スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーホー台湾旅行記その10

GWに非オタのお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。
約半年ぶりの更新・・・!あばばばば・・・(((( ;゚Д゚)))

以前、会社の女性グループで温泉に行った時、帰ってきてから写真とできごとをまとめた【旅の思い出アルバム】を作ってメンバーに配ったんですよ。
それが大変好評だったらしく、今回の台湾旅行も【旅の思い出のアルバム】を作ってくれーと頼まれました。
ブログで旅行記書くつもりだし、それを元にすればすぐできんだろーと気軽にOKしたんですけど、最近「そういえば台湾旅行のしおりまだ?」と詰問口調で聞かれる次第です。
そんなに急かすなよ!
・・・と言えないほど月日が流れてしまいました・・・。
今思えば、しおり作って製本って若干オタク臭い行動だったような気がしますが気のせい?
オタクと一般人の行動境界線がわからない・・・(そこがオタク)
一般人もこれぐらいする?するよね?すると言って!

前回どこまで書いたか確かめようと思ったら、かなり昔まで遡らなくてはいけなくてビックリ。
最後に書いたものをやっとみつけたら8月でビックリ。
記事を読んだら全然内容が進んでいなくてまたビックリ
全くビックリし通しです。

完璧なまでに忘れている前回までの旅行記はこちら!
(かなり遡らないと台湾旅行に行き当たりません・・・)
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-15.html

◇免税していただきます

迪化街を駆け抜けた後は、街中にある大きめの免税店に行きました。
全く興味ないんですけど、ツアーでは必ず組み込まれてるんですよね、免税店・・・(-д-;)
仕方ないので店内をぐるっと回ってみました。
レスポの旅行バックが欲しかったけど、別に大して安くない。
楽天で買うわ。

友達Bは、日本で買うと超高いらしい美容液を買っていました。
商品名は日本語に訳すると「もっと若く!永遠に!」
不老不死の薬かよ。
どんだけ老いたくないんだ、この魔女め。
そして化粧品にそんなにお金を掛けられるのが信じられない。
一体薄い本が何冊買えるんだ・・・(この考えがオタク)。

そうこうしてると、友達Aがレジのところで私を呼ぶので行ってみたら「お金貸して」と言われた。
もう無いの?!?観光一日目で早くね!?!
そんなに私も持ち合わせがないので、いくら?と聞いたら日本円で300円でした。
やるよ、そのぐらい・・・。
付き添いでツッコミ疲れたアオイです。

◇お茶をたしなみます

次に連れて行かれたのは台湾茶のお店です。
お茶
お店の人が流暢過ぎる日本語で説明しながら、色んなお茶を飲ませてくれます。
熱心にありがとうございます。
でも買いません、高いから。
100円ショップのジャスミンティー(30袋入り)で十分です。
お茶請けに出されたパインケーキを食べ過ぎて喉を詰まらせたり、カボチャの種をハムスターのようにバリボリ食べながら時を過ごしました(嫌な客)。

◇夕飯をいただきます

夕食は、お茶をいただいたのと同じ建物の違う階で、台湾石鍋をいただきました。
魔女の釜のごとくデカイ石鍋に、肉やら野菜やらカマボコやら、ごちゃまぜになって入っております。
パッと見あんまり美味しそうじゃないぞ。
なべ
石鍋って台湾の名物なんでしょうか?全然知らなかった・・・(-д-;)
よく覚えてないんですけど(嘘です、全然覚えてません)、味は普通に美味しかった気がします。
トマトが入ってるのが珍しいね。

私達のテーブルについてくれたお店の女性が大変がさつな人で、汁をビンビン跳ね飛ばしながら小皿によそってくれたのが印象的です。
もっと綺麗によそってはくれぬか?

鍋の最後は雑炊だったんですが、ご飯と一緒に不思議な物体を投入。
形はおでんの大根のように丸く、色はロウソクのようで、表面に紫の斑点が見えます。
外側には小さな突起がブツブツ生えているΣ(゚д゚;)
なんですか、それは。ウィルス?
中央にタロイモ
ガイドさんに聞いたところ、タロイモというイモでした。
見た目、かなりグロテスク・・・。
でもサトイモのようにねっとりしていて美味しかったです(人∀`)

ガイドさんといえば、私達のテーブルについてくれた(がさつな)店の女性が気に入ったらしく、台湾語でやたら話しかけていました。
私は全然わからなかったんですが、台湾語がわかる友達B曰く「あんた綺麗だよ・・・ホントに綺麗だ・・・」と言っていたらしい。
ちょっ!アンタ、仕事中に何してんのォォォ!
ラブは余所でやれよヾ(*`Д´*)ノ"

おなか一杯になったところで、次回(いつだろう)は夜の観光編です!
スポンサーサイト

リーホー台湾旅行記その9

GWに非オタのお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。

今回は美味しい小龍包を食べた後に向かった『台湾民主紀念館』からです!

◇なんとなく・・・聞いたことアルヨ!

台湾民主紀念館は故蒋介石総統を偲ぶために建てられた純中国式巨大建築だそうです。
蒋介石・・・なんか聞いたことアル(ぼんやり)
何をした人かと言われると貝の様に黙るしかありませんが、名前は聞いたことあるって!(必死)

大きいね

見上げるほど大きい建物の中は博物館になっており、蒋介石が実際に使った車、軍服など色々な資料が展示されています。
どれも歴史の知識がある方ならものすごく貴重なんだろうけど・・・。
オタクの知識しかない腐女子でスイマセン。

有名人二人

蒋介石さんとマッカサーさんは、さすがになんとなくわかる二人!
なんとなくね!
博物館の中に、蒋介石さんが使っていた書斎が再現されていました。

お仕事中の彼

だっ・誰かいるぅぅ!!!
と思ったら、蒋介石さんの蝋人形です。
リアル過ぎてビックリしました。
普通に座らせとかないで。
エレベーターで最上階に行くと、デカい蒋介石さんが座っている像がありました。

台湾警戒中

ここから台北市内を見守っているらしい。
ご苦労様です!


◇総統府・・・?

次の観光地へ向かう前に、総統府を車窓から見学しました。
総統府はルネサンス様式の建物で、中央に高い塔があってキレイなシルエットをしています。
らしいね。

【実際の様子】
ガイド「今バスの外に見えるのが総統府になります」

え?どれ!?!
あっち?そっち?
え?カメラ、カメラ!!!

ブロォォォォーーーー!!!(遥か遠く点となる総統府)

あ・・・。
もう、いい。
車窓観光って無い様なものですよね。
総統府を微塵も捉えられませんでした。
代わりに路上で売っていたドリアンの叩き売りを写真に収めてみました。

ドリアンオンリー!?!

なぜドリアン専売。
臭いよ・・・。


◇商店街を駆け抜ける!

お次に向かったのは『迪化街』、古い商店が集まる乾物・漢方薬街です。
古いというか、日本の田舎の商店街のようです。
周りには同じような漢方屋さんがズラーッと立ち並んでいます。

ただの街のような

カラスミが干し芋のように無造作に置かれていました。
安かったから買うけどさ。普通に高いんだもの。
日本語で値札が付いてるあたり、もろ観光客狙いですね。
狙われてたまるか!
あと肉片とか、木の実とか、どうみても毛にしか見えないものが瓶に入って売られています。
そんなものに混じって、北海道の日高昆布が売られていた。
まぁ、こんなところでお会いするなんて。

ここはただ我武者羅に走り抜けただけです。
なんだったんだ・・・。

リーホー台湾旅行記その8

GWに非オタのお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。
失った時を取り戻そうと必死に日付改竄中。
過去は取り戻せる!

忠烈祠にてエージェントとの戦いを終えた後は、いよいよお楽しみのお昼をいただきます!
台湾といえば、飲茶!飲茶といえば小龍包!
私達のツアーで行くお店は、台北の数ある飲茶店の中でも観光客が必ず訪れるという超有名店『鼎泰豐(ディンタイフォン)』です!
ニューヨークタイムス紙で「世界の10大レストラン」に選ばれたらしいですよ。
よくわからないけど、きっと北海道新聞のグルメ欄に載るよりスゴイはず!
一体どんだけ美味いってんだ!

◇小龍包が足りませんポウ

やってきたのは鼎泰豐の本店です。
看板

ちょうど昼時だったので、既に店の周りには長蛇の列?だか、ただの通行人だか観光客だかわからない人でごった返しています。
ちょっ!どきなさいよ!邪魔よ!
スタッフ!コミケのスタッフはいませんかー!列整理お願いしまーす!
人ごみをかいくぐって入店し、同じツアーのジジ&ババ4人と一緒のテーブルに付きました。

厨房がガラス張りになっていて、テーブルからも小龍包を包んでいる様子(そればっかじゃないけど)が見えます。
厨房
ダンボールとか詰めないでね。
しっかり包め!包めぇ!

いろいろ前菜がありまして、その後に運ばれてきたのがお待ちかねの小龍包です。
セイロで熱々!
小龍包
おおぉ。
なんか見るからに居酒屋で食べる小龍包とは違います(違わなきゃ困る)。
皮がすっごく薄くて、中のスープとか肉が透けて見えます。
シースルー小龍包や。

お箸で上の部分をつまんで持ち上げると、汁と肉の重さで皮がみょーんと下に伸びます。
水風船小龍包や。
酢醤油をつけて、生姜をいっぱい乗せていただきます!
アップ
レンゲの上で皮を破ると、肉汁がドバーっと飛び出してきます。
脂っこいけど、クドくなくてすごく美味しい!!!
今まで居酒屋で食べてきた小龍包とは全然違いますね。
いくらでもイケそう。

セイロの全ての小龍包を食べ尽くしたい気持ちでいっぱいですが、一人5個までと数が決められています。
チッ!!
しかし私達のテーブルに運ばれてきたセイロはどう考えても人数分に足りません。
ちょっ!小龍包足りないんだけどぉ!!!
後で持って来てくれるのかと思いきや、次々と違う料理が運ばれてくるばかりで、小龍包が来る気配がありません。

ウェイターをつかまえて「ヘイ!ショウロンポー、足リナイ!マイナス!」と必死の日本語で訴えますが、全然通じてないっぽい。
ただ必死さは伝わったらしく、日本語のわかるウェイトレスを連れて来てくれました。
今度は通じたっぽいですが、一向に運ばれてくる気配がありません。
ちょっとぉぉ!!小龍包足りないってば!!!(必死)

ちょうどツアーガイドのおっちゃんがやってきたので、小龍包が人数分来ない旨を伝えると、なにやら鼎泰豐ウェイトレスのちょっと太めのお姉さんをテーブルに連れてやってきました。
なんだ?謝ってくれるのか?

ガイド 「この子、僕の彼女です!」
ど・どうでもいいよ(怒)!!!!

ガイド 「僕、太めの子、好きなの」
だからどうでもいいって(怒)!!!!

ガイド 「別れた奥さんが痩せ気味だったからね。ワハハ!」
いい加減にして(怒)!!!!

だから一体なんなんだとブチギレそうになったら、僕の彼女に言ったから大丈夫だよと言いたかったらしい。
伝わりにくいわい!!!

私の剣幕を哀れに思ったのか、一緒のテーブルのおばあちゃんが「私の分を食べていいから。ね?」と孫を諭すように自分の分を勧めてくれました。
あ・スイマセン、いただきます!
でも足りない分もいただきます。
早く持ってこいヤァァ!!!
ガイドさんの彼女のおかげか私の剣幕のおかげか、やっと足りない分の小龍包がやってきました。
ホッ!

料理は他に、エビシュウマイや蒸し餃子などセイロものがたくさん、チャーハン、酸辣湯が出ました。
カニシュウマイが夢のようにおいしかったなぁ(遠い目)。
でもやはり小龍包が一番です!
鼎泰豐は日本にもいくつか支店があるんですよね。
北海道にはないけど。
コミケの帰りなどに是非とも行って見たい。

追伸ですが、ここのトイレはとてもキレイでした!
台湾でシャワートイレだったのはここだけです。
台湾でのウンコは是非ともここでしたい。(しなかったけど!)

次回は午後の観光編です。

リーホー台湾旅行記その7

GWに非オタのお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。

先日ブログ仲間に回したバトンの中で、私の印象が“いつも旅行に行っている”となっておりましたが、そういうわけじゃありません。
いつも旅行記を書いているだけです。
恐ろしく無駄なことまで書き、恐ろしく遅筆なだけです。

反省(猿)。

◇アオイとエージェントの戦い

南門市場の後は、戦争などで犠牲になった将兵が祀られている霊廟・忠烈祠に向かいました。
正面入口

正面門の両脇に霊廟を守る衛兵が立っているんですが、その衛兵が1時間ごとに交代する『衛兵交代式』がとても有名で、台北ツアーには必ずといっていいほど含まれています。

こんな風に立ってます

交代式がどういうものかあまりよく知らなかった私は「兵の交代なんかみて何が面白いんだ、ヘッ!」ぐらいの勢いで斜に構えていたんですが、すんごく面白かったです(興奮)。
今回の台湾旅行の中で一番楽しんだ。

この衛兵さんというのは、門の脇に1時間交代でひたすら立っているだけなんですが、軍のエリートなんだそうです。
忠烈祠を護る衛兵になるというのは最高の栄誉で、成績優秀はもちろん、良家のご子息だったり、背や顔も関係あるとか・・・。
でも立ってるだけなのに。
エリート使うの勿体無くね???

とにかく衛兵さん達のマネキンっぷりがすごいです。
どれだけ人が群がっていようが、正面に回りこんで写真を撮られようが微動だにせず。
蝋人形の館に並んでいても違和感がありません。
ハックショーン!とかやったりしないんだろうかね。
チンとか痒くなったらどうするんだろ。

そんなことを考えている間に、いよいよ衛兵さん交代の時間がやってきました!
衛兵さんの進行方向上に人だかりができたと思ったら、どこからともなく黒スーツを着込んだエージェントが数人現れます。
SPの如く、衛兵さんの廻りを警護し、群がる観光客を下がらせます。
少しでも通路上にハミ出そうものなら「エクスキューズミー!!」と腕を掴まれます(経験者)。

エージェントの手が
↑私を邪険に避けようとするエージェントの手が映っております。

当然ですが、このエージェントたちは衛兵を守るように立っているので、写真撮る時すっごい邪魔。
立ちはだかるエージェント
ど・い・て・く・れ!

仕方ないので、衛兵さんの進行方向上に先回りして写真を撮っていると、すぐにエージェントが飛んで来て「エクスキューズミー!」と腕を掴まれます。
もう離してよ!あんたこそエクスキューズミー(=失礼)だよ!
エージェントと攻防を繰り広げる私を、「何回怒られれば気が済むの」と呆れ顔で見守る友人達。
だって諦めたらそこで試合終了でしょーが!

そんな攻防を繰り広げながら観た交代式です。
衛兵さん達は毎日寸分違わず同じ場所を通るので、そこだけ通路が茶色く変色してるんですよ!
銃剣くるくる
すげぇ。
途中、銃剣をクルクル回したり、放り投げて交換したり、一切表情も動かさずアクロバティックなことをやってくれます。
ヤダ、かっこいい・・・。
動きがキビキビしてて、敬礼とか、足踏みとか、いちいちカッコイイです。
こんな動き、エリートしかできんわ。

惚れ惚れしてガン見する中、無事に衛兵さんは交代いたしました。
交代!

新しい衛兵さんが正面入口の台に乗り、また前を向いてマネキン化。
そんな衛兵の額に光る汗をエージェントがハンカチで拭いていました・・・!
汗すら自分で拭けないのか。
驚愕です。

これにて私とエージェントの長い攻防戦も終了。
あー、おもしろかった!
衛兵さん、毎日頑張ってくださいね!

次回は美味しい小龍包を食べます!

リーホー台湾旅行記その6

GWに非オタのお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。
旅行記っていうか、正しくは旅行記っぽいものと言ったほうがいいかもしれません。
最近記憶が危うくなってきた・・・。

今回は観光1日目の午前中、有名なお寺・龍山寺を後にしたところからです。

◇市民の恐ろしい台所

次は台北市民の台所・南門市場にやってまいりました。

市場入口
買物に来たというより、市場の中を駆け抜けて来ただけです。
へー、こんなものが売ってるんだねーっていう。
日本に置き換えると、近所のスーパーがツアーコースに組まれていて、いきなり観光客団体が入ってきたと思ったら買いもせずに物珍しげに眺めて駆け抜けてったということです。
ホントに日本人観光客って傍若無人だよね!(自分含む)

市場の入口で臭豆腐が売っていました。
マジ臭い
臭豆腐とは豆腐を発酵した何かに漬け込んだ料理です。
台湾の名物(?)料理らしいんですが、読んで字の如く臭いです。
とにかく臭いです。はんぱない。
そりゃ納豆も外国人からしたら臭いんだろうけど、そういうのとはまた違う感じの臭さです。
食べ物ではない臭さ。
足の匂いというか、靴の匂いというか雑巾の匂いというか。
あれは食べ物の匂いではなく兵器の匂いです。食物兵器。
だって「臭」って料理名に付く漢字じゃなくね?

旅の途中、何度か売られているのに遭遇したんですが、姿が見えずとも必ず「あ・臭豆腐売られてる」と遠くからでもすぐわかります。
この匂い・・・ヤツが近くにいる・・・!
食べたら美味しいのかもしれないけど、鼻がもげるのが先か飲み込むのが先かという戦いになると思います。
この異国の地でそんなデッドヒートを繰り広げる必要が全く無いので、結局1度も口にしませんでした。

そんな臭豆腐ですが、友達B曰く「うちのお父さんの口の匂いに似てる」
マジで!?!お父さんのお口、こんなに臭いの!?!
お父さん、何かの病気だよ!もしくは兵器だよ。

地元の人に失礼かと思いつつも、ハンカチで鼻を押さえてやっと売り場の前を通過いたしました。

中に入ると、野菜・魚・肉等の店がズラーッと並んでおります。
市場の様子
あまり日本の市場と変わりないねーと思ったのもつかの間、黒光りをした巨大蛙が瓶詰めで売られていました(in魚屋)。
これ・・・食べるの・・・?
こんな大きな蛙、NARUTOの中でしか見たこと無い。

野菜は特に日本と変わりはなかったんですが、どうやら肉屋は生物だった頃の名残を残して売るものと決まりがあるようです。
色白です
色白な豚の足や、いかにも新鮮もぎたて!みたいに血の付着した何かの足、もちろん鳥も生前の姿を残したまま売られております。
おどろおどろしいわ!

肉には手を出せないので、珍しい果物を買ってホテルで食べようと物色いたしました。
果物
果物も色々なものが置いてあります。
ゴツゴツしたピーマンっぽい形のものは日本でみたことがないので、どう食べるのか店員に聞くと、あっさり「飾りだから食べられないよ」と言われました。
じゃあリンゴとかブドウと並べて置かないでよ!
危うくシャクシャクホテルで食べるところだよ!
なんで飾りを果物屋で売ってるんでしょうね。
しかも飾るほどいい形でもないんですけど。

次もまだまだ午前中。
台湾で私が一番興奮したスポットに行きます。

リーホー台湾旅行記その5

GWに私がオタクだと知らないお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。

今年前半は2月の東京に始まり、3月に名古屋、5月に台湾と、全く飛び回りすぎました。
後半は引きこもって過ごそうと考えていた私ですが、今度は九州に行きたくて仕方ない。

あいつの九州日記
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/k/doala/index.html

オタクはご当地に行きたがる生き物。

◇朝食をいただきます

2日目の朝、起床した私達は朝食を食べにホテルのレストランに向かいました。
エレベーターを降りると、そこはレストランというわりに壁も囲いも無い広場でした。
しかも傍らには客室が並んでいる・・・。
この階の人は部屋のドア開けたら、みんな目の前で朝食食ってるんですよ。
ドア開けたらそこはバイキング会場ですよ。
この階の部屋じゃなくてよかった。
ちょっとしたカルチャーショックを受けながらも、朝食バイキングをいただきました。

朝食

色々なものがあったんですが、ナゲット、シナチク、明太子入りのチクワ、卵豆腐、肉マン、スターフルーツというコンセプトがわからない感じのチョイスにしてみました。
ホカホカ蒸し立てで美味しそうだった肉マンに関しては何も具が入ってなかったというオチ付きでした。
肉マンじゃないじゃん。マンじゃん。
あと不思議だったのは写真左上のナゲットの上のほうに見える肉の毛です。
これはのちに市場に行った時もいっぱい売っていたんですが、乾燥した肉を細か~~~く刻んでにしてあります。
って、なんで毛にするんだよ。
喉に張り付くよ。
たしか中国とタイに行った時もこういうのあった気がします。
アジアでは一般的なんですかね、マンと肉毛は。

お腹がいっぱいになった後はバスに乗り込んで、いよいよ観光に向かいます。


◇スクーターあふれる街・台北

バスの中から台北市を見てたんですが、スクーターの数が異常に多い。
道路を走るスクーターの数は、自動車と同じぐらいなんじゃないでしょうか。
スクーターが一斉に同じ方向に走っていく様は、光に向かっていく羽虫のようです。
気持ち悪いほどいっぱい。
走ってる数も多いんですが、路上に停められているスクーターの数も相当なものです。

スクーター

ここ、駐輪場じゃないんですよ。普通の歩道なんですよ。
大きい通りはみんなこんな感じ。
走ってるスクーターと停まっているスクーター合わせたら、台北市の人口より多い気がするんだけど。
気のせい?
しかもなんでバイクじゃなくてスクーターなんだろう。みんな同じようなデザインだし。
そしてなんで路駐だというのにきちんと整頓して停めるの・・・?
礼儀正しいのかそうじゃないのかわからん。


◇龍山寺に行きました

龍山寺

まずは台北市内にあるお寺・龍山寺に行きました。
台北市最古で歴史あるお寺らしく、朝早いにも関わらずたくさんの参拝客がいました。
そこに旗を掲げて入場し、写真を撮りまくる日本人ツアー客(自分を含む)。
なんつぅか、地元の人にしてみれば信仰の場を見世物にされてる感じですよね。
どうもスイマセン。

龍山寺はいくつかの建物に分かれていて大きかったんですが、中には入らず走り抜けただけなのでそう感想がありません。
日本の寺にはない色使いがされてて綺麗だなーという程度です。

もうあんまり覚えてないというのも大きな原因の一つです。

旅行記として危うくなってきたので、パッパと終わらせたい所存であります。

リーホー台湾旅行記その4

GWに一般人のお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。
既にチンタラ観が漂う旅行記ですが、ザッと書きたいことをまとめてみたらあと14回ぐらいはかかりそうです。
永遠に終わらない気がしてきました。
書き終わる前にまた次の旅行に行くに違いない。
ネバーエンディング!
少しサクサク進めたいと思います(当ブログ比)。

◇夜の街へ繰り出します

ホテルの部屋に荷物を投げ込んだ私達はコンビニへ繰り出すことにいたしました。
既にホテルの1階に小さいセブンイレブンがあるのは確認しましたが、せっかくなので、少しホテルの周囲を散策してみることに。
時間は夜11時近かったんですが、台湾の夜は全然危険な感じがしない!
夜だというのに、人がいっぱいいるし、道も煌々と明るいです。
すごく治安のいい街って感じがします。

テクテク歩いていると、ファミマを発見したのでそこでお買い物しました。
小さいコンビニだったので、大したものを置いてなかったのが残念です。
商品には日本製のものもいっぱいありました。
景色が日本のコンビニと一緒だよ・・・。珍しさが全く無い。
違うんだよ、もっと地元っぽいものが欲しいのに!

多少ガッカリしてホテルに帰ると、ドアボーイが話しかけてきました。

ドアマン 「お帰りなさーい。いっぱい買いましたかー?」(日本語)
私  達 「あんまりいいものなかったよ」(日本語)
ドアマン 「何が欲しいんですカー?」(日本語)
私  達 「もっと地元っぽいお菓子とか果物とか。スーパーに行きたかった。」(日本語)
ドアマン 「スーパーありまーす!紙ありますカ?」(日本語)
私  達 「ないです」(日本語)
ドアマン 「じゃーこれ見てくだサーイ」(日本語)

おもむろに自分の手に地図を書き始めるドアボーイ。
どうやらスーパーまでの道順を書いてくれている模様。
なんていい人なんだ!!親切だ!
てか会話全部日本語だったよ。
まるで海外にいる気がしねぇ。

部屋に戻らず、そのまま教えてもらったスーパーに向かいました。
10分ほど歩いて24時間営業のスーパーに到着!
大きくて、一通り何でも揃ってます。
キャッキャと買い物しまくりました。やはりスーパーはいい!

日本と変わらない品物があったり(値段も一緒ぐらい)、台湾製でも日本語が書かれていたり、とかなり親日な雰囲気です。
でもね・・・どこか日本語可笑しい。
パッケージに印刷するからにはそれなりに日本語の知識がある人が監修してたりすると思うんですが、とにかくなんか可笑しい。
思わず噴き出した物をピックアップしてみました。

スナック

『油分ひがえめ』
なぜいきなり青森弁!?!

ホットケーキ?

『おいしさ アツつ』
アツつ??アップのことだろうか・・・?
『天然こくもの』
コクモツって読むんだよ。
そして海苔味な時点でホットケーキではない。

何を言っているんだ?

『お楽しいみださい』
これは惜しいよ。
『すくどもる もの語る』
これは何を言いたいのかわからない。

焙煎・・・?

『すみべる焙煎』
もはやどう焙煎したのかもわからない。

素っ頓狂な日本語に噴き出しながらも、お茶・お菓子・飲み物・インスタント食品・果物などごっそり買いあさりました。
お土産も安く購入!免税店の10分の1ぐらいの値段です。
やはり海外に来たらスーパーだね!
大満足した私達は、戦利品を両手にかかえ、えっちらおっちらホテルに帰りました。
ホテルでは日本ではあまり見ない果物を冷やして食べましたよ。

なんだかモモっていうらしい

まだ早かったのか青臭かった。
タイで食べたときはすんごく美味しかったのになー。

次回はいよいよ観光編!

リーホー台湾旅行記その3

最近日付の感覚がめっきりなくて、今日が何日だか何曜日だかわかりません。
こないだ日曜日だったのに今日はもう水曜でビックリした。
え?もう水曜?
ロロにギアスでもかけられているんだろうか・・・マジで。

日付の感覚はなくてもジャンプの発売日は忘れたことがないオタクです。
たぶん体内に腹時計ならぬJ時計がある模様。
時々時計が狂って合併号で発売されてなくても月曜日に買いに行っちゃったりします。

まぁ全然台湾と関係ないんですけど。
光陰矢のごとしということを言いたかった(わかりづれえ!)。

では以下、GWに一般人のお友達A&Bと行って来た台湾の旅行記です。

◇空港からホテルに向かいます

無事に台北空港に降り立った私達。
現地のガイドさんとおち合うのはゲートを出てからですが、その前にまず両替をすることにいたしました。
ホテルに着いたらすぐにコンビニ行きたいもの!
入国手続きカウンターのまん前に両替所を発見。
もちろん台湾語などわからないので、両替所の窓口に無言で一万円札を突き出し、無言でお金を受け取り、なんか紙を指差されたので、名前を書いてみたらなんとなく両替できました。
謝々!

次は入国手続きです。
どの列もかなり混んでいたんですが(コミケほどではありません)、なんか隅っこの列だけ異様に空いている!
ここだ!ここに並ぶぞ!
友達と並んでキャッキャとしていたんですが、前に並んでいる台湾人のオジサンが「ここは台湾の人専用の窓口です。貴方たち、あちら」と流暢な日本語で親切に教えてくれました。
異様に空いていたのは台湾人専用の窓口だったからのようです。
日本人丸出しで並んでた。
でもわざわざ日本語で教えてくれるなんて親切だなー。

無事に入国手続きを済ませ、スーツケースを受け取ってからゲートへ。
もちろん台湾では手荷物預り証とスーツケースのタグのチェックなど行われません。
きちんとチェックするの日本だけなんだよー。
どうにもシンジラレナイ。手荷物預り証の存在意義は一体・・・。
他人のスーツケース持って行き放題だと思うんですけど。

ゲートの外で待っていた現地ガイドさんがは、中学の時の英語の先生にそっくりでした。
ヒ・ヒロセさん!!
あまりのそっくりさに私は旅行中、彼をヒロセさんと呼び続けましたが、中学が違う友人A・Bにはまるで浸透しなかった。
あんなに似てるのに!

バスに乗って台北市内のホテルに向かいました。
もう夜の9時過ぎだったので外の景色は真っ暗でよく見えませんでしたが、台北は都会で綺麗です!
夜なのに人がうじゃうじゃ歩いている。そろそろお家に帰りなさいよ。
コンビニも多くて、300mぐらい置きにファミマかセブンイレブンがあります。
まるで街灯。

ファミマ

モス、サブウェイ、ロイホなど日本でみられるお店もいっぱい。
なんかあんまり海外に来たって感じしないなぁ。
お店の看板には日本語も多く見られました。

しゃぶしゃぶ

ホテルは大きくて綺麗でした!
ロビーから天井まで吹き抜けになっていて、赤提灯が吊るしてあり、なかなか趣がある感じ。
いいね!

ホテル

とりあえず部屋に荷物を投げ込み、コンビニへ向かうことにしました!

次回は夜のお出かけ編です!(って前回も言ってたな。何も進んでねー。)
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。