スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂第470訓の感想

ありのままに昨日起こったことを話すぜ!
近所のスーパーでジャンプを買ったと思ったら薄い本だったんだ。
薄い本だったんだ!


先週の早売りジャンプが出たあたりから銀魂関連のフォロワーさんがアカギ畑並みにザワザワしてたんで、また空知何かやってくれたんだなと予想はしてました。
そしたら昨日日中に土銀友から「今すぐジャンプ見てええええ」みたいなメッセージ来るし、そんなこと言われても一応仕事中だし、まぁその日は暇で仕事してなかったんですが、常に座ってることに意義があると思ってるタイプなんで、仕事中にコンビニに立ち読みに走るのは我慢しました。
帰りに立ち読みしようと思って近所のスーパーに行ったら、雑誌コーナーすごい混んでる!
皆、ジャンプ立ち読みしとる!
皆、土銀仲間に見える!!!

坊主どもどきな!大きいお姉さんが立ち読みするよ!とグイグイいって何とか立ち読みしましたが、読み終わった後、こいつはヤベェってなってレジに行ってましたね。
これくださーいって言ってましたね。
そんな内容でした。


※以下ネタバレ激々しいのでコミックス派はご注意ください。


ちょっと疑問なんですが、副長ってリーダーなんですか?
リーダーを補佐するサブリーダーじゃないんですか?
副長ってのは、無茶無謀しがちなリーダーを冷静にサポートし、時に叱り、時に感化され、時に理性もぶっ飛ぶ、むしろファースト・オフィサーじゃないんですか?
そう思うのは、最近私の頭が宇宙に侵されているからでしょうか。
てゆーか、ゴリはどうしたんだろうと思う。ゴリが真選組のリーダーじゃないのかって思う。
いいけど!

神楽と新八に追いかけられる銀ちゃんと、山崎を追いかけていた土方、二人のリーダーが鉢合わせです。

道を譲らない二人がこのままチューでもするのかと思ったら違いました。
チューどころかドーンでした。
トラックに轢かれてた。

天国で二人は幸せになるとかそんな感じだと思ったらこれも違いました。
魂入れ替わってた。
な、なんだそれーーーーーΣ(゚д゚;)!?!

なんか銀ちゃんの瞳孔開いてると思ったんだよね!
なんか土方の目が死んでると思ってたんだよね!
なんか銀ちゃんキリッとしてるし、土方緩いと思ったんだよね!
そっか、入れ替わりかー(にっこり)。

学園・女装・女体ときて、映画で死にネタをやり、次来るのは新婚ネタか幼児ネタあたりかと思ってたら、入れ替わりネタがあったか・・・!!!
それ土方と銀ちゃんでやる?みたいな。
空知の神経を疑いたいですよ
あおってるのか・・・!!

大体なんだよ「おれがマヨラーであいつが甘党で」ってサブタイはよ。
ラノベですか!?
ラブコメディ?ラブコメディ気取りなの?
これから「俺の副長がこんなにかっこいいわけがない」とかに展開しちゃうの?
同人誌のタイトルでありそう!

二人がデートで良く使う(予想)定食屋で、入れ替わりが発覚したようです。
もっと早くに気づけよって感じですが。
服とか全然違うよね!
歩いた感じも違うよね!
触り心地は馴染みがあるけど、動かすには馴染みがない体だよね!!

銀ちゃんってば、土方に「警察が人の身体に不法侵入していいのかよコノヤロー」とか言ってますけど、身体に侵入されるのなんて割といつもじゃない??
完全に性的な意味でですけど。
不法侵入とかどころか、招待してる感じだと思うんですけど。
むしろ招待状送って連夜パーリィ・パーリィなぐらい土方を出入りさせてると思うんですけど。

入れ替わりは許せないらしいらしいです。気難しいです。

銀ちゃんが煙草を吸い、土方がアポロを食べる絵はなんだかシュールですね。
どっちかに先立たれた時にこれやりそうだ。
お互いの好きだったものを味わって「なんだよ、まじーじゃねーか」とか夕陽見て言いそうですよね。そんで「アイツとのキスの味がする・・・」とか泣きそうになりそうですよね。
ヤダヤダ、そういうの悲しくなるから止めてほしいです。
最初から全て想像だけど。

元に戻る確実な手段を見つけるまでは、お互いこの身体でやっていくことにしたようですが。

二人の置かれているシチュエーション的にはすごく萌えるんですが、土銀タカ派の私としてはお前らおかしなマネはしてくれるなよ!!!!って感じです。
例え中身は土方だろーが、銀ちゃんの姿で土方の身体につっこむとかダメ、絶対!!!
中身の問題じゃないから!!
ビジュアル的に私たぶん無理だから・・・!
タカはそういうの見せられると羽根と爪、抜け落ちるから!
切に願いましたが、ジャンプだから最初からそういう心配はいらないことに気が付いた。

お互いの身体はとっくに見慣れているとは思いますが、自分がその身体の持ち主となると変な気分ですよね。
イイところも知っているんだよ!イヤらしい!
土方(in銀ちゃんの身体)は、風呂で鏡に映った自分の姿をみて妙な気持ちでスベスベさすったりしてるうちに、自分が付けた跡を見つけたりして赤面するんですか?!
銀ちゃん(in土方の身体)は、屯所の土方の布団で寝って「こんなアイツの匂いが充満する布団で寝れっかよォォ!しかもこの身体で!」ってなって、ジッと手を見つめて「この手でいつも・・・」とか切なげに見てその手で・・・みたいな展開になっちゃったりするんでしょうか。
二人とも自制しろぉぉぉ!!!
どうかどうか二人にはプラトニックに過ごしいただきたいと思います。

でもキスまでなら許すよ!!!

新八&神楽に見つかった後、銀ちゃん(in土方の身体)が土方になりきるのに萌えました。
お前、土方よくわかってんじゃん!っていう。
タバコ吸うのも様になってんじゃん!っていう。
特徴よくとらえてるよね!
どんだけ見慣れてるの馴染みなのって気もしますが。

次はお互いの職場へ行きそうなので、二人のなりきり具合が楽しみです。
次週もジャンプを買うかどうか(そして感想を書くかどうか)は立ち読みしてから決めます!
スポンサーサイト

銀魂第437訓のプチ感想

※ネタバレ激々しいのでコミックス派は注意です!


空知やっちゃったねー。やっちゃったよー。
あー、もー、やっちゃった。

学園、女装(あと何かあったっけ?)に続き、まさかの女体化を公式でやっちゃったよ!!
同人誌かよ!!!とお約束のツッコミをすることしかできません。
なんという超展開でしょうか。
確実に『2013この銀魂がすごい』にノミネートされるであろう訓です。

劇場版の情報が公開され“完結編”というサブタイに皆がナイーヴになっている時、本誌がいきなりの女体化です。
温度差あり過ぎΣ(゚言゚;)
なんなの、これエールなの?
空知なりの応援メッセージのつもりでしょうか。
アニ銀終わるけど元気出せって言われたヨ!
でもごめん、私、女体化好きじゃない。

ところでこの銀ちゃんのコスプレした美しい女性は誰ですか。
公式にょた銀かわいすぎだろ!!!
完全に誰よりも美しいよ!!!

これがいつも鼻クソほじってる銀ちゃんだなんて・・・。
美しすぎて、誰状態でした。
死んだ魚の目はどうした?!?
時が時なら「美しすぎる万事屋」としてニュースを騒がせていたかもしれません。

男女逆転らしいので、どこかで土方も女になってるんでしょうか。
生粋の土銀派としては土方の女体化は見たくないんですけどね・・・。
新八の例もあるので、土方もなんとかマヨネーズがピンクになるぐらいで勘弁してほしいです。
そして女体化した銀ちゃんと偶然出会ってほしいです。
偶然じゃない、これは必然・・・!

【パターン1;まさか銀ちゃんとは思わずに恋に落ちる】
土方が気づいてないのを面白がって黙っている銀ちゃんと、理由もわからずにょた銀に惹かれていく土方。
銀ちゃんとは肉体関係のみだと思っている土方は、これでやっと万事屋との爛れた関係を清算できる!!とか浮かれて「アイツ以外には勃たないと思ったけど、俺、女でもちゃんとイケるじゃねぇか!」と思ったところで銀ちゃんのオチ!
こんなオチで笑えるのは土銀の仲間ぐらいだけどね!

【パターン2;銀ちゃんの悪ふざけ】
銀 「なんでお前は女になってねぇーんだよ」
土 「冗談じゃねェよ、なんでそんなことになるんだ」
銀 「そのうち治るだろ。それまで胸揉み放題だぞ」
土 「俺はそんなに飢えてねーよ」
ムキになっちゃった銀ちゃんがほれほれ胸を押し当ててくるので、思わず押し倒す土方。
土 「・・・・・・なんかやる気失せた」
銀 「はぁ!?!」
お前じゃないみたいで嫌なんだよ!と心で叫ぶ土方真性ホモ(ただし、対銀ちゃんに限る)のオチ!
みたいな展開はどこですかそこですか。
教えて青い鳥!!

幸せの青い鳥を追いかけ回してたらツイッタで出回ってた来週ジャンプのネタバレ映像を目にしてしまってこんな展開はないと知りました。
いや本当はバレ映像を見る前からこんな展開はないと知ってました。

トイレで自分の体を確認した銀ちゃんが「久しぶりに見た」って鼻血を吹いてますけど、最近はもっぱら棒と玉しか見てないというそういう意味でいいですね?

レッツパーリィする人とか伊達の人というまるで政宗ネタが出てきたのも、ヅカBASAでイラついている私たちへのエールだと思いました(作文)。

来週のジャンプも立ち読みしなきゃなぁ。

銀魂第398訓の感想-後編-

銀魂第398訓『二匹の鬼』の感想です。

後編も引き続きネタバレ注意ですぞ (`д´)ゞ

朧はやっぱ死んでなかったんですね。
仮にも天人だし、木刀刺さったぐらいじゃ死なないよね~。
あ、痛!ぐらいだよね~。
ピンピンしてネルフの面々に報告をしております。

 朧 「一橋派の存在を擁し中央に近づく存在、それこそが真なる敵」

真なる敵って誰かにゃー( ・◇・)?とのん気に構えてたら、高杉かよぉぉぉぉぉおおおお!!!
・・・え、高杉・・・えェェェ!?!
出てきちゃうの・・・もう・・・ゴクリ・・・(゚ぺ;)


前回の感想で

 >神威兄ちゃんと最強タッグを組んだ高杉を止めて高杉を護るのが先生の願いですよ、きっと。
 >先生との指切りを果たすべく、高杉との戦いが待っているんです。
 >だからまだ銀魂は終わらない。


って書いたばかりなんですけど。
なにこの終わりの始まりみたいな展開。
高杉のことは愛していますが、今の彼は原作終了を告げる使者、いやフェアリーにしか思えません。
せっかく来てくれてなんなんですけど、もう帰ってくれませんか・・・?
うちはNHK見てないんで。テレビ無いんで。
お母さんいないのでわかりませーん!
いゃァああ、銀魂終わりそう・・・orz

でも高杉が好きです。
地球におかえりぃぃぃいいい!!好きだーーー!!!
ヤツが自ら天道衆のコスプレして敵討ちにきたと思ったらニヤニヤするんですけど。

 高杉 「たとえ将軍だろうと天であろうと誰にもお前は裁かせねェ、お前を裁くのはこの俺だ」

カッコィィィイ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
笠を放り投げてから、刀を抜いて俯きながら仁王立ちの姿がなんだか切ないんですよね。
やっと先生の仇取れる・・・!ってフルフルしてるように見えます。
「先生によろしくな」に至ってはメッチャ楽しそうですけど。
良かったね、高杉・・・( ノД`)

朧曰く「真なる敵はその鬼ども、松陽の弟子達だ」とのことですが、松陽先生の弟子って高杉・銀ちゃん・ズラのほかに坂本も含まれるのかな~。
含まれてなかったら空気で終わりますよ、アイツ。攘夷志士だって忘れそう。
攘夷カルテット再びでお願いします!
アニ銀の嘘映画予告みたいに、最後は銀ちゃんと高杉の共闘が観れたらいいなぁ~。
萌えて咽び泣くわ。

のぶたすが奈落三羽だったとはビックリですね!
奈落三羽ってなんだか知らねーけど。
よくわかんねーけど。

朧の仲間的な何かなんですよね、きっと。

 信女 「異三郎はあの高杉の大法螺につき合うと言った、なら私もつき合うだけ」

・・・っ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
色々萌える。
のぶたすがサブちゃんを異三郎と呼ぶのにも萌えるし、異三郎が高杉につき合うなら自分も従うのみという絶対服従にも萌える!!!
サブちゃん&のぶたすカワイー(*≧∇≦)
この二人には何があったんでしょうか。
どういう過去があってこんな信頼関係を築くに至ったんでしょうか。
そこもやってほしいなぁ。

同じ松陽先生の弟子であるけども、銀ちゃんは護ろうとし、高杉は壊そうとする。
言いえて妙ですね。
のぶたす、意外に銀ちゃん&高杉のことわかってます。
的確すぎる・・・(゚口゚;)
この二人は想いは同じでも手段が違い過ぎてすれ違う感じですよね。
松陽先生を大事に思う気持ちは一緒なのに・・・切ない(ノ◇≦。)

とうとう銀ちゃんと高杉がすれ違いました!
ああぁぁぁ、一触即発・・・というか、銀ちゃん気づかないの?
あの派手な着物だったら高杉ってわかりそうなものだけども。
我、ここにあり!みたいな目立つ着物してるじゃない。
ほら笠もかぶってるよー、いつもの格好だよー、みたいな感じじゃないですか。

高杉からしたら「無視ぃぃーーー?!?!」って気分じゃないの、コレ。
いいですけどね。まだ何も起こらなくていいですけどね。
ゆっくりやってください、本当に。

この展開見た時、最終章ハジマッター銀魂終わる気だーーーΣ(゚д゚;)と愕然としましたが(そして土銀友うりこさんに突撃した)、これでとりあえずこの長編は終わりなのかな。
次回からまたいつもの日常が始まるのかな。
まだクライマックスじゃないかな。

銀ちゃんにも高杉にも幸せになってほしいです( ノД`)

銀魂第398訓の感想-前編-

銀魂第398訓『二匹の鬼』の感想です。

自宅警備(主にPC周辺を厳重に警戒)してる間にジャンプが出てました。
ちょっ、我、聞いてない。

5/7(月)発売じゃなかったのか。
いつから売ってたんだ。

昨日はオタ友の才蔵君と会ったんですが、「新しいジャンプが出てたヨ」というので「おめーそれ先週のジャンプだろ!」とツッコんだら本当に出てました。ごめん。
ちなみに帰ってきてから銀魂を読んで大変な衝撃を受けたので、土銀友のうりこさんに「ねぇ新しいジャンプ読んだ!?!」って連絡したら、「おめーそれ先週のジャンプだろ。北海道は発売日遅いから先週のと間違ってんだろ。」と言われたんですが。
アレ?これ道民として怒っていいですか(´▽`)

とにかくジャンプ感想です。
ネタバレですので、お気をつけて!

めでたく朧との戦いも終わったので、てっきり今週はジイと吉原のお婆ちゃんの再会をやると思ってました。
二人が何十年越しかの再会を果たしてホロリな展開かと思ってました。
全く出て来ませんでしたね、あの二人。
あれ?このシリーズって、あの年老いた二人のお話じゃなかったでしたっけ?
違いましたっけ?
別にそんなに興味ないんだけど。
二人で幸せに年金暮らしすればいいじゃないって感じなんですけど。
いいんだけど、やらないの?

最初に登場したのは入院中のサブちゃんです。
人の話を聞き流しながら無言で携帯いじってるって、今時の若者かっ!
モブキャラには冷たいですね、サブちゃん。
全く知らないモブキャラですが、彼の長すぎる説明のおかげで色々整理できました。
次の将軍は喜々様らしいです。
徳川家の最後の将軍・慶喜をもじってるんですよね、きっと。
銀魂の将軍家が終わるフラグかよ、オイ。
江戸時代が終わって銀魂も終わるフラグかよ、オイィィ・・・。


サブちゃんのお見舞いにフェアリー二人がやってきました。
なんというどす黒いフェアリー。
ゴリと土方のコンビってなんだか珍しいですね。

 サブちゃん 「たかが一介の浪人のために一国の主君が地位を捨てるまで心動かされるとは」

傾国の美姫って銀ちゃんのことだったのかよ(真顔)。
将ちゃんは銀ちゃんのためというより、どちらかというとジイのため、そしてそれを助けてくれた銀ちゃんのためという感じですが。

 サブちゃん 「たかが一本の腐れ縁のために忠誠も知らぬバラバラの山猿が剣をとろうとは」

ここは異論はない(真顔)。
忠誠も知らぬバラバラの山猿ってところはちょっと違和感感じますけどね。
どこよりも一本槍と思いますよ、真選組は(ただし鴨の件は除く)。
気に食わないけど、万事屋が逆賊のわけないという程度には信頼してると思います。
真選組は銀ちゃんだから動いたんでしょーね!
腐れ縁っていう響きもいいですね。
腐れ縁=離れようとしても離れられない関係ですから!(byYahoo!辞書)
色んな意味で腐ってるに違いありません(ギラリ)。

サブちゃんがのぶたすのことを“あの娘”っていうのイイですね。
あの人でもあの女でもなく、あの娘と書いて“あのこ”か。
お見舞いに来たくせに部屋の外にいるのぶたすも(ゴリ&土方を警戒してるのか??)、それをわかっているサブちゃんもいいですね~。
この二人カワイイ( ´艸`)
飽き性ののぶたすが銀ちゃんの影響でこの一件に固執というサブちゃんの観察眼には純粋に驚きですけどね。
いつのまにそんな影響受けてたのよ?
のぶたすの固執といえば沖田に対する固執しか思い浮かびません。
銀ちゃんにはそう興味なさそうですけど。
銀ちゃんのカリスマオーラ、パネェってことで。

長すぎるので後編に続きます(`д´)ゞ

銀魂第397訓の感想

銀魂第397訓『侍の国』の感想です。

あまりのシリアス展開にまるでツッコむ余地がないので、書くことがありません。
萌えもみつかりません。
時々朧は銀ちゃんと見分けが付かないよねーぐらいしか言うことありません。

先生との指切りパワーで、銀ちゃんが朧を圧倒しております。
紅桜編で白夜叉がコンニチワした時は少々イってる雰囲気がありましたが、今回は割と健全に白夜叉化してますよね。
銀ちゃんの中の白夜叉をコントロールできるようになったということでしょうか。
九尾みたいなもんなのか。

色んなところに菜箸が刺さっている銀ちゃんが痛々しいです。
そんなに傷つけたら土方が(以下略)

最後は菜箸のお礼と言わんばかりに、地面に刺さった木刀に朧を串刺しにしてやりました。
これで折れないなんて、ホントに木刀・洞爺湖は丈夫だなぁ。

串刺しの後、銀ちゃんが「約束・・・なんざ気安くするもんじゃ・・・ねェな・・・」なんて達成感漂わせております。
でもまだ先生との約束、やり遂げてなくね?
松陽先生の「みんなを護ってあげてくださいね」という言葉は、仇を取ってくださいという意味でも国を護ってくださいという意味でもなく、その時の仲間の高杉とかズラを護ってくれということじゃないんですか?
個人的に特に高杉を護ってあげてほしいです。狂気から。
神威兄ちゃんと最強タッグを組んだ高杉を止めて高杉を護るのが先生の願いですよ、きっと。
先生との指切りを果たすべく、高杉との戦いが待っているんです。
だからまだ銀魂は終わらない。

天導衆が定々を迎えに来ました。
連れて行かれて有耶無耶になるところですが、それを止めたのは将軍かよぉぉぉぉ!!!
いや、別に驚くところでもないですが。
叫びたかった。
将ちゃんはすごくいいこといいますね!
もっさりブリーフとは思えません。
でも皆が将ちゃんに刀と銃を剥けるところは恥ずかしかった。
とても芝居がかっていてなんか恥ずかしかった(/ω\)

将ちゃんは将軍やめるつもりみたいですけど、そしたら次は誰が将軍になるんだ?
そよちゃん?
え?まさか大政奉還ってヤツですか・・・?
銀魂世界の政治が気になります。

将ちゃんの「ここは侍の国にござる」という言葉が第1訓の新八の言葉と重なってクライマックス感が高まるんですけど。
ゴクリ・・・(゚ぺ;)

銀魂第396訓の感想

銀魂第396訓『心中立て』の感想です。

気が付けば やっぱり 感想止まってる(5・7・5)

旅行記も感想もプレイ記もみんな止まってんじゃねーか!っていう、ね。
GW満喫中のアオイです。
自宅は俺が守る!!
言ギルは俺が守る!!

最近の銀魂ときたら展開がシリアスすぎて、明るくツッコミづらいので困ります。
銀ちゃんの過去は辛すぎ・・・( ノД`)
萌え展開でもないので、あっさり行きます!

皆が心配そうに見守ってる中、屋根の上で銀ちゃんVS朧の最終決戦です。
クライマックス感高まりますので、皆そんなに見ないでください。やめてください。
確実に死んだと思われた銀ちゃんが硝煙の中から帰還して、万事屋メンバーが抱き着くとかやめてください。
大丈夫だから。銀ちゃんなら軽く済ますから。
みんな見つめないで自分のことに没頭していただきたいです。
でも土方は見てるだけじゃなくて駆けつけてあげてください。
銀ちゃんの隣はツッキーとのぶたすじゃ役不足です。

朧ろろろろ(なんかゲロ風に言いたくなった)を吹っ飛ばした銀ちゃんの静かな顔といったら。
本当に怒ってるっぽいですね・・・怖ひ・・・。
こんな時ですけど、銀ちゃんの着物、休みの時に土方が着てる着物と似てるよね。
彼服?とか思ってスイマセン。

朧の言葉がいちいち銀ちゃんをえぐりますね。
「どれだけ足掻こうとお前の侍達の元へは何も戻らぬ、国も仲間も松陽も」とか言わないであげてー(ノ◇≦。)
正論なのが切ないですね。
でも銀ちゃんは取り戻すために戦ってるんじゃないんだ!そういうんじゃないんだ!
取り戻せるとか思ってないけど、弔いとか大事にするタイプだと思います。

白夜叉モードに入った銀ちゃん、強いですねー。
一度受けただけで朧の経穴突きの技を盗めるとかチートじゃね?
白夜叉モードの銀ちゃんは写輪眼だって発動します。

自分を攻撃したとみせかけて朧自身に定々を磔にさせるなど、銀ちゃんのドS全開ですね。
磔にされた定々もやっちまった朧もまさにオボロロロロロです。

銀ちゃんVS朧の死闘はアクションすごいのでアニメで観たいなー。
と、半年分のアニ銀をまだ観ていない私が言ってみる。
いつか・・・いつか私が過去のアニ銀を消化した頃またアニメ化してくれますか・・・?

銀ちゃんに刺さっている毒針が菜箸にしか見えません。
太すぎる!
どこが針なの。
銀ちゃんの体にまた傷が付いてしまうじゃないですか!
「俺の知らねー間にまだ新しい傷作りやがって」とムッとした土方にまたお仕置きされちゃうじゃないですか!!

連行される松陽先生の面が初めて割れましたね!(犯罪者のように)
あれ?はじめて?初めてだっけ?
目はずっと隠れたままいくのかと思いました。
曇りなきピュアな眼です。

「みんなを護ってあげてくださいね」という最後の言葉が切ないー(ノ◇≦。)
指切りとかカワイイよ。すごくカワイイよ。
きっと今までも指切りとか交わしてたんでしょうね。
幼い銀ちゃんは「ヘッ!そんなもん!!」と斜に構えてたくせに、松陽先生が無理やり指を絡めてニッコリ笑うんでしょう?
銀ちゃんは頬赤らめたんでしょう?
これ以来、すっかりトラウマで指切りとかしてなさそうですよね。
神楽に「約束アルよ、銀ちゃん!指切り!」とか言われても「わぁーってるよ!!」と適当に答えてたんじゃないでしょうか。
この件が片付いたらやっと指切りできるようになるんですよ、きっと。
切ねぇーーー!!(妄想)

何か銀ちゃんの怒ることをやらかした土方に甘味を買ってくる約束をさせる時、ついに指切り解・禁!

 銀時 「おめー絶対だからな!次は甘いもん買ってこいよ!」
 土方 「わーったよ」
 銀時 「約束だ」
 土方 「しつけーな!忘れね・・・」
 銀時 (指を絡めて上目使いで)「約束、な」


小悪魔かぁぁぁーーーーΣ(゚言゚;)!!

銀ちゃんには幸せになってほしいです。

銀魂第395訓の感想

銀魂第395訓『極楽と地獄』の感想です。

リアルタイムで銀魂感想を書く奇跡・・・!
今週は(私的に)盛り上がりに欠ける展開だったので、簡単に書きたいと思います。

では以下、ネタバレ注意でっす。

将ちゃんが華々しく登場しました。
立派なおべべ着ちゃってまぁ・・・。
なんだか将軍みたいですよ。
定々曰く「真選組と見廻組の仲立ち、全警察組織の召集、そんなことができるのは私をおいてこの世に一人しかいない」ですから、高杉じゃ無理ですよね。全然無理ですよね。
激しく勘違いしてました。

それにしてもこんなに凛々しい将ちゃんを見るのは初めてですね!
「武器を捨てよ」と兵を一喝したり、新八達に頭を下げたり。
なんだか将軍みたいですよ。
いつもはあんなにいじられキャラで親しみの湧く将ちゃんですが、思わず人見知りしそうです。
(真面目な将軍に慣れてない)

爺(じいやって打ったら“自慰や”って変換されて驚愕)の事情もご存じなんですね。
家臣を気にかけられる偉い人で良かったです。

朧さんは天導衆の遣い・八咫烏・・・!
天導衆だ、と・・・Σ(゚言゚;)クワッ
一応驚いてみましたが、天導衆ってなんだっけ?
なんか聞いたことあるネ。
沖田の闇闘技場で出てきた天人だっけか・・・?
どんな設定だったか、昔過ぎて思い出せません。
きっとデンジャー。
天導衆は天人の名前ですが、八咫烏っていうのは朧の通称でしょうか。
八咫烏といえば、神話に出てくる三本足のカラスで天皇の道案内をしたとされているそうです。
案内役という意味での八咫烏なのかな。
それともサッカー日本代表のエンブレムにもなっているのでガンバレ日本!ガンバレ天導衆!的なノリなんでしょうか。
定ッケローニ監督の腕の見せ所です。

定々がどんどん本性をさらけ出していってます。
裏切られたの悔しいから逃げる前に鈴蘭を殺そうぜ!とかどんだけ器小さいんだ。
あんなにお顔は大きいのにね・・・。
時々朧が「マジで?」みたいな顔で定々を無言で眺めているのがウケます。
実は優しい子なんでしょうか。

吉原へ向かおうとした定々の舟が、いつのまにやらコスプレした銀ちゃん達に乗っ取られていました。
3人でコソコソと物陰で着替えたんでしょうか。
どこかに脱ぎたてホコホコな銀ちゃんの着物があるんでしょうか。
パンツは履き替えたんでしょうか?(どうでもいい)


銀ちゃん・のぶたす・月詠ちゃんのトリオは見慣れてないからなんだか違和感ありますね。
銀ちゃんが両手に花なのが気に入らないだけでしょうか。
私の醜い嫉妬でしょうか。
だって3人なら万事屋でいんじゃね?と思うんだもの!

月詠ちゃんは大変お怒りのご様子で、定々相手にダーツプレイです。
両手封じて最後に股間射抜くってポーズ的にはすごくエロいと思うんですが、定々相手ではまるで何も感じません。
心が石のようです。

銀ちゃんだったらすごくエロイのに!
最後の股間のアレは絵面的には命中してるように見えます。
ちろっとゴールデンボール、掠ってない?
もしそうだったらさすがに元気のない(股間年齢的な意味で)定々ももっと悶えそうだから違うか。

とうとう銀ちゃんと朧が対決ですね。
炎を背に立つ銀ちゃんがカコいい(人∀`)
定々&朧は上手いこと逃げちゃうかと思ったのに、決着付けちゃうんですね・・・。
過去には触れず、単に戦って終わって欲しい。
松陽先生の因縁に決着つけないで欲しい!!
全力で朧が逃げますように。

銀魂第394訓の感想-後編-

銀魂第394訓『呉越同舟』の感想です。

後編プチ放置すいません。
次のジャンプが出る前に書けてよかった( ´Д`)=3

引き続きネタバレ全開ですので、単行本派は注意です。

助けに来たサブちゃんにボソッと「・・・遅い」というのぶたすカワイイィィィ!!
横向いて拗ねてる風なのがまた・・・(*´∀`)
来るのはわかってる上で、タイミングを叱るというのは信頼の現れですね!

ごめんねと好物のドーナツを差し入れするサブちゃんもカワイイし、それを手首ごと食うのぶたすもカワイイ。
この二人すごくかわぃぃぃーーー(*≧∇≦)ノノ
今週はこの二人で「カワイイ」と言い尽くしてしまいそうです。
手首まで食いつかれながらも普通に話し続けてますけど、これがこの二人の日常なのか。
イイ・・・(人∀`)
「ウチののぶめがお世話になったようで」なんて挨拶をしているあたり、カップリングというより銀ちゃん&神楽みたいな親子愛を感じますよね。
実の弟を切り捨てる非情さのあるサブちゃんなのに、のぶたすのことは何故こんなにかわいがっているんでしょうか。
いいぞ、もっとやれ。
テツをかわいがるより絵になります。

舞い戻ったサブちゃんが「さるお方に頼まれましてね」というのを「さるお方=高杉」だと前向きな勘違いしていました。
バラガキ編でサブちゃん-高杉ラインがあるのは判明してますし、今回の敵は松陽先生の敵ですからね!
サブちゃんを使って銀ちゃんの手助けをしたに違いないとポジティブな深読みをしていました。
そうなると、朧を追いかけてやられちゃった銀ちゃんのピンチを救うのはもちろん高杉ですね、わかります。

 高杉「アイツは俺にやらせろ、銀時ぃ」
 銀時「高杉お前・・・!」
 高杉「ぶっ壊す・・・この国も、先生の仇も・・・!」
 銀時「勝手に決めてんじゃねーよ。アイツは俺の相手だ」
 高杉&銀時 「うぉぉおおーー!」


※アニメではここで曇天がかかります

二人で腐った国をぶっ壊した後、高杉は知らない間に消えています。
そして高杉が去って行ったであろう空を見上げる銀ちゃんの隣にはいつの間にか土方が。

 土方 「好き勝手やっちまって・・・どーすんだ、これから」
 銀時 「むずかしーことはお前らに任せるぜ。俺はただのかぶき町の便利屋だからな」


背を向ける銀ちゃんに、フッと笑う土方。
明日からはまたいつものかぶき町の日々が始まるのです。

-銀魂・完-
ご愛読ありがとうございました。
空知先生の次回作にご期待ください!

イヤァァァーーーΣ(゚д゚;)!!!
まさに最終回への序章。
ど、どうすんの。銀魂終わるよ。終わるよ。
わなわなしてページを捲りましたが、最後に将軍かよぉぉぉぉぉおおお!!!ってリアルに叫びましたね。
「さるお方=将軍」でした。てへぺろ。

銀ちゃんがさぶちゃんに撃たれてしまいました。
と思ったら、活醒の経絡という訳のわからない合法ドラッグでした。
すごく血が出てたけどいいのかしら。
すごく血が出てたけどありがとう。

銀ちゃんが本当に撃たれたと月詠ちゃんも勘違いしたほどです。
月詠ちゃん、最初は嫌いじゃなかったんだけど、銀ちゃんがお姫様抱っこして俺の女に手を出すな的なことを言い出したあたりから、モヤッと不快です。
銀ちゃんの太ももに手を置いているのが許せん!!!!
そこら辺は絶対土方領域なので、触らないでもらいたいです。マジで。

サブちゃんの頭を踏み越えて「いや・・・安い首さ」と疲れた感じで笑う銀ちゃんが素敵です(人∀`)
血だらけ具合がタラリ血愛好家にはたまりません。
銀ちゃん、こういうの似合うね。
サブちゃんも思わずガン見です。
ガン見すぎて怖い。耳がキーンとする。
凡人なのにこいつは何だろうと不思議に思ってそうですね。

定々&朧を追いかけようとする銀ちゃんを、月詠ちゃんが待ちかまえてました。

 月詠「その身体では無理と言ってもゆくのじゃろう、ならばわっちもいく」

お前は留守番してろぉぉぉ!!!!
いつの間にヒロインが交代したのかわかりませんが、紅桜編の時のお妙は大人しく待ってるっていってましたよ。つつましい。
月詠ちゃんは、背中を見送るタイプではなく背中合わせに戦うタイプということか。
いらないから。そういうの土方で間に合ってるから。
のぶたすも来るのは意外でしたね。
両手に花やん。
ここは新八&神楽じゃねーのか万事屋どーしたとも思うんですが。

全軍をもって国賊を叩き潰すという定々に大砲ぶちかましたのは完全に高杉だと思ってました(まだ諦めてない)。
100歩譲って坂本だと思ってたのに。
松平公かよぉぉぉーーー!
最後まで諦めないで妄想していこうかと思います。

〆は満を持して将軍が登場ですね!
「さるお方」ってお前かよ、もう。紛らわしいな・・・。
今回はかわいそうな目にあわずに済むんでしょうか。

銀ちゃんが向ってますが、朧は上手いこと逃げちゃって決着は持ち越されそうな気がしますね。
むしろそうしてほしい。
だって決着ついたら、松陽先生のことも決着ついて銀魂終わりそうじゃないですか!
朧には全力で逃げてほしいと思います。
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。