スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継続は力なり~狩猟編~

昔の人は言いました。
継続は力なり。
継続しないと力は失われるなり!(言ってない)


我の力は・・・失われていたなり・・・!

先日のモンハン合宿のヘタレモンハン日記~狩猟編~です。
出発前から不安要素いっぱいで、果たして狩りに行くのか狩られに行くのか境界が曖昧です。
死の匂いがプンプンするとはいえ、私もHR6の一流ハンターです。
死線を何度も乗り越えて来たのです。
(乗り越えられなくて死んだまま流れて来たともいう)
いざとなれば体が思い出すはず!
自分を信じて狩りに出ました。

フィールドは渓流でした。Water!
スタートしていきなり目の前にドボルさんがいたらどうしようとドキドキしていたんですが、プー(ハンター名)はものすごく高くて狭い岩場にぽつねんと佇んでいました。
いわゆる秘境スタートです。
え!?!ここからどうやって降りればいいの?
ジャンプってどうやるんだっけ?何ボタンだっけ?!?思い出せないぃぃぃ!!
と軽くパニックに陥りましたが、思い返せばモンハンにジャンプなんてありませんでした。
ジャンプしないでも、ただ落ちればいいだけか。
ポトリと落ちて第一関門を突破しました。
第一関門を突破したって言うか、どこにも関門なんてなかったんだけど。
ただ高いところから落ちただけなんだけど。

気を取り直して駆け出すと、目の前を無害な白猫が歩いていたので実践の感覚を取り戻すために試し斬りをしてみました。
 アオイ 「斬り捨てご免!!!」
 白 猫 「ギニャーーー!!!」(イメージ)

こんな時代に生まれなければお前ももうちょっと長生きできたのにな・・・。
怨むなら時代を恨め、この大狩猟時代を。
3匹目にしてシュキーン!って斬れるようになりました!
抜刀斬り思い出したー(ノ´▽`)ノ

ほんの少しの狩猟本能を思い出したところで、ドボルさんのところに向かいました。
しばらく才蔵君とチマチマチマチマ切り刻むことに専念。
 アオイ 「ねぇ!さっきからこの太刀のバー貯まってるんだけどどう使うんだっけ?
 才 蔵 「今頃かよ!Rだよ!バカァ!」

防御できないからRなんて使わないと思ってたアルよ・・・(BASARAではRは防御)。
こんな感じではありますが、二人ともなんとか死なずに捕獲までこぎつけました。
ドボルさんは動きが遅いので助かりますね!

続くレウス&レイアもなんとか終了し、続いてイビルジョーさんのもとへ向かうことに。
 才 蔵 「イビルルジョーってどんなモンスターだったっけ?」
 アオイ 「ゴーヤ」

何言ってんのコイツ的な目で私を一瞥した才蔵君ですが、ジョーさんを一目見て「うん。ゴーヤだね。」と納得してました。
そう、まさにイビルジョーってゴーヤじゃないですか。
ちょっと苦いだけで所詮野菜じゃないですか。
我々の敵ではないと高をくくっていたら、思いっきりムシャムシャ喰われました。
ドボル&リオ夫妻と調子よく狩れたので、ちょっと調子に乗ってました。
スイマセンでした。
謝るからそこどいてください。
私の上からどいてください。


特に才蔵くんが美味しかったらしく、押し付けられてかなりムッシャムシャされてました。
この頃、リアル時間は深夜で酒も入っていたので、私も相当眠くて迅速に助けることができませんでした。
てゆーか途中寝てた。
ジョーの前で棒立ちしたり、虚空に向ってペイントボールとか投げてました。
 アオイ 「ゴーヤ、コノヤロー!才蔵くんを離ムニャムニャ・・・zzz」

ジョーさんは怒ってピンクのゴーヤになった時が恐ろしいですね!
最初は果敢に斬りかかって昇天してましたが(才蔵くんが)、6回ほどキャンプ送りになって、やっと怒ってる時は無理って気づきました。
あの黒くてビリビリしてる息、何?!?
ちょっと当たるだけで瀕死なんですけど!
相当お口臭いと見た。
おジョーさん、お口臭ぁーい!!

結局クエストに3回失敗して、4度目にしてやっと捕獲できました。
死にもの狂いだったよ・・・。
その後は二人とも瞼が限界だったので眠ってしまったんですけど。
6時間かけて3クエストってどうなの。
効率悪いにもほどがある。
次はいつできるかわかりませんが、キークエ消化するのはまだまだ先になりそうです。

やはりこういうアクションものはちょくちょくプレイしないとダメですね。
継続は力なりを噛みしめた狩りでありました。
でも今は宴やりたいからな~。
スポンサーサイト

Water!!!~準備編~

先日モンハン合宿をしてきましたので、超久しぶりのヘタレモンハン日記~準備編~です。
すっかりモンハン自体ご無沙汰で、今じゃ数ヶ月に一度才蔵クンと合宿をする時ぐらいしか狩りに出ていません。
2Gの時は家で一人でも狩りに行ってたのになー。
一時はあれほどしつこく話しかけていた猫バアと行商のお兄さんとも最近は全くお話しておらず、軽く倦怠期です。
こうして情熱を失ってしまったのは頂点を極めたからでしょうか。
後ほど狩りにて「イヤお前何も極めてねーから!」とモンスターから手ひどいツッコミを受け、ガッハァッ!!と吐血することになるわけですが。

今回は9月の別府温泉以来、2ヶ月ぶりの狩りです。
自分が今何を着ているのか、武器は何を持ってるのか、素材は何が足りないのか、そして抜刀はどうやってするのか何もかもがわかりません。
見えません。知りません。手探りです。
まるでヘレン=ケラーです。
多分、渓流に足を浸したら「Water!!」って叫ぶレベル。
助けてサリバン先生・・・。
才蔵君も同じく久しぶりなので、自分の防具みて「このゴキブリみたいな防具何?」って言ってました。

とりあえず二人とも欲しい素材もなかったので(というか思いつかなかった)、★8のキークエを消化していくことにしました。
本当は肩慣らしにキノコ狩りにでも行きたいところだったけど、HR6にはそんなクエスト無かったよ。
いきなり俊敏なヤツは死ぬので多分本当に死ぬので、動きの遅いドボルさんを狩りに行くことにしました!

狩りに行くことにしました!はいいけど、一体何を持っていけばいいんだ。
アイテムポーチぶら下げて出かけるのも久しぶりです。
BASARAはフィールドにおにぎり落ちてるからね。酒まであるからね。
まるでちょい飲みセットです。
いつもはアイテムポーチパンパンで狩りに出てた気がするのに、なぜか3分の2ぐらい空いてるのが不安です。
確実に何か忘れてるので、才蔵君と持ち物チェックをしました。
 才 蔵 「ペイント」
 アオイ 「あ、持ってない」
 才 蔵 「回復薬」
 アオイ 「あ、持ってない」
 才 蔵 「こんがり肉」
 アオイ 「持ってないわ。そのこんがり肉とやらも持っていけばいいのね?
 才 蔵 「こんがり肉とやら!?!何その初めて聞いた風!!」

夢と希望しかポーチに詰めていないことが判明。

必要なアイテムを持って、いよいよ狩りに出発です!
と、その前に本気でボタン操作がわかりません。微妙にBASARAと混ざってる。
BASARA通常攻撃の□ボタン連打したら、あっという間に回復薬がなくなります。

 アオイ 「ねぇ、バサラ技できないのは薄々感じてるんだけど、一体○ボタンは何なの?」
 才 蔵 「あの突くヤツだよ」
 アオイ 「シュキーンってやりたいんだけど、どうやるんだっけ?」
 才 蔵 「しゅきーん?」
 アオイ 「シュキーン」
 才 蔵 「言ってることがサッパリわからない」
 アオイ 「この役立たずがぁ!!


キャプコンのゲームはコマンド統一してほしいね。
こんな二人が命がけの狩りに行きます。

モンハンフェスに行ってきた!

みんなが夏の祭典に行ってる間、私と才蔵くんのヘタレハンターズは地元でハンターたちの祭典に行ってきました!
一度ぐらい覗いてみようかねという軽い気持ちだったわりには、会場の1時間以上前に着くように待ち合わせしてました。
だって入場制限とかされたら嫌だし・・・。
会場一時間前から待つのはイベントの常識だと思っているオタクです(*´∀`)b

車で行ったんですが、イベント会場周辺を走っていただけで警備員に「アナタ達、こっちでぇす!」と会場駐車場に勝手に誘導されました。
なぜ我々がモンフェスに行くと見抜いた?
もしかして通り抜けるだけの車だったかもしれないじゃない!
どうして行先も聞かずに会場に誘導するの?
ハンターの風格が出てしまったか。
一般の人には見えなかったということか・・・。

地元だからそんなハンターいないだろと思ってましたが、一時間前にも関わらず結構な列ができてました。
中堅壁サークルぐらいかな。
超大手の外サークルほどではないね、最後尾が肉眼で確認できたから。

当たり前だけど、待ち時間にモンハンやってる人が多かったです。
私たちも負けじとPSPを出して、知らない人と一緒に狩りに行きました!
・・・なんてこたぁ絶対できないモンハン弱者二人。
こそこそと横目で皆がモンハン持ちをしてる否かをチェックするので精一杯でした。
親子とか、坊主ども・・・いやお子様の参加も多かったです。
確実にゲームの年齢制限ひっかかってますよ、ね・・・?
でも私らなんかよりずっと上手なんだろーなー。

一緒に狩りはできなくとも、せめてオトモ交換ぐらいはしようとPSPは持参してました。
私はすでにインテでオトモ交換を経験済みですが、才蔵君は初めてだったらしく「PSPの電源付けとけば交換されるの?」と聞かれました。
されねーよ。そんな傍若無人に他人と行き来しねーよ。
ちゃんとお家で配信設定するんだよ!
残念ながら、モンハンフェスではリアル集会浴場以外でのオトモ交換は禁止されてたので日の目をみることがありませんでしたが。
人多すぎて無線混乱するからかなー。

そんなやりとりをしていたらあっという間に1時間が過ぎ、いよいよ会場!
わーパチパチパチパチ!
え?拍手は?拍手はないの??

入口で出迎えてくれたのはいきなりのジンオウガ先輩!

ジンオウガ先輩

先輩かっけーー(≧∀≦)ノノ!!
空気で膨らむバルーンなので触ったらポムーンとなる優しい素材のはずなのに、なぜか凛々しいです。
バルーンのくせにトゲトゲした所とか細部まで作りこまれていて、ジンオウガ△です。
そして思ってたより等身大が大きくてビックリしました。
この大きさのトゲトゲ尻尾が当たったら痛いよね・・・。
1落ちしても仕方ないよね。
等身大を前にすると、思わず自分も太刀を構えたくなります。
尻尾切ったり、角折ったりしたくなる。
等身大、スゴイ(≧∀≦)ノノ=3=3
オラ、ワクワクすっぞ!

(入場してものの数秒で満喫感)

ふと脇を見るアイルー2匹とハンターと集会浴場の受付嬢がいました。
すごーい!本物だー!(違います)
写真撮るのは忘れちゃいましたが、アイルーが思いっきり中の人サイズだったので巨大すぎて全くかわいくありませんでした。
化け猫や・・・それじゃアンタ化け猫やで・・・。
ユクモ装備に太刀のリアルハンターがカッコよかった!
ちゃんと鞘もあるんだよ。
シャキーンって抜刀するんだよ。
始めはどこのカジノから盗んできたルーレットをお被りですか?と思ったユクモの笠ですが、今となってはキャーカッコイー(≧∀≦)ノノと思えるから不思議です。
あー写真撮れば良かった!
興奮してレイヤーを激写するカメラ小僧の気持ちがわかりました。

やっと入口から離れて会場の中へ入ると、等身大アオラシアがいました。
こっちもデカい!
でも実際前に立って太刀構えてみたら(イメージ)あぁ確かにこれぐらいだなーという大きさです。
ホント、等身大興奮するな。
ここではガーヴァの卵(白と金があります)もしくは蜂の巣をレンタルしてくれて、アオラシアさんと写真が撮れました!
残念な大人にも決して嫌な顔をしないお姉さんが「いかがですか?」と感じの良く勧めてくれたので、蜂の巣をもってアオラシアと写真撮りました(人∀`)
残念なので公開できません。
蜂の巣ももちろん等身大ですが、でけー!
モンハン界の蜂ってどういうサイズよ??と思ったけど、ランゴスタだものね。これぐらいの大きさで不思議じゃない。
ガーヴァの卵も、まさにクエでえっちらおっちら持って歩くサイズで感動しました!
実際は発泡スチロール?で重くなかったですけど。

そして一際目を引いたのは等身大リオレウス!!!

リオレイアでけー

リオレウスってばこんなデカいのかぁ~Σ(゚д゚;)
やっぱりバルーンなんだけど、ものすごい迫力です。
あぁ、あのトゲトゲの頭を殴ってやりたい・・・。
グルっと回って後ろも観察しましたが、立派な尻尾がありましたよ!
それが絶妙な高さの位置にあるのもゲームと一緒!
届かないんだよね、なかなか。
あぁ、あの尻尾を切り落としてやりたい・・・。
隣にはリオレウス装備のハンターもいました。

リオレイア装備も

これほど体格差あるのによく戦ってるよな、ハンターって。
ホントすごい。
アイテムを駆使して、己の身を装備で包み、あとは力量だけでこんな大きいモンスターと戦ってるんだよ。
色々慣れてきた今では大した感慨もなくレウス乙!!って感じで倒してますが、デカい生物に対する純粋な恐怖とか人間の限界とかこの体格差おしてそれでも戦う意味とか、そういうことまで考えてしまう。
いまだに多感ですいません(永遠の思春期)。
いや、我が分身ながらプー(ハンター名)にシビれたよ!
等身大で見て、リアルにモンスターハンターの世界を感じて感動しました(人∀`)

壁に貼ってあった超ロングポスターは、歴代モンスターのサイズ比較表でした。
フルフルとかドドブランコとか、2Gでかなり痛めつけられたモンスターもいて懐しかったです。
それにしてもモンスターに比べてハンター小さい!!
そしてジエンがでかい!!
クジラじゃねえか・・・。
なんでハンターみたいな小さいのちょっと斬っただけで死ぬのか不思議に思えてきました。

私も一部のみお世話になってるジンオウガ装備のハンター!
アイルーって普通の猫サイズぐらいのイメージだったんですが、意外に大きいね。
意外にアイルーでかい

いつもお世話になってます!!
何度も運んでいただきました

一通り見て回った後、開発者のチャレンジクエストとQ&Aのステージをみました。
モンハンの開発者4人がイビルジョーを11分で倒すのに挑戦!
開発者というからにはすごく上手いのかと思ってたらそうでもありませんでした。
私が言うなって感じですけど。
スーパープレイ的なものを期待してのに、味方にマタタビ爆弾を食らわせたり、弓で狙ったり、ジョーにいちいちこやし玉投げてエリアチェンジさせたり、おふざけ満載な狩りでした。
なんかすごく楽しそうだった(*´∀`)
私と才蔵君の狩りは生きるか死ぬかの瀬戸際なのでこういうお遊びはできない。
命(と書いてタマと読む)かけてますから。

自らの命をもてあそぶような行為はできません。
4人いたら1人ぐらい遊んでてもクエクリアできるかもしれないけど、私たちには友達もいません。
結局11分で討伐できず、12分ぐらいかかってました。
いやそれでもスゴイんだけど。
失敗した場合の罰ゲームがあって『ペイントボールと同じアイコンのものを全て捨てる』という罰ゲームでした。
ペイントと閃光玉はともかく音爆弾がちょっと痛いかなーぐらいに思ってたら、竜玉とかリオの紅玉とかジンオウガの碧玉も同じアイコンだった・・・!
皆の前で捨てさせられてしっかりとセーブさせられるという鬼の仕打ちでした。
できない・・・私にはできない・・・。

開発者のQ&Aでは、モンスターの裏設定など聞きました。
当たり前なんだろうけど、モンスターの生態とか、なんでこういう姿になったとか、モンハン界の中の歴史とか進化とかすごくしっかりした設定があるんだなーと感心しました。
一番ビックリしたのはアイルーを仲介してくれるネコバァについて!
背中に背負ってる大荷物にはアイルー入ってないんだって・・・Σ(゚д゚;)
え・・・?みんな知ってた・・・?
てっきりあの荷物の中に紹介するアイルーがぎっしり詰まってるんだと思ってた。
だって猫が2匹ほどはみ出てるじゃない。
2Gの時からずっと猫リュックだと思ってたのに・・・。
あの荷物は旅の道具なんだそうです。

あとは物販みたり、モンハンキッチンみたり、色々楽しみました(ノ´▽`)ノ
結局リアル集会浴場には顔出さなかったな~。
ヘタレ全開(≧▽≦)b
一応持参したPSPは一度もカバンから出されることなく終わりました。
大会で上手な人たちのスーパープレイも観たかったけど、かなり時間が遅かったので会場を後にしました。
今度来る時は来場時間遅めにして大会見るんだ!

こんな感じで大変満喫したモンハンフェスでした!
楽しかった~( ´艸`)
USJに行きたいぜ。

上位に上がったご報告

先日のモンハン合宿でHR5になりましたー(ノ´▽`)ノ
ヘタレハンターズもめでたく上位です!
わざわざホテルにこもって、狩りまくりましたよ11時間・・・。
クリアしたのは全部で15クエぐらいです。
がんばった!
妙な達成感と虚脱感を感じています。

15時にホテルにチェックインして以来、ベッドに寝転がってずっと狩り続けました。
お互い無言です。
仲は悪くないです。
でも喋ることないです。
会話といえば「ペイント消えてる!」「あと一撃で死ぬ」「シビレ罠かけるわ」とか狩猟的なことのみです。
本当に仲悪くないです。

ホテルの前に行って来たランチビュッフェでお腹いっぱいになっていたので、狩りの最中は何かを食べたりもしませんでした。
ただひたすら狩り続け、時々喉を潤したぐらいです。
アスリートか!
無駄な行動は一切なく、順番にクエを受注して、狩って、帰ってきて、農場行って、装備変えて、風呂入って、ドリンク飲んで、またクエを受注する・・・の繰り返しです。
ただひたすら狩り続け、ベッドから立ち上がったのはトイレに入った時だけです。
廃人か!

二人仲良く上位に上がり、一息ついたら夜9時になっていました。
ホテルの近くの居酒屋に移動し、チューハイで上位になれた私達に乾杯!
かぁー酒がウマイ(≧∀≦)ノノ
2時間ぐらいオタク論をかましてホテルに帰った後は、さっと汗を流し、再び狩りまくりです。
HRがもう1つ上がり、ナルガ3頭のドリンククエもクリアできたので、そろそろ寝ようかと時計をみたら朝5時でした。
時間泥棒か!
どうりで目の奥が痛いと思いました。
なんだかズキズキするの。
誰か・・・サンテ40を・・・誰か・・・。

3時間ほど仮眠をとってチェックアウトし、その後は服を見たり地元乙女ロードを回って薄い本を買ったりというリア充な週末でした。
気力充実、体力瀕死で家路に付いた次第。

あ、あとで改めてご報告しようと思いますが、この時買ったゴトタツ(byジャイキリ)が素晴らしかったので、私はゴトタツの方向で行こうかと思います!!!(どうでもいい報告)

くたくたで家に帰った後は、疲れた体に鞭打って、なぜかパンを焼いてしまいました
パン屋か!

そんな週末でした。
とりあえず上位に上がったご報告です。
なんか全体的に作文のような文章になってしまった。
私、がんばる!色々がんばる!

やっぱり光蟲が好き!

やっぱり猫が好き風にかわいく叫んでみました。
久しぶりにモンハン日記というか、つぶやきというか。
総じてどうでもいい話です。
近況報告をすると、いまだ下位で這いずり回ってます。
打倒!ナルガ3兄弟!!

集会浴場クエは才蔵くんとやろうと思ってるのでほとんど手をつけておらず(第一やったら怒られるし・・・)、村クエをポチポチ進めてます。
歩みが遅すぎですが、狩りに行く時は一気に何クエか連続してやりたいので、必然的に土日しか時間が取れません。
しかも土日といっても、出かけたり薄い本読んだりネットしたりブログ書いたりしてたら、なかなかまとまった時間が取れないんです。
最近では才蔵君にモン禁を出されるという妨害工作にもあいました。
これが社会人との兼業ハンターの運命(と書いてさだめと読む)ってものです。
もっと思い切って廃人になりたい。
今週末にホテルに缶詰になってモンハン合宿をヤル予定なので、そこで上位に上がろうと思います。
やー!

ぬるい村クエばかりなので(偉そう)落ちたことは1、2度しかないですが、時間切れは結構有ります。
なぜならモンスターそっちのけで虫集めに必死だからだよ。
閃光玉とシビレ罠はハンターの必需品じゃないですか。
閃光玉がないとティガもリオ夫妻も時間がかかるし、罠がないと捕獲できないじゃないですか。
なぜ大切な素材である光蟲と雷光虫が売られてないの、キャプコン!?!
その素材を大量購入できないなんて、モンスターに八つ裂きにされろと言っているとしか思えません。
実際八つ裂きにされかかってます。
四つ裂きくらいにはされてます。
前にも書いたと思いますが、私は閃光玉依存症なので閃光玉使いまくりです!
アイテムボックスに光蟲が常時1000匹は入っていないと安心して眠れません!
部屋の隅で薄らボンヤリ光るアイテムボックスの中から、ウゾウゾかさかさと大量の光蟲が動き回る音を聞くと安心して、よく眠れます(注;イメージ)。

一体いつになったら行商の彼は売ってくれるんでしょうか。
BLとあわせ技で検索される彼はツンデレなの!?
それにしてはツンしか見当たらないんだけど。
デレはどこだ、デレは!?!
いつかきっと彼にもデレ期が来ると信じてクエから帰るたびに話しかけてます。

一向にデレ期が訪れないので、今は地道に虫あみとか農場で少しずつ採取してます。
え?あたりまえ?
2Gの時は金に物を言わせて、クエから帰るたびに「オバちゃん、いつもの99匹ね!」と光蟲を追加してたのになぁ。
あまりに買いこみすぎて使い切れず800個ぐらい余ってますけど。
キャプコンは初心に帰れって言ってんのかなぁー。

今じゃどんなクエストにも虫あみは必須です。
クエスタートと同時に虫あみ各種持ってダッとキャンプを飛び出します。
最近はハンターというより夏休みの小学生みたいになってる。
虫がちらついてる茂みでは、雑魚モンスターにコンコンつつかれながらもばっさばっさと虫網を振るってます。
いでよ、光蟲!!この網に集まりたまへ!!
なかなか集まらないんですけどね・・・。
クエに出るたびに虫網もって必死に集めてやっと100匹越えたぐらい。
今でこそ村中心のぬるいクエ(まだ言う)しかやってないので閃光玉を使わないで済んでますが、上位に上がってティガさんやリオ夫妻とやることになったら。
閃光無しじゃ勝てる気がしないぜ・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガク
こうやって地道に集めても需要と供給に大幅なズレを感じます。
雷光虫は1クエに2匹しか使わないけど、光蟲は下手すりゃ1クエ15匹は使うんだぜ!
自分で幼虫を交配できないだろうか。
光蟲ブリーダーに俺はなる!
大切に育てるのに・・・( ノД`)

同じく、今作は生肉が売られてないのもイタイですね。
これも代替品のない必須アイテムなのに・・・!
こんなに肉が貴重になると思いませんでした。
農場の10連焼きで生焼け肉にしちまったときは目も当てられない。
リアル orz になります。
生焼けだったら、もう一度焼いてこんがりさせたらいいじゃない!
なぜ二度焼きできないの!!
普段のクエではこんがり肉がもったいないので、失敗作の生焼け肉をお弁当に持ってでかけます。
いいの、むしろ私レアが好きだから。
好きだからスタミナMAXまで回復しろ!
ユクモ村に肉屋がオープンしたらすごく儲かると思うの・・・。

才蔵クンとの合宿でリセット技を使うしかないのかなと思う今日この頃。
それでは狩りに行って来ます!

ジンオウガ先輩との死闘

連続更新ヘタレモンハン日記です。
今回はHR3に上がるための緊急クエスト、ジンオウガ先輩との死闘について記します。

集会浴場クエに全く手をつけていなかったヘタレハンターズですが、モンハン合宿では大型狩猟にあたりをつけてクエを消化し、比較的スムーズに緊急クエを出すことができました。
とうとう私たちもMHP3の象徴・ジンオウガと対峙する日がやってきたのです。
ジンオウガさん、イヤぁぁぁぁあああ!!!(恐怖)

緊急クエを出した時にはもう夜遅かったので、「もうこれ無理だよね、今日はここまでだよね」という諦めムードでおりました。
ジンオウガは最初の頃の乱入でしかお目にかかったことはありませんが、とにかく強いという印象しかありません。
あと静電気がすごい。
ものすごい数のパチパチ君を飼っている。
乱入された時はチビりなが村に逃げ帰ったんだよなぁ~。
スムーズにクエを進めていた私たちに初めて壁が立ちはだかったようです。
挑む前から負ける気満々ですけど、なにか?
かなりのビビリハンターズでしたが、とにかくまずは一回挑んでみようということになりました。
ありとあらゆるアイテムを持ち込んで、何が効くか、どんな動きをするのか観察しよう!
死んで一花咲かせようぜ!

ジンオウガのあの動きはなんなんでしょう。
動物の動きじゃない。アクション俳優の動きだよ。
アクロバティックな上に早すぎて目で追えません!!
おたおたしてる間に鋭い爪で叩かれました。
ガッフッッ!!(吐血)
さすがや・・・さすがやで・・・(まずは己の血でペイント)。

電気ボールを飛ばしてくるのは止めて頂きたい。
なにあの元気玉。
孫悟空気取りなの?
軌道が変則的すぎてどこに飛んでくるかわかりません。
避けるのは無理だ。
当たってもいいから攻撃しよう!
名づけて骨を斬らせて肉を絶つ戦法です。
ジンオウガを一斬りするたびに、我々の骨が一本折れます。
確実にハンターのほうが受けるダメージがでかいです。

才 蔵 「死ね!ジンオウガ、コノヤロー!!コノヤロー!!」
アオイ 「お前!ジンオウガさんにそういう言い方するなよ!!MHP3の象徴だぞ!もっと敬意を払えよ!!」
才 蔵 「え?ああ?ごめん・・・なんでそんなに卑屈なの?」

ジンオウガ先輩と呼ぶことにしました。

アオイ 「ジンオウガ先輩!!毛一本でいいからください!」
才 蔵 「ジンオウガ先輩!!なんの毛でもいいんでください!」

二人でジンオウガ先輩の縮れ毛もむしる勢いで攻撃しました。

そのうち、ジンオウガ先輩の尻尾がボタリと落ちたではありませんか!
うぉぉぉーーーー!!と勝鬨をあげる二人(うるさい)。
とうとうジンオウガ先輩の素材がこの手に!私達の手に!
死んでもこのアイテムは持ち帰る!
これでリセットはできなくなりました。

攻撃を続けると、先輩がキラリと光る竜?のナミダをこぼしました。
先輩の涙・・・美しす。
先輩を泣かせてしまうなんて胸が痛いけど・・・泣く先輩もいいよね!(BL的思考)
そのうち先輩は倒れて悶えたり、ヨダレをたらして息を整えたりしはじめました。

アオイ 「ヨダレとか・・・そんな先輩の姿、見たくないっす・・・」
才 蔵 「いやお前、どんだけジンオウガにあこがれ抱いてるの。」

そうこうしてるうちに、先輩が足を引きずりはじめました。
これは先輩の限界が近い!
ずっと憧れだった先輩が自分のものになる!
俺だけの先輩に!
かならずジンオウガ先輩(の死体)をこの手で抱きしめる!!

鼻息も荒く追いかけていきましたが、意外に息が長かったジンオウガ先輩。
すでに2落ちしていたので、結局クエスト失敗しちゃったんですけどね。
さすがジンオウガ先輩っす。憧れっす。

こんな感じのジンオウガ・ファーストトライでした。
この後、2落ちずつ献上しながらもなんとか2人分の緊急クエをクリア。
めでたく二人仲良くHR3になりました!

通信プレイができません!

久々のヘタレモンハン日記です。
年明けにやったモンハン合宿でHR3に上がって以来なんだか達成感を感じていたんですが、実は何も達成してないことに気が付いた。
まだ上位にも上がってなかった!
まずは村でも進めようかな。

インテでは初めてオトモ配信というものをしました。
配信設定にしてカバンにPSPを突っ込んでおけば、同じように配信設定をしてる人とすれ違った時に、オトモとギルドカードを交換できるシステムです。
ドラクエのすれ違い通信をパクッたんだろうか。
今までこんなんあったの知らなかったよ。
インテで配信ONにしていたら、ムキムキの猫たちがもっさもさ集まりました。
この会場には今どれだけ猛者がいるんだ。
ウチの猫達よりもムキムキなのはもちろん、うちのハンター;プーよりも強い猫達が集まりましたが、他所ン家の猫はなつき度も低いし、愛情もわきません。
弱くてもうちの子が一番!(親バカ)
インテで逢瀬した方々の小十郎2匹は雇わせていただきましたが、それ以外の知らない方々の猫は雇わず、ギルドカードのみを登録してます。
ギルカを登録しておくと、ふらっとハンターシステムで結構頻繁にお風呂に遊びに来るんですよね。
舐めるような目でうちのプーを見るので困ります(軽く自意識過剰)。
時々アイテムくれるのがいいですよね!
まぁくれたの空きビンでしたけど。いりませんけど。
プーは資源ゴミ回収オジサンじゃねーぞ。
と思ったら、その次は捕獲玉をくれたので助かりました。
色んなものがもらえるのね。
でも前に才蔵くんが来た時は何もくれなかった。

結構面白かったので、もっと色んな人とギルカを交換しよう!と、本日オトモ配信しながら通勤したんですが、1人しかすれ違いませんでした。
北に・・・ハンターはいないのか・・・スンスン。

前置き長かったですが、ここから本編!
年明けのモンハン合宿で、才蔵クンと初めて通信プレイいたしました。
その時の悲しい別離の模様を記したいと思います。

今作からの新システムで、狩りには猫二匹を連れて行けるようになりました!
ハンター名はプーなので、ギルとヴェストを連れ回してます。
他にもこじゅまさやら土銀やらシズイザやら津軽サイケやらいっぱいいますが(全ての猫がつがってます)、まずは2匹のレベルを上げるためギルとヴェストしか連れ歩いてません。
おかげで2匹ともプーよりムキムキです。
頼もしいわ。

普段は2匹ですが、集会浴場の通信プレイではオトモ一匹しか連れて行けないのです。
そんな・・・私にはヴェストとギルを離れ離れにすることができない。
イヤだと喚いてもゲームシステム上いたしかたありません。
ハンターがプーだから、ヴェストを連れて、ギルを留守番させるか。
弟が働いてる間、兄は自宅警備員とかあまりにもヘタ原作通りで泣けてきた。
ギルが不憫!
彼も国家を引退した身ではありますが、昔は軍国として栄えていたんだから、現状に一抹の寂しさを抱えているに違いないのです。
昔は庇護していたのに、今ではすっかりムキムキになった弟が「いってきます」と家を出る背中に、頼もしさと嬉しさとそして置いていかれるような寂しさを感じているに違いないのです。
ギルの気持ちを思うと涙が出てくる・・・(ノ◇≦。)
とてもじゃないけどギルを家に置いていけないよ!!
(モンハンの猫の話です)

『狩り;プー&ヴェスト、留守番;ギル』案が却下となると、『狩り;プー&ギル、留守番;ヴェスト』となるわけですが、今まで一緒にいることが当然だった兄さんを突然連れて行かれるヴェストの気持ちを考えるとこれも・・・あ、無理だ。
あの子、探しちゃうよ!兄さんを探し回っちゃうよ!
二度と彼から兄を奪ってはいけない。
2度も半身を奪われるような思いをヴェストにさせてはいけない。

兄弟は一緒にいるべきだよ・・・もう絶対離れちゃいけないんだよ・・・うぅっ・・・。
あ、なんか涙出そう・・・( ノД`)
(だからモンハンの猫の話です)

才蔵 「早くどっちか置いて集会浴場にこいや。」

鬼かァァァ!!!お前、鬼かァァァ!!
東西分断を経て、やっとの思いで再統一した兄弟を引き離す気か!
このベルリンの壁野郎め!!
才蔵クンの無慈悲な一言に愕然としながらも、いつまでも兄弟引き離せないとか言ってたら通信プレイできないことに気づきました。
そうだ、これモンハンだった。
やべ、感情移入しすぎた。

熟考の結果、狩りにはヴェストを連れて行くことにしました。
「ごめんね、ギル待っててね。一人楽しすギルから大丈夫だよね」と泣く泣くギルを置いて集会浴場に行ったはいいが、「ごめん、やっぱ無理ぃぃぃ!!!」と自宅に走り戻ってしまいました。
ごめんねぇー、離れ離れにしてごめんねぇー。
やっぱギルとヴェストは一緒にいてねぇー。

ということで、集会浴場用に新しい猫を雇用しました。
名前はルッツ!金髪碧眼(想像)のかわいい子です(人∀`)
よし、ルッツ!兄さんと戦場に出るぞ!
兄さんが護ってあげるからな!
お前は何もしなくていいから、後ろを離れるなよ!
オトモ、いらないんじゃね?って気がしてきた。

いそいそと集会浴場に行ったら、才蔵君から「遅ぇえ!!もうクエ募集貼って待ちくたびれた!!!」とツッコミが入りました。
だってお前・・・芋兄弟がさ・・・。
これでやっと通信プレイにGOだぜ!

すったもんだでウチの子になったルッツは、初めての狩りなのであまり働きませんでした。
スキルも覚えさせてないのでサポートもしてくれません。
ひたすら自分の顔を舐めています。
かわいーじゃねーか、コノヤロー。
兄さんの顔も舐めておくれ!(行き過ぎたブラコン)
モンスターに向かって行くのを見ては「危ないからモンスターの近くに行くんじゃない!」と咎め、サボって走り回っているを見ては「兄さんの後ろから離れるんじゃねぇ」と追いかけ、完全なる猫バカハンターとなっています。

新しい素材が手に入るたびにオトモ装備屋に足を運び、「ねぇ見て!この装備かわいくない!?!」「ねぇ、これこの子に似合うでしょ!」とキャッキャと才蔵君に話しかけていたんですが、「時間ないんだから家帰って一人でやれや」と冷徹な一言をいただきました。
ひぃぃぃこの人コワイ!

名前をつけるシステムって萌えるけど、オタクは感情移入がすぎるのでゲームに支障が出ることを報告します、キャプコン。

モンハン合宿に行って来ます!

本日より才蔵クンとモンハン合宿に行って来ます。
一泊二日の温泉合宿でMHP3初協力プレイ~(ノ´▽`)ノ

オトモ猫に名前を付けられるという萌え機能のせいで、ハンターというより猫ブリーダーに近い生活を送ってきましたが、最近やっとまともにクエに出かけるようになりました。
村クエ中心に進めて、現在★4に突入です。
あらかた好きなキャラの名前は付け終えたので猫雇用は一段落。
12匹も雇ったからね!(明らかにそんなにいらない)
どうすんの、これ。
ニャーニャーうるさいし農場に入りきらない・・・。

例の端材バグのおかげで、新しい猫を雇うたびに「一番いいのを頼む」と猫装備屋に駆け込んでます。
どんどんムキムキしていくヴェストにニヨニヨしてたら、いつのまにやら自分はオトモより防御が低かったです。しかも30も。
ちょっ!オトモより紙装備のハンターとか。
プー、不憫すぎる。
オトモに夢中になりすぎて、気付けば自分が「そんな装備で大丈夫か?」状態でした。
助けて、ルシフェル!!
猫を愛するあまりプー(ハンター)が疎かになってました。
自動マーキングが便利すぎていまだハンター一式だからな・・・。
レウスも出てきたし、そろそろプーにも耳栓のついた装備を買ってあげるか。

なんて思いつつも。
本当にヘタレハンターの私が言うのはおこがましいんですが。

下位クエってば簡単すぎますよね・・・!

なんというか歯ごたえが無い。
何度も3オチして、モンスターの動きを覚えて、持っていくアイテムを工夫して、何度もクエに挑戦してそれでもクリアできないようなギリギリの狩りがしたい!
(といいつつ、歯ごたえありすぎのG級ラージャンは投げ出した)
オトモ以下の防御力でもオトモと同等の攻撃力でもなんとかなっちゃうのが歯がゆいです。
いまだクエの失敗はなし、オチたのはカーリングのように滑ってきた兎に轢かれた時と、砂下から連続で突き上げくらった時の2回のみだしなぁ。
プー強い!さすが軍国!!なんて勘違いしそう。
まぁまだ下位なんで、あとでベソかきそうな予感もしますけど。
早く手ごわい敵が出てくるクエに出かけたいです。
ジンオウガに乱入されたときはチビりながら超逃げた私がいうのもなんですが。

とりあえずこの合宿でちょちょっとHR上げて手ごわいモンスターと戦えるようになって、泣きながら帰ってきますね!
余力があったらつぶやき更新します!
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。