想です。


ひ・ひっ・土方さぁぁぁああん!!!

蝦夷が最後の地だとわかってはいましたが。
覇者の首を斬ると言った時点で死亡フラグは立っていましたが。
銃で撃たれて死ぬのも史実通りですが!

まさか神無@洗脳にやられるとは!!!

あの子、何をしてるの!?!(引っ叩いてやりたい)

みんなおかしくなっていく。
なんかみんなおかしくなっていく!

“首に操られてるんです”っていうのが免罪符になってないですかね?
操られてればキャラに何させてもいいと思ってない?日昇族よ。
もう座長なんてキャラ崩壊して恨み買いまくってるし、神無だって何で土方さんを殺すんだよー。
私、土方さん好きなのに!(個人的趣味)
あんなにクィーン殺したことに衝撃を受けてたのに、土方さんはいいんかい!お母さん以外は殺してもノー・プロブレムなの?

土方さんの最後の言葉「総司郎、近藤さん、いま・・・」が切ないです。うぅぅっ。死に顔がなんとなく微笑んでるのが救いですけど。


気を取り直して。


耀次郎と土方さんが鍋を囲む図になんか笑いました。
なんで鍋なんだろう?無駄に美味しそう。
酒とかじゃないの?普通。
あの耀次郎がハフハフ言いながら熱々の鍋を食べる図を妄想させようって魂胆なのか。
あぁ妄想したさ。
ハフハフしてたら可愛いじゃないか。


二股口の戦いで、鉄之助に「生きて帰ったら酒を教えてやる」という土方さん。
“教えてやる”っていう言い方がなんかいやらしいんですけど!
酒でも飲もうとか、飲みに行こうとかじゃなくて、“教えてやる”ですよ。
「お供します!」という鉄之助に不敵な笑み(に見えるんですけど)を浮かべるし。
イヤ・なんか破廉恥!!!
色々教えてあげてください、ホント。
不敗神話の土方さん、かっこいいっす。鬼の副長だね。


THE広告塔・座長は、一日何回洗脳公演をやってるんでしょうか?熱心だよなぁ。
もはや劇でもなんでもないよね。舞台に上がってるの一人だし。他の人いないし。お話とかないし。
一人芝居・夢芝居・紙芝居ですよ(韻を踏んでみました)。
もういいよ。電波受けてるの十分わかってるから。もういい。
そんな座長を神無、舞台脇のS席でご鑑賞
ご満悦気味そうですね。
ジャーマネですか・・・?

座長の熱狂っぷりには一座の皆もさすがに引いてましたね。コバト&紅丸なんて怯えてますよ。
ちょっと安心しました、一座のメンバーは普通で。
はじめは一座復活とか言ってたから、揃って洗脳芝居でもされたらどうしようかと思いましたが。
でも用無しだもんね。
座長、一人でできるモン!


共和国中、みんなおかしくなりはじめました。
皆、目が赤いよぉ!
あの赤い目は伝染するんですね。花粉症のようなものなんだね。
商人一家を皆殺しにしようとしたり、破滅への道をひた走る共和国の皆さん。
あの小さい女の子を切り捨てるのはさすがにヒデェと思いましたが。

出た!!!保母さん秋月
自分、子供は斬らせません。みたいな。

子供と動物と好きな人には優しいから、アイツ。

炎に当てられる耀次郎が美しい。
女の子を小脇に抱えたまま戦う耀次郎が素敵です。
戦う保母さん!


榎本さんが人外魔境なんてレベルじゃない。
手をかざしただけで、五稜郭を要塞にかえちゃったよ!!!
魔法使いサルマンみたいだよ!
五稜郭、ロードオブザリングの二つの塔みたいな感じになっちゃってるよ!!
自動であんなになっちゃうなんてどういう原理?!?
錬金術師か?
等価交換の法則を知っているか、榎本さんよ・・・(ぜってー賢者の石持ってるな)。

ナレーション
五稜郭は鉄壁の牙城となって生まれ変わったのである。

生まれ変わったのである。って!普通に言われても。
そんなレベルぅぅぅ!?!?

生まれ変わって言うか、別の人だよ。赤の他人だよ!
無駄にサンライズ本領発揮な要塞になりました。波動砲撃つし!


最後、桜を前に対決する耀次郎神無!!!
日本刀VS二丁拳銃!
舞い散る桜の花びら!
ベタだけど最高に萌える図だ!まさか神無死なないべなぁ。まさかなぁ。まさ・・・HAHAHA!


予告、よく聞き取れないんですけど。
最後に耀次郎神無って呼んだ?
TAG :
いろは
秋月
耀次郎
神無

いろは第23話の感想

いろんな意味でドギマギしてしまった いろは第23話『箱館はあかく』の感想です。
この気恥ずかしさは何・・・?


久々に出てきたと思ったら、神無いきなりリストラ宣言!!!
厳しいな、パークス。
「君は好きにしたまえ」なんて放し飼いにされてしまったよ。
神無、放逐。
まぁ用心棒だったり隊長だったりはしたけど、確かにあんまり役に立ってない感はありましたモンね。

それにしてもパークスといい、榎本さんといい、なんでみんな神無の耳元で喋りたがるんでしょうか?
普通に話しかければいいじゃない。


甲板でワインを煽るクィーン、どこの酔っ払いオヤジだよ!?!
つうか、飲み過ぎて気持ち悪さにタクシーにも乗れず、コンビニでポカリを買ってラッパ飲みする私にも似てますよ。
見っとも無ぇな(我ながらな)。

クィーンの足の投げ出し具合はなんか可笑しいですよね!?!
身の上話をしながら、なぜ神無の足の間に自分の足を入れる?
なおかつ足を触れ合わせる?
もうむっちゃ誘ってますよね、ここらへんから。
なんかおかしいと思ったよ・・・。


ところで神無の回想ですが、座長のあんなシーンあった!?!
わざわざ神無が見てるのを知って、肩に手を添え直すなど。
しかも目を細めてましたよ。
「どうよ?」みたいに。
まるで神無と秋月を取り合っているようだよ。
そんな悪女的なシーンあったか・・?
今のおかしな座長ならそれぐらいはしそうですけど。
後半、容赦なく座長を嫌いにさせてくれますね、サンライズ。
お望みどおり、座長は嫌いさ!(さわやかに)


人生相談を受けていた神無はイキナリ寝転がるのかよ!みたいな。
どうした、神無?
もしかして草原では走った後、大の字になるタイプ・・・?
ハイジみたいなタイプ?
優しさ見せたり、いきなり寝っ転がってみたり・・・。
神無が奔放ですね。
リストラされて吹っ切れたか?

神無寝っ転がる→クィーン女豹のポーズで覗き込む→メガネ外す→後ろから抱きつく。

あれよあれよという間にこの二人もLOVEモードに。
しかも大人のラブかよ。
甲板でヤるのかよ!?!
なんでいきなりここでラブモードになってんの!?!
いきなり過ぎないの・・・?

据え膳は食うタイプなのね、神無。
いきなり大人のアニメでビックリしました。
翌朝、神無のフリルが肌蹴てるのにもビックリしました。
後ろのシーツにクィーンが包まってたらどうしようかと思いました。
安心したら次に映ったクィーンはノーパンのように見えるんですが、気のせい?気のせいだよね?
まさか昨晩やったまんまの格好じゃないですよね!?!
チーム神無集合した時には黒タイツ履いてるしな。
ヤったことを強調したかっただけの描写でしょうか、日昇族よ。

あんま関係ないですけど、神無はやっぱり最初の服のほうが似合ってますよね。というか赤、似合わない。


榎本さんがどんどん人外魔境に。
上から覗き込むようなアングルが怖ぇぇぇよぉぉぉ。
目爛々と光ってるし、手から赤い静電気のようなものまで出す始末。
もはやあやかし。

アヤカシ集団に英国の方々が次々と残虐な方法で殺られていっちゃった・・・。
土方さんにやられたリンカーンはまだ幸せですよね。
斬り合いで死ねたんですもの。
先生とやった海坊主さんなんて、斬られた上に鎖で吊るされて最後にグシャっですよ?!?
先生、ひどすぎる・・・。
首は取り付いてないんでしょ?デフォルトで残虐だね、先生。


チームの面々が残虐ファイトでやられていくのに、なんで神無だけが精神攻撃でしかも生かされたのか。
 ①かわいそうな子だから
 ②仲間にできそうだったから
 ③昨日クィーンと寝たの知ってて洗脳しやすそうだったから
どれですか、サンライズ。


だから座長はなんなんだ!?!?
いつのまにそんなに洗脳が上手になったんでしょう。
思わず神無も新興宗教に入信。
えええぇぇ?!?

なんなんだよ、もう!!!

もうあと3話だというのに、耀次郎ってば弾かれては斬り、弾かれては斬りの繰り返しのみですよね。
もっとこう、ないのか、永遠の刺客!
必殺技とかさぁ!(腿パーン以外で)
土方さんのほうがよっぽどアクティブに動いてるような・・・。

まとまるのか、いろは・・・。

いろは第22話の感想

なにコレ、どっかの宗教団体の勧誘ビデオ?な いろは第22話『北の邂逅』の感想です。

この展開はなんだ?!?!
テンション下がるわっっ!!!


これが今回の感想の全てだ。
忌憚無き意見を受け止めよ、サンライズ!!!
銀魂班じゃなく、いろは班!あなた達よ!!!

全てといいつつ感想を続けますが。
だって言い足りない。


蝦夷にやってきた耀次郎は久しぶりにマスクをしていますね。1話以来?
寒いんでしょ?
やっぱ蝦夷は寒いんでしょう?

北国舐めんじゃねぇぞ。
内地と一緒の服装でいられると思ったら大間違いだ。


鉄っちゃん・・・もうすっかり座長にほの字になっちゃって。
腹立たしいことこの上ありません。
なんでシーツ敷くくらいでスローモーションなのさ・・・?
素敵なシーンでもなんでもない。
手を握って座長の頭が近づいたくらいで頬を赤らめる鉄之助がかわいいやらムカつくやら。(たぶん3:7でムカツきのほうが大きい)
そのまま座長に頭突きされるか、思いのほか座長の頭が臭くてウッ!?!となればいい。
(黒い気持ちが抑えられません)


先生のことを聞かれて、ちょっとむくれる琴波ねぇさんはかわいいですね。
なんか普通の人だ。
(でもこの人って出番の割にいろはのストーリーに必要なんだろうかと思う)
きちんと恋愛してたんでしょうかね、先生と琴波ねぇさんは。
ねぇさんはいつでも店をたたんだり開けたり自由自在です。
さすが琴波太夫、財力が違う!


再び耀次郎と座長が刃を交えました。
座長どっから飛んできた!?!?
そのジャンプ力何?!?!

テニスの王子様に出ても違和感ありませんよ。
しばらく赤目の座長と睨みあっていましたが・・・耀次郎逃げたっ!!!(泣)
タッタカ逃げた!!!
怖かったんでしょうか。まだトラウマなんでしょうか。


畳み掛けるように先生のTHE・洗脳ショーがはじまりましたね。
「私が・・・秋月様を導く・・・」
ってなんだかやる気!?!

一座の芝居もなんだかすっかり宗教団体な芝居に・・・。
「我が命、共和国のために!」

なんでそーなるの。

なんなんだ座長・・・マジで何なんだ・・・。
広告塔じゃないですか。
ただの宗教団体の広告塔じゃないですか。

榎本さんは総裁なので兵を鼓舞しようと演説してるのはまだわかるんですが、座長が町民に対して言うのは電波だよ。
兵士じゃないでしょ。芝居を見に来た普通の人達なんでしょ。
なに洗脳してるの?
これも先生の筋書きどおりなんでしょうか?

「愛する共和国のために!私は逃げない!」

って逃げ出したいのはこっちだ!

感極まって涙まで流してるよ・・・。

かなり引きました。
なんだこの展開。
ヘルプ・ミー、ヨージロー!!!
早く来てぇぇぇ!!



しばらく存在を忘れるほど出てこなかった神無がちょびっと出てきましたね!
予告は先生&土方さん&榎本さんでしたが、公式ページよれば来週は神無メインの回みたいですね。

榎本暗殺に失敗し、大英帝国からも見放され、途方に暮れる神無。

途方に暮れる神無って何か想像つかないんですけど。
でも公式ページがそういうんだから、ショボーンとしてるかオロオロしてるんだろう。

「もしかしたら、俺は泣いているんじゃないのか…?」

なんて神無始めて涙の意味を知る!?!
是が非でも榎本武揚の命を奪うとか言ってるし。
ホントにあの妖怪・榎本さんを殺せるのぉ!?!
なんか返り討ちにあって死亡しそうで怖いんですけど。

作画監督はキラキラ鈴木竜也さんなので、絵は期待できそうです。
TAG :
いろは
耀次郎

いろは第21話の感想

何様・俺様・黒田様が案外よかった いろは第21話『海峡を渡る』の感想です。


初めての作画監督さんでしたが、作画がイマイチでしたね・・・。
作画がいまいちだとショボーンとする。
恩田神の作監順はまだ回ってこないのか!?!
でも、神作画で耀次郎が出てこない回と、イマイチ作画でも耀次郎が動いている回を選べといわれたら、私は迷わずイマイチ作画を選びます!!神作画での耀次郎不在がいまだ深いトラウマ


前回予告で「俺と一緒に布団の上に乗らないか」と耀次郎を誘った黒田了介さんが出てきました。
と思ったら“布団の上”じゃなくて“ストーンウォール”だった・・・!!!
布団の上じゃないなとは薄々気づいていましたが。
正解がわかった今でもストーンウォールとは聞こえないんですけど。
訛るのもほどほどに!

「この黒田了介を、蝦夷共和国は欲しくはなかか?」
「欲しくなかとは言わせんぞ」

俺様発言が多いですね、この人。
言葉攻めが巧そうです。
結構好きなキャラだなぁ。
見かけはあれだけど。
進化しきってないというか類人猿っぽいですが。(特になんかモジャモジャしたの頭に被ってる時)
モミアゲも長いしね。顔の外周の80%はモミアゲで覆われてますよ。モミアゲ生えてないのアゴ周辺だけですよ。


大変久しぶりに勝先生と西郷どんが出てきました。
ていうか、聖天様何者!?!
すんなり東京城に入れてもらえるし、勝先生&西郷どんとも知り合いなの?!?
このビック・ツーより上座に座ってらっしゃるよ。
ものすごい敬意を払われてるっぽい。

勝先生が「新年早々聖天様の顔を見られるとは縁起がいい」なんて申しておりましたが、聖天様は縁起物なのか?
そういわれれば七福神に混ざって宝船に乗っていても違和感のない顔立ちですが。

そんな聖天様のお願いごとは「永遠の刺客を蝦夷に運んでくれ」でした。
運ぶって・・・。
さすが八福神、耀次郎を貨物扱いです。
取り扱い注意だからね!


座長はまたしても手毬歌!
もういいよ、手毬歌アピールしすぎだよ。
CD化か?狙いはCD化か?
買わないから、私買わないから。

耀次郎が赤ちゃんをあやすお姉ちゃん(不細工)を見つめた後、座長の手毬歌にシーンが替わりましたよね。

兄弟フラグ!?!

なんか歌ってる間に座長の顔はどんどんホラーになっていくし、音楽は劇的になっているし。

やはし座長は耀次郎のお姉ちゃんなのかしら・・・!?!


耀次郎が黒田さんに会いました。
そして今回唯一の台詞を言いました「蝦夷共和国討伐隊総督 黒田了介様」。

“様”付けをする耀次郎が萌えます。
浪川さんの声も艶っぽくていい。

「船に乗れ」、「腕を見せてみろ」と言いつつそんな暇を全く与えず
「出る幕はない」「おいとストーンウォールが歴史を変えるのを見物しちょれ」と言い放つ。
耀ちゃんに向かっても俺様上等な黒田様。
イイ・・・。
好きです、こういう俺様な人。
今後も出てくるんだろうか・・・。

なんで耀次郎が黒田さん家に行ったのか、そこらへんの流れがよくわからないんですけど。
聖天様と連絡取ったのかな~。そこに行けって言われたのかな~。
でも聖天様たちは前回まで耀次郎の生死も知らなかったし・・・。不思議。


欲しいか?と聞いておいてあげない、寝返ると言っておいて裏切る・・・黒田さん、デレツン?!?
でもしっかり西郷どんの言いつけは守って耀次郎を撃ちませんでしたね。
それを知ってか知らずか、耀次郎、銃で狙われてるのに涼しい顔。
涼しいっていうか、ぼへーっとしてるように見えるんですけど。
もっと焦ったり、避けたり、こう・・・ね?
例の件でクソ度胸がついたんでしょうか。

黒田さんと蝦夷入りする予定だったのに、勝手に土方さんを助けて、小動物のようなすばしっこさで回天に乗り移ってしまいました
自由だな、お前・・・。
しかも行動は全て無言。
無口だな、お前・・・。


「貴様の死に場所はここではないはずだ」
剣で割腹を止める土方さんがかっこいい。
そんなかっこいい土方さんの「まさか君が生きていたとはな」という言葉をまたもやボケーと流す耀次郎
へ・返事をしなさい!
その顔もやめないさい!

何はともあれ、ようこそ蝦夷へ!!


気になる予告は先生のTHE洗脳ショーでした。
「同士榎本を護り、共に共和国建設に尽くす それこそが二人の宿命」
そうなの?!?永遠の刺客ってそんなボディガード的なものなの!?!
違うと思うよ・・・。
「あの男を導く、それもまた遊山赫乃丈の宿命だ」
「私が 秋月様を・・導く・・」
っておおおぉい!!!
何その気になってんの!?!あんたバカァ!?!
洗脳ガ完了シマシタ。

来週は「新興宗教にハマる若い女性達 ~私達は自分で望んでやってるんです~」です。
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。