スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『戦国BASARA宴弐』ライビュ感想(後編)

お久しぶりです!
もうすぐ今年が終わるなんて嘘だよ!!
あと1週間ぐらいあると思ってた・・・。

先日待ちに待ったスタトレのDL配信が始まったので、予約済のBDの発売が待ちきれずこちらも購入してしまいました。
毎日のようにしつこく観てる。楽しい。萌える。えへへ。
チャプタージャンプ機能とお気に入りシーンにしおり挟む機能とスロー再生機能が欲しいです、google先生。
そんなわけでスタトレばかり観てるうちにブログ更新が疎かになってしまっていたわけですが。
フォロワーさんに「ブログちゃんと更新したらスポカクあげます」って言われた気がしないでもないイヤきっとそうに違いないので、ちゃんと更新しようと思います!


●新興勢力に勢いがある宴会芸

伊達軍宴会芸の記憶はもうぼんやりしてるんですが、ヒゲダンスだけしっかり覚えてます。
政宗が小十郎のすぐ脇でヒゲダンス促してるのはちょっと可愛かった( ´艸`)

滝宗が「いつもと違うハイテンションな筆頭にビビってんじぇねーぞ!」って言ってましたが、いつもどんなテンションだったんです?
舞台の隅っこで膝抱えてる系?

ゲームでミスした政宗を、小十郎が殴るかどうかみたいなところがありましたが、殴れなかったですね、よし小は。
心の距離を感じました。
そこは殴ってほしかった。
ぶん殴ってぶん殴られてぶん殴り合って二人で川原に横になって「お前、やるな」「そっちこそいいパンチだったぜ」みたいに心の距離縮めればいいじゃないですか。もうそれしかないじゃないですか。

一番ウケたのは上杉のヅカバサと秀吉ンゲリオンです。
完全に武田軍と伊達軍は食われてる感。
特に秀吉ンゲリオンは思わずロンギヌスの槍を刺したくなる出来でした。
皆それぞれハマリ役すぎる。

ところで秀吉様の衣装がクリスマス・バージョンに見えたのは私だけでしょうか?
後でBASA友に聞いても全く同意を得られなかったんですが。
あの赤い衣装のさぁ、ちょうどボタンのところに白いフワフワ付いてましたよね?!
出てきた途端、「秀吉メリークリスマスwww」って吹き出したんですが、周り誰も笑ってなくてアレって思いました。
違うのか・・・?


●授業参観な気分のカテコ

私はライビュしか観てないのでアレですが、今回どこかの公演で新蒼紅のご挨拶というのはあったんでしょうか??
今まで主役級だった蒼紅がいっぺんに変わったんですから、しかも千秋楽ですから、当然新蒼紅の挨拶があるのかと思ってたんですが、とうとう彼らの素の声は聞かずに終わりました。
「公演終えてどうだった?」とか質問ふるとかもないのね!
ちょっと意気込みとか感想とか聞いてみたかったんですが。
役者も演出の西田さんですら誰も新蒼紅に一切触れない不自然さよ・・・。
え?もしかして新蒼紅って私にしか見えてないんですかね?
妖精的な何か?

旧メンバーが仲良しさんなのはわかりますが、もうちょっと構ってあげてもいいんじゃないかな?
もし妖精じゃないなら。もし現実に存在しているなら。
これからこのメンバーでやってくんでしょ?チガウの?
なんかいやにハラハラしました。
きっと授業参観ってこんな感じな!

カテコではお馴染みのエアバサラもありましたね。
いつも西田さんが「とっておきだぞ!」って感じでいいますが、別にそんなに楽しみにはしていないという温度差。
すいませ・・・。
すごいとは思ってますけども。毎回観なくて・・・いいかな?


●イケヤスゥゥゥウウ!

ライビュで一番盛り上がったのはイケヤスが出てきた時じゃないでしょうか。
まさかゲストで来るとは思わなかったので、伊達タカ派の私もおおぉ!と思いましたよ。
隣の席の人は完全に泣いてました。関ヶ原クラスタだったんだね。話しかけなくて良かった・・・。
カテコはイケヤスが全部持ってった感じですね。
秀吉VSイケヤスとかさぁ、むしろなぜ本編に入れない?ってレベルだと思うんですけど。
二部構成になんかしないで、ここからやれば良かったんじゃないの?
これ千秋楽以外の人は観れてないの??
なんとなく釈然としない・・・。

劇中ではご丁寧に倒された豊臣軍が黄色い布握りしめてる演出だけでしたもんね。
私、あれ完全にイケヤスの服だと思ってたんですけど。
みんな苦し紛れにイケヤスの服をちぎったんだと思ってたんですけど。違うんですね?
あんなに皆がちぎったんなら今頃イケヤスはどんなあられもない格好になってるんだよと。
ただでさえ腹出しスタイルなのに今頃もう裸だろと。レイプされたみたいに服ボロボロだろと。
裸族イケヤスを心配してたんですが、「あれ、服じゃなくて旗だと思います」って小政友にツッコまれて目からウロコどころか目からウロボロスでした。
そっかー。旗かー。言われてみれば完全にそうですね。
でもなんで皆、旗を破って持ってるの。
旗で突かれたの?
新たな疑問も生まれました。

ストーリーもイケヤスが出てきたのもそうですが、正直関ヶ原がうらやましいですね。
蒼紅もいなくなった今、もう完全に舞台は関ヶ原のものですよね。
いいのよ・・・小政はゲームでがんばろう・・・。


●この文句だらけの感想を総括してみる

宴みた時はBASARA大好き!みんな大好き!舞台最高!!って思ったものですが、宴弐はヒゲを撫でながら「ホホゥ」で終わってしまいました。そんな感じです。
今回の舞台は賛否両論聞くので、私の心が宇宙に行ってることとは無関係な気がします。
要は微妙な出来でしょ?
第二幕はいつだかわかりませんが、日程によってはライビュぐらいなら行ってもいいけど?とツンデレを発動してる最中です。
ただしデレはない。

そんな感じの感想でした!
もう本人忘れかけてるんで支離滅裂ですいません・・・。
スポンサーサイト

舞台『戦国BASARA宴弐』ライビュ感想(前編)

こんばんスタトレ!
いよいよスタトレのオンデマンド配信12/18が間近に迫ってまいりました!
Googleplayで映画買ったらどうなるんだろ。
常にオンラインでしか見れないのかしら。そうなると私のスマホ回線は容量制限を受けてしまわないかしら?大丈夫かしら?
字幕と吹替の切替えはどうなるのかしら。そもそも別々で売られているのかしら?
てゆーかスマホ画面で字幕って小さすぎて読めなくね?!年寄りお断り??老眼鏡必須??必然的に吹替??
チャプターは分かれてるのかな?チャプターごとに再生できるのかな?好きなチャプターをエンドレスリピートとかできるのかな??
どうなのかな?!?!?
皆さんの知らねーよって声が聞こえます。

今となってはもう昔のこととなってしまいましたが、舞台BASARA宴弐のライビュ見てきたんですよ。私自身も既に忘れがちですが。
前作宴とか武将祭の感想を途中で放り投げているのを思い出すので今回は感想書かずにそっとやりすごそうかと思いましたが、色々思うところもあったのと鑑賞後のテンションで書きかけだったので軽く感想書きます。
前回と違って絶賛ではないです。

私は前回の宴ではじめて生の舞台を観てライビュも今回で2回目という舞台素人ですので、オイオイこの舞台ヒヨッコが何のたまってんだよと思うこともあるかと思いますが、あくまで個人の感想ですので怒らないでいただきたいです。
せめて(あなたの家の)モニタにツバを吐くぐらいで留めていただきたいと思います。
ほんとにヨロシクね。

今回の宴弐に関しては、事前に新しい政宗様がデカすぎるとか、全く飛翔力がないとか、何度も観たくはならないとか、関ヶ原爆発しろとか、色んな感想を見聞きしていたので期待する気持ちは低かったです。
てゆーか、最近宇宙に居すぎて気持ちの切り替えがね。
気持ち切り替えなきゃ!と思いつつ、ライビュ直前にスタトレ観たというお友達と、始まる五分前までLINEでスポカク!スポカク!話してましたからね。
切り替えるどころか、宇宙服でそのまま駆けつけた感じです。

そもそもBASARA舞台を観ようと思ったキッカケの一つでもある久保宗が立派なメロンとなった今、私の舞台への興味は大部分は失われていたのです。
今回のライビュを見に行くことに決めたのは、地元会場があったのと、新しい蒼紅を見てみたかったのと、ひとえに前回の宴が面白かった!これに限ります。
そんな感想です。


●あんまり覚えてないけどストーリーについて

初っ端、オープニングからちょっとガッカリしてしまいましたよ。
なんでズギャーンがないんだ!
宴に限らず、オープニングに武将一人一人の殺陣の見せ場がありつつ、最後は集合してズギャーン!が好きだったので、なんか普通に始まってしまったのがガッカリでした。

話の内容は「元々記憶力が悪い」&「途中ガッツリ寝た」のコンボにより、ほとんど覚えてません。
あぁいう周り中ファンという状況で寝てしまうのってものすごい恐怖です。なんとかバレないようにと必死です。
でも完全に首が変な方向に曲がってました。
ゴメンナサイ・・・。
アレ?この人たちなんで戦ってるんだっけ?と思うこともしばしばでした。

ストーリーはなんの捻りもなく単純でしたよね?
BASARA3と宴の主従シーンのかけらを集めて薄く引き延ばした感じだと思ったんですが、合ってる?
あと三成のトラウマ・ヒストリー。

宴の小十郎と佐助のストーリーがベースになってるっぽいので、今回は主従愛がグイグイきてましたね。
「ほらほら、主従愛あげるから。好きでしょ、中の人が誰だろうと萌えるんでしょ、ホラ」とグイグイ頬に押しつけられてる気がしました。
お、押すなよっ!!!(ダチョウ倶楽部的な意味じゃなく)
蒼紅の中の人は変わったけど、これで忘れろよ!的な気遣いに思えちゃう私は相当ひねくれてるんだと思います。
どうせなら双竜の戦いとか久保宗の時にやってくれよと思わずにいられない。

最後、三成・・・だっけ?・・・に、双竜二人倒されたけど・・・死んだの・・・?
もう全ては曖昧です。
双竜二人で倒れるシーンは小政的に萌えるシーンなのかもしれませんが、滝宗は小十郎寄りに思えたんだけど、よし小がちょっと引いてるというか距離感を感じてしまって、随分冷静に見れました。
なんだろうね。
まだきっと演じる側の小政感が足りないんだと思います。頑張れ!


●新キャストというか私が気になった武将

まず政宗!新政宗です!
政宗さえ良ければ大抵のことは許せます。むしろ他はどうでもいいぐらいです。
前述のとおり、私は全く期待していなかったので久保宗が滝宗になるという基本情報しか知らなくて、滝宗があの衣装を着た姿をライビュで始めて見たんですよね。
あの衣装来たら皆それらしく見えるんだなーというのが第一印象です。
思ったよりいいじゃん!と。
滝宗がデッカいのはわかっていたことなので気になりませんでした。というのは嘘です気になりましたとりあえず縮めって思いました。

正直な話、久保宗より滝宗のほうがビジュアル的にはゲームの政宗に似てる気がします。
久保宗はもう久保宗というジャンルでしたよね。
政宗というより久保宗。

キム宅が何を演じてもキム宅なのと一緒です。
だから滝宗のルックスはとても好きなんです!
ただお願いだから喋らないで!ってなるのを許してください。
喋ると全然ダメだぁ・・・。
ゲームの政宗を真似るでもなく、久保宗を真似ているような、でもできてないような。
なんだろう、この劣化コピー感・・・。
ぎこちない英語なことよ!
私的にはものすごい違和感でした。
まだキャスト変わって初めての公演とか、久保宗が偉大過ぎるとか、テニスに免じて許すべきとか色々ご意見はあると思いますが、お金払って観に行ってる以上、そんな裏事情知らんよ、と。
文句ぐらいは言ってもいいんじゃないかと。
次回行く行かないは個人の自由なのでね。
久保宗はすごくゲームを研究してるんだなーって気がしたんですよね。
構え方も、喋りも、細腰も、研究した上で自分のものにしているというか。
滝宗からはあまりそれを感じ取れなかった分、残念に思えてしまったのかもしれません。
本人はホントは頑張ってたかもしれないけどね!

滝宗とよし小とのやりとりも慣れてなくて見ててハラハラしました。
なんで見てるこっちまで中の人の仲良し具合を察してハラハラせにゃならんのだ。
よし小が久保宗をお兄ちゃんお兄ちゃんと慕い過ぎてたので(私感)滝宗に対しては人見知りしてる気がしてなりません。

ビジュアルはとても政宗だったので、久保宗じゃなくてゲームを研究して欲しいのと、皆と心の距離を縮めてそれを演技に生かしてほしいのと、実際もっと縮んで欲しいと思いました。
縮むのが無理ならせめてよし小がシークレットブーツを履いてほしいです。
まずは見かけから始めよ!

ユッキーは多少の違和感はありましたが、それほど思い入れがないので別にいいですよ(小政タカ派に戻っている)。

いつきはただただパンツの線が出てるのが気になりました。
ムチムチやん。
そんな服着て誘ってるのか!!って思いながら、完全に親父目線で見てました。

長くなったので宴会芸&カテコについては次で。
書きますすぐ書きます書きます!

武将祭ライビュ感想~オープニング~

舞台『戦国BASARA』武将祭2013 ライブビューイングに行ってきた感想です!

すでに記憶がふわふわっとしてる上、妄想癖があるので、間違っていたり思い込んでいるところが多少・・・イヤ多々あると思います。
そこら辺は暖かく見守ってくれると幸いです(・ω<)


■開演前の諸注意アナウンス

開演前の諸注意アナウンスが久保宗&ケッキーでした!
蒼紅ーーーー(´▽`)ノノ
生で喋ってたのかな。
ケッキーが噛んだのがかわいかったです(人∀`)
噛んだ後は、もう二度と同じ過ちを犯すまいという感じでやけにハッキリクッキリゆっくり喋ってました。
かわえぇ。

久保宗が「場内での撮影・録音は小十郎以外ダメだぜ」的なことを言ってました。
小十郎はいーのかよ!ひいき!もっとやれ!!
よし小十郎なら本当に久保宗の最後の雄姿を撮影しそうな勢いがありますよね。
でも許されるらしい。
あともう一つ何か小十郎だけはいいって言ってたな・・・。
もう忘れたけど・・・。
小十郎だけに甘い政宗が好きです。


■オープニングアクト

オープニングは舞台と一緒の構成でした。
武将全員の殺陣があって、最後は全員決めポーズでライト当たってズギャーーーン!です。
(舞台観たことある人には伝わるって信じてる)
あのズギャーーーン!!が大好きです!
あそこはどんな武将もカッコよく見える最初の見せ場だと思うんですが、秀吉様がやらかしてました。
アンサンブルの背中を借りてステージの上の段に昇ってウホー!が完成形だと思うんですが、アンサンブルの背中を上手に昇れずスローモーションで転がってました。
ちょっとよろけた程度ではなく、あの巨体でゴロンしたよ!
完全に笹食ってタイヤと戯れるパンダとシルエットが一致。
カワイイwwww
まさかこの伊達タカ派(もういい)の私が秀吉をかわいいと思える日がくるなんて!
ホントに舞台恐ろしいですね。
爆笑しながら、秀吉様ァァァ!!!ってなってました。
ギャグの場面じゃないので誰のツッコミも得られず、その後もキリッとしてましたけどね。
でも確かにゴロンしてました。
こういうハプニングあるところが生の舞台ですね。

色々初見の武将がいたんですが、一番驚いたのは大友宗麟です。
殺陣がミュージカルだった衝撃。
そーうりん♪そりん♪
華麗なステップ踏んでました。
うん。彼には舞台の魔法は効かなかったな。
別に好きにならなかったよ。


■司会進行役登場

武将たちがはけた後に司会進行のコバP&西田さんが登場です。
浴衣とタキシードというなんとも統一感ないファッション。
どっちか歩み寄れ・・・。

方々で言われてますけど、プロデューサーって司会進行する人じゃないよね。
質問しといて答え拾わないわ、喋り被るわ、流れ断ち切るわ・・・。
今すぐ帰ってBASARA4だけ作っててほしいと思いました。
ゲストとして出てくるのはいいけど、司会進行はその道のプロに頼んだ方がいんじゃね?
早く気づいてくれるといいのですが。
出たがりだよねぇ、コバP。


さて、次からが本番んん!

武将祭ライビュ行ってきたよっていう報告

武将祭ライブビューイング行ってきましたー!
っていう、ただの報告。
感想とかじゃねーからぁーーー!

って、2記事連続かよ!!!
スイマセン。
とりあえず吐き出したくて・・・(´・ω・`)

今日見てきた記憶の新しいうちに、気持ちの熱いうちに感想書きたいんですけど、長くなりすぎるんです!
文章にまとまりがなさすぎるんです!!
とりあえず覚えてること書き殴ってみたらすごい長文に!
といいたいところですが、そんなに覚えてることがなかったのでわりとコンパクトになりました。
そんなはずはねぇーーー!(頭抱えてプラトーン)
あんなに笑って泣いて感動したじゃない!
あんなにBASARA大好き舞台大好きって思ったじゃない!
色々思い出して、私!!!
自分を叱咤激励しているところです。
ツイッタの皆様のつぶやきとかみたら大分思い出してきたよ!!

最初は「舞台ならともかくイベントはねぇ~、あんま興味ないわ~、でもライビュやるなら行くよ?」というスタンスだった私ですが、むっちゃ楽しんでまいりました。
すごい良かったよ、武将祭(´▽`)ノ
この内容だったら東京まで行っても良かった!!

安定のぼっち参戦だったんですが、地元では結構空席があったんですよね。
なぜ抽選発売されたし。
ライビュチケット取れるかな~と不安の日々を過ごした私に謝ってほしいです。

私の両隣の方もぼっち参戦だったんですが、右隣の方が話しかけてくれました。
キャッキャと話して「こりゃもしかして地元のBASARA友達ゲットだぜー!」とモンスターボールを投げかけたんですが、「誰のファンですか?」という質問が出た時に一瞬時が止まりました。
どこの軍に所属してるかでこれ以上仲良くなれるか否かが決まる!!

 右の人「誰のファンですか?」
 アオイ「政宗です!」
 右の人「あー政宗様。私は佐助ファンです」


あぁ、この人とは一期一会の出会いだな・・・と思った瞬間です。
その後も友好的に話しましたが交渉決裂感がありましたね、なんとなく。
BASARAファンあるあるです。

ちなみに左隣の方は小政かもしれないと淡い期待と持ったんですが、三成出てきたところでかなり息を飲んでたので多分三成ファンです。
伊達ファンいねー!!!
お客様の中に伊達ファンはいらっしゃいませんか!
急病人(意気消沈したアオイ)が発生しました!
どなたか伊達ファンの方はいらっしゃいませんかー!

いませんでした。
こういうイベントの座席、クラスタ別に分けてほしいですわ・・・。
そのほうが絶対盛り上がる。
ぼっちにも優しい。

今日の帰りほど地元のBASARAファンが欲しいと思ったことはありません。
こんなに面白かったのに!笑ったのに!泣いたのに!感動したのに!!
誰とも語り合えない!!!

ネット上には一緒にエア鑑賞してくれる仲間はいましたが、実際隣みても誰もいないからね!
喋ったらひとり言だからね!
すぐに帰ったらライビュ終わった30分後には家着いちゃってましたからね!

みんなに早すぎって言われたからね!

うぉーーー語りたい!!
BASARAファンと!政宗ファンと!そして小政ファンと語りたい!!!

仕方ないのでネットで叫びます。
しばしお付き合いを。

舞台『戦国BASARA宴』レポ~武将編④~

7月にやる武将祭のライブビューイングが決まりましたね!
蒼紅卒業とか、夢の対決とか、BASARA4の情報小出しとか、これみよがしに素敵プログラムを発表して地方組をギリギリさせるプレイを楽しんできたキャプコンが、満を持してのライブビューイング開催決定です。
ホントは最初からやるって決まってたんじゃねーの!?!と思わず邪推してしまいます。
餌(プログラム発表)の前で、待て!と言われ涎ダラダラの絶妙なタイミングで仕掛けてきましたね!
商売上手で計算高いキャプコンのことですから、チケットなかなか完売しないから地方の奴らからも巻き上げとこ!的な匂いがプンプンします。
あー、ヤダ!ヤダ!
しかもまたイープラ素!普通に劇場で前売りみたいに売ってくれよ!
手数料高いんですけどぉ!
早く『手数料プラス』、略して『T-プラス』に社名変更すればいいのに・・・。
発券手数料っていうけどレジでピッてやるだけでしょーが!
振り込み手数料っていうけどお手数なのはコンビニに支払いに行くこっちだっつーの!
そんなにお手数ならチケット販売なんてやめちまえー!!!
そう毒づきながらも速攻で胃ープラスに行きましたね。会社で。
そしたらまだ申込受付前でしたね。
ヒデオの次ですか。そうですか。待ちます。
あれ?ヒデオって死んだんじゃなかったっけ??

私の筆の遅さを知っている皆さんが「大丈夫?終わる?」と思わず心配になるほどの牛歩で進んできた武将レポですが。
大丈夫です。
愛の差ゆえにここからエライ簡潔になります。
残り全員、まとめて行きます。
ヒアウィギョー!!

●猿飛 佐助
マジ佐助っていうか、マジ子安でしたね。
声や喋り方が本当にソックリでモミアゲのない子安かと思いました。
小言をブツクサいいながら世話を焼く苦労役で、始終ツッコんでましたね!
完全なツッコミ役で彼一人だったんじゃ・・・?
そういうところが私の中の佐助おかん像とピッタリです!
宴会芸の時もアドリブと思われるツッコミが鋭かったですね~。
千秋楽のカテコでは、ケッキーの最後の一言「佐助!頼りない大将でごめんな!!」に佐助も男泣きだったので、そんな二人をみてブワワワッと来ました(ノ◇≦。)
何このリアル真田主従・・・羨ましす・・・。

●鶴姫
鶴ちゃんカワイー(*≧∇≦)
ゲームの鶴ちゃんって少女みたいな感じなので、大人がやるのは無理あるだろーと思ってら全然違和感なかったです。
イマイチ可愛くない人がキャルン☆とかキャハ☆とかやってたら滅したくなるところですが、鶴ちゃんは全然嫌味にならず似合ってました。
あの可愛さは罪です。
随分前に録画してたドラマを観たら、土下座したらヤらせてくれるキャバ嬢役で出てるのを発見しました。
現代の格好しても普通に喋ってもカワイイなーと思いながらも、目はタワワなオッパイに釘づけでした。
ゲーム鶴ちゃんはペタンなイメージなのに実際は夕張メロン大です。
北海道出身なだけに。

●雑賀 孫市
小十郎に次いで、私的には見かけの違和感が残るキャスティングでありました。
愛の差ゆえに、小十郎ほどエマージェンシーな事態ではないんですが。
二丁拳銃を操る様はまんま孫市姉さんだと思うんですけどねー。
腹筋割れてるんのもスゴイ。てゆーか羨ましい。
カワイイ系のお顔なのでどうにも幼く思えてしまうんですよね。
少々色気が足りないかなと思います。
あと時々声が裏返ってしまうのが貫禄不足な気がして・・・。
頑張れって応援したくなる。
私的にYN倉涼子ぐらい色気ムンムンなくせに男勝りで余裕たっぷり~な方が良かったでした。
絶対出てくれないと思いますが。
出ても『戦国BASARA~雑賀衆とゆかいな仲間達~』ぐらいに他の武将食って主役になっちゃいそうですが。雑賀衆が天下統一しないと許されなそうですが。
それはそれで「もうBASARAじゃねぇよ!」と文句を言いそうな私です。

●武田 信玄
ワシ!
感想終了。

・・・ワシのインパクト強すぎてそれしか思いつかないよ!!
ワシ!以外、何か喋ってた?(失敬)
舞台初心者なのでよくわかりませんが、『ワシ!』はお館様の持ちネタなんでしょうか?
宴会芸では色々笑わせてもらいました。
かなりコミカルでフットワークの軽いお館様でしたね!
あのクワガタの角と赤いモジャーさえ被っとけば誰もがお館様になれる気もしますが、違和感はなかったです。

●上杉 謙信
まじ謙信様!(武将によって偏りがあることをご了承ください)

●最上 義光 
めっちゃ最上さん!(武将によって偏りがあることをご了承ください)

●風魔 小太郎
殺陣で一番目を奪われたのがこの人です。
ゲームの小太郎の動きって早いわ跳ぶわ消えるわで再現不可能っぽいのに、見事に再現されてました!
ゲームだと「ヘー」ぐらいの感想しかありませんでしたが、リアルでやられると超カッコイー(*≧∇≦)
感動しました!
CGでもないのにあれだけ軽やかに躍動するってすごいですよね。
あいつ、マジ忍びの末裔じゃね?
二刀流の小刀、しかも逆手とかカッコよすぎです。
空中でのひねり半回転もアクション映画みたいでした!
アクション映画好きにはたまらない~(´p`*)
あのモデル立ちで小刀を構える姿が小太郎そのものです。
私が観に行った公演ではカテコで指名されたのが小太郎で、めっちゃ流暢にペラペーラと話してたのでまぁ中の人はそりゃ普通に喋れるよねと思っていたら、千秋楽カテコでは喋れないキャラを貫いていてどっちだよ!!ってなりましたけど問題ない。

●今川 義元
まじバカ殿・・・じゃなかった、マジおじゃる!
自分でもネタにしてましたが、バカ殿そっくりですよね~。
扇子での殺陣もありましたが、完全にお笑い担当でしたね!
こういう存在も必要!随分笑わせてもらいました。

●浅井 長政
開始早々死んでましたけど、活躍の場は多かったですかね。
市を軽々と姫抱っこするところにキュンときました(´p`*)
リアル長政様・・・!
市に花を差し出すシーンでウルっときましたよ( ノД`)
浅井夫婦、悲しす・・・。

●天海&明智 光秀
めちゃ本人でした!
魔王への愛を語るのが真に迫り過ぎててなんだかジーンときてしまった。
まさかの織田主従萌えだよ!!!
あぁいう病んだ感じの狂気の愛も好きです(人∀`)
お市とのシーンで、触手に絡まれた時に素が出てきたのがかわいかったです。
本人曰く、一回の公演で4回着替えるとのことでしたが、全部同じ衣装だと思ってました。全然気づきませんでした。
マスクしてるかしてないかの違いしかわかんなかったよ!

●織田 信長
中に若本入ってるんですか?というぐらいブルルワァでした。
非情でカッコよかったです。

●お市
すごく歌が上手でしたね。
あの数え唄みたいのを透明感のある綺麗な声で歌われるとゾッとしたんですが。
市、怖いよ!!!そこが似てるよ!!!
ウジウジメソメソしてるところもお市そのものでした。
ユラユラしてるわりにきちんと薙刀(?)の殺陣もあって、バッタバッタ・クールクルと雑魚を切り刻んでいく様が凶悪なフラワーロックに見えました。
あれ?フラワーロックみんな知ってる?あれ?
ギャグパートでは意外にムチャ振りなのに笑いました。

以上で終了でございます。
わー!終わったー(ノ´▽`)ノ
基本、皆ゲームから飛び出てきたようでBASARA好きにはたまらんかったです。
キャストって、ゲームしたことあるんですかね??
衣装などの見かけはもちろんですが、戦い方・技に限らず、喋り方やちょっとした動きから立ち振る舞いまですごくゲームなんです!そっくりなんです!
台本読んだだけじゃあぁはならないんだと思うんですが。
そういうところまで細かい指導入ってるんでしょうかね。
すごく良かったです!

ところどころ熱く叫んでますけどブログとかチェックしてますけど、中の人萌えはないつもりです。
BASARAを演じてくれる彼らが好きで各配役が彼らで良かった!という気持ちです。
べ、別にアンタのことなんて好きじゃないんだからねっ!
BASARAが好きなだけだから誤解しないでよねっ!!

とツンデレを気取りながらブログチェックする毎日です。

次のレポからは舞台内容編です。
もうほぼ覚えてねーけども!

舞台『戦国BASARA宴』レポ~武将編③~

舞台BASARAのカテゴリ作ったよー(ノ´▽`)ノ

一番最初のレポで「否定的と取れる意見もありますが、あくまで私個人の印象ですので怒ったりしちゃ嫌です(´・ω・`)舞台バンザイ!な方は見ない方がいいかも・・・」って書いたんですが、この記事に書くべきでした。
完全に書く場所間違った。
今回は、アオイさんストライクゾーン超狭い上にタカ派で盲目という三重苦だから仕方ないねと温い笑みを浮かべながら読んでいただけたらと思います。
盲目のタカがストライクゾーンに向かって飛んでくのって考えただけでも大変でしょ?

●石田 三成
似てる似てないの感想を言えるほど今まで三成を正視したことなかったんですけど(正直すぎ)、とにかく殺陣がすごかったです(*≧∇≦)
三成ってシャシャシャーッって斬りますけど、ホントにシャシャシャーッってやってた(アホの子の感想再び)。
個人的には納刀の仕方がツボです。
あんだけシャシャシャーって斬っといて顔の前でゆっくり納刀って、座頭市か三成ぐらいしか決まらないと思います。

三成の『イィエェヤァスゥゥ』は余りに聞き慣れたフレーズ過ぎて、私の中では“こんにちは”レベルで捉えていたんですが、舞台で聞く生の『イィエェヤァスゥゥ』は悲痛すぎて真に迫りすぎて叫びが胸に刺さりました( ノД`)
あぁ関ヶ原に幸せになってほしいという、ヘレンケラーのWater!並みの初めての感情が芽生えましたが、あの二人の幸せって想像できないんですよね・・・。
悲恋すぎるところが萌えました。

舞台では殺陣すごくて笑いどころもなく始終イィエェヤァスゥゥなので全然わかりませんが、中の人は天使ですね?(確認している)
あの恐ろしい三成(アオイ私見)に天使をキャスティングするという斬新さよ!(だから私見)
舞台を観て依頼、蒼紅&関ヶ原の中の人のブログを読んでいるんですが、三成に限っては書いてる内容と写真がカワイくて(そしてBASARA関係多くて)かなり遡って読みまくりました。
あの子、筆まめすぎて大変ダッタヨ!
「え!アオイさん、ブログ読んでるんですか!」「アオイさんが関ヶ原派に・・・?!」と一部の方々を驚愕させましたが、大丈夫です、私の魂は小政と共に。
舞台は小政ハト派ですが、その他ゲーム・アニメに関しては小政タカ派です(`д´)ゞ

●片倉 小十郎
正直ゲームの小十郎に似てるか似てないかという点でいえば、似てない・・・ですよね・・・?
舞バサいーですよ!とおススメしてくださった方が「アオイさんは久保宗好きだけど小十郎イマイチかもしれない」と言っておられましたが、その通りですよ。
だからエスパー!?!

私はゲームから小政に入ったので(いや正確にいえば同人誌から入ったんですけど何度でも偽ります小十郎といえば顔面は強面の893、体型は常にハンガーにかかっているようなガッシリ肩幅、そして政宗をおかんのように叱り、時に兄のように諭す10歳年上の頼れる存在なのです。
あの優しい顔で線が細くて若い舞台小十郎が、どうしてもゲームと同一人物とは思えない・・・。

舞台の小十郎は
 ・政宗の2~3歳年下
 ・幼い頃から政宗の遊び役として一緒に育った
 ・細くて女の子みたいで泣き虫だったのでいじめられるたびに政宗がかばってくれた
 ・それを恩義に思っていて兄貴分の政宗に心酔している
 ・大人になって背だけニョキニョキ伸びた
 ・頑張って政宗の右目になろうと剣の腕を必死に磨いた
 ・優しい顔に見られるのが嫌でわざと顔に傷を作った
 ・無理に低い声を使ってドスを利かせている
 ・いつまでたっても弟分扱いをする政宗に歯がゆさを感じる
 ・今でも政宗と二人きりの時には昔の泣き虫が出てしまう

そんな小十郎だと、英雄外伝で政宗が谷底に落ちた後、生きてると知ったシーンはこうなります。

政 宗 「なんだまた泣いてるのか・・・背だけ立派になっても泣き虫は変わってねぇな、小十郎」
小十郎 「・・・っ!」(隠しようもなく大泣き)


完全にアナザー小政ストーリーなり。
これはこれでありですが、私の好きなゲーム小政とは別のものなんですよね。
舞台小十郎が、ゲーム小十郎の息子っていうならアリかもしれないですね!
その名も子十郎。
小十郎の息子のワン子十郎にほだされてしまう政宗・・・でもデキてるのは父親のほうよ・・・。
てかワン小十郎は小十郎と誰の間に生まれた子供なんだよ。
私には小十郎の相手は政宗しか考えられない。
ぐるぐる・・・。

色々書きましたが、私が舞台小十郎を認めてないかっていったらそんなことはないのです。
スゲーいまさらですが。
左での殺陣はスゴイし、千秋楽カテコで見られたような政宗大好きっぷりはまさに小十郎だと思うのです!
ただゲームと似てる?という点と、私の好きな小政ポイントは外れているということで。
とりあえず、どの小十郎も政宗を愛しているという結論に落ち着きました。


・・・ふぅ。
なんだか書き終えた感です(まだ6人)。

舞台『戦国BASARA宴』レポ~武将編②~

何度も言いますが、舞台が素晴らしかったのです。そのせいなのです。

ついつい全武将について語りたくなっちゃってぇー
まずは武将編のレポ書きますとか大風呂敷広げちゃってぇー
この勢いなら全然書ける気がしちゃってぇー
自分の筆の遅さ忘れちゃってぇー
そんで今に至っちゃってぇー


やっぱり伊達と片倉だけで良かったんじゃないのって思えてきた今日この頃です。
いつもの通り、全部書き終わるのいつになるのというネバーエンディングストーリーな匂いがぷんぷんしてきましたが、ファルコンにしがみついて頑張りたいと思います!

舞台レポ・武将編②、ユッキーから始めるよー(´▽`)ノ

●真田 幸村
感想に入る前に確認したいんですが、舞台の政宗は“久保宗”、小十郎は“よし小”と呼んでいるのを良く見ますが、ユッキーのことはなんて呼ぶんでしょうか?
中の人の名前で“圭ちゃん”が多いの?
私は俳優さんの名前で呼ぶのは、付き合いたてで呼び方模索してるカップルかってぐらい恥ずかしくてモジモジしてしまいますので、“圭ちゃん”が演じる“ユッキー”、略してケッキーと呼んでるんですが異端でしょうか。
異端狩りにあうでしょうか。

ケッキーはとにかく元気でカワイイですね!
俳優さんの写真見た時は「あれ?ちょっとモード系じゃね?違わね?」と思ったものですが、いざコスプレし、舞台に立つと完全にユッキーではありませんか!
声を張り上げた喋り方も暑苦しさもユッキーそのもの!
あのゲームのユッキー特有の槍を後ろに突き出してヨタドタと走るケッキーの姿を見た時、こんな細かい動作まで走り方までユッキーなんだぁ!!!といたく感動いたしました(*≧∇≦)
宴会芸などでいちいち久保宗と張り合うところなんか子供でカワイーですよね!
そこら辺はゲームのユッキー(というより蒼紅)より幼い気がします。

リアルでも皆にいじられて愛されている様子は見てて微笑ましかったです。
千秋楽のカテコでは最初っから最後まで大泣きでした。
カテコではもう中の人のはずなのに、ユッキーを演じてないのに、隠そうともせずにダーっと泣く様子がもろユッキーだったんですよー。
ここにも生き幸村いたァァァ!(だが伊達タカ派のため拝むのは我慢)
蒼紅の泣き顔を堪能した千秋楽カテコでした・・・。

だからなんで卒業。
彼にも是非留年して欲しいです。

●徳川 家康
家康はチビ家康と青年家康がいますけど、舞台に出てるのは青年家康のほうでした!(多分みんな知ってる)
チビの頃はどんぐりまなこでぶんぶく茶釜みたいな体型だったくせに、青年になったら背は高くなるわ腹筋は割れるわイケメンになってるわで家康の進化の過程は神秘です。
そして舞台ではさらにイケメンがパワーアップして、てらイケメンになってました。
イケメンへの進化が止まらない・・・!
千秋楽後、一緒にエア観賞したはやまさんが「なんか家康ハーフっぽくないですか」と言ってたのに「いや、ハーフとかじゃないと思う。イケメンとイケメンから生まれたフルイケメンだと思う(キリッ)」と返すぐらいにはイケメンにやられてました。
権現様・・・イケメン過ぎて眩しいっ!
あの甘いマスクの正統派イケメンが正しすぎることばっかり言うもんだから腹立って仕方なかったです。
この苛立ち具合もゲームの家康のままなり!!

そして特筆すべきは腹筋!
あのなめらかに割れた腹筋が美しすぎる・・・・!
キレイに割れた腹筋に目を奪われて、途中から家康っていうか腹筋みてました。ここが関ヶ原かってぐらいガン見してました。
腹筋が喋ってました。

内容がなさすぎる舞台パンフには、『本公演の誰かを指定して自由に一言!』というアンケートがあったんですが、
 家康くんの一言 『三成が誠治郎くんで良かった』
 三成くんの一言 『家康がヒロくんで良かった』
交換日記ぃぃぃ?!?!
お前ら付き合ってんのかァァァァ!!!!おのれ関ヶ原ァァァァ!!!ってなりました。三成と化しました。
これが公式とか、関ヶ原羨ましす。

「切腹探検隊!」行進とか、鶴ちゃんにタコ殴りされるところとか、「忠勝じゃない」と言い張るところとか、下を向いた時にフードがパサって頭にかぶるところとか、色々かわいかったです!
まさか伊達タカ派の私が家康をカワイイと思う日が来ようとは・・・。
私はお前を許さない家康ゥゥゥゥウウウ!!!
私の中で、舞台と見る前と後とで一番印象が違ったのは家康じゃないかと思います。
舞台家康好きだーーーー!
今ではブログもチェックしています(・ω<)

短いですが、また二人分で力尽きます・・・。

舞台『戦国BASARA宴』レポ~武将編①~

ちょっと時間が開いてしまいましたが、舞台レポ・武将編です(´▽`)ノ

今回の舞台は過去最多の登場武将数と聞いて、え?収まりつかなくなるからいいよ伊達主従周辺だけで・・・と思ったワタクシ(いつもの伊達以外どうでもいい精神)。
でも実際に舞台を観てみると、無理なくほどよく皆がストーリーに絡み、見せ場もあってすごく良かったです!
どの武将も削ってはいけない。削られてほしくない。
この気持ちの変わりようはなんだ。

とはいえ、色々思うところはあったというのは前の感想にも書いた通りです。
否定的と取れる意見もありますが、あくまで私個人の印象ですので怒ったりしたら嫌です(´・ω・`)
舞台バンザイ!な方は見ない方がいいかも・・・。
それでは実際に舞台を見た上での各武将の感想を!

●松永 久秀
バサマガで初めての俳優さん見た時は、若すぎるだろぉ!しかもエミリの旦那ぁ?!(ここは関係ない)と思ったものですが、本気で松永様だったのでビックリしました。
見かけはもちろん、エロい喋り方、いい声、優雅な歩き方、腰に当てられた不動の左腕、全てが松永様です!!
とても呼び捨てにできねえよ。
今は政宗・小十郎の次ぐらいに松永様好きなので、今回の松永様主役のストーリーに心底シビれました(*≧∇≦)
パッチンで燃やされてもイイ・・・(´p`*)
私は炭になりたい。
靴箱にそっと置いてください、嫌な匂いを消します。
あとで詳しく書こうと思いますが、ライビュで見た千秋楽ではまさかの宴会芸参加!!
爆笑です。
カテコでは天然っぽくてカワイイ( ´艸`)
しかし松永受けは無理です。
今では奥さんのブログをみてエミリ羨ましい松永様素敵結婚したいと思うほどです。

●伊達 政宗
政宗さえクリアしとけば大体なんでも許せるという私にとっては、とても重要な配役です。
舞バサいーですよ!とおススメしてくださった方が「アオイさんは久保宗好きだと思う」と言っておられましたが、大好きでした。
私の心が読めるなんてエスパー!?!
まず顔が好きです。
あの強気で勝気で意志が強そうで黙ってればクールビューティなところが政宗っぽくて大好きです。
好きって言うの3回目ですが、大事なことなので繰り返します。
某TVドラマでは「ほら、お前の好きな政宗だよ」と押し付けられた子が「なんがチガウ・・・この子、私の愛した子となんかチガウ・・・」と戸惑いましたが、久保宗はゲームの政宗に・・・あの子に生き写しよ・・・!
思わず拝みたくなりました。
髪型はちょっと似てねェと思いましたが、立ち振る舞い、剣の構え方、偉そうな喋り方、ヤンチャさなど生き政宗でやっぱり拝みそうになりました。
彼らも俳優ですから仕事として役柄に似せるのは前提としてあると思うんですが、久保宗は千秋楽のカテコで花束もらって卒業の挨拶した時、今までは笑いを取りながら平気で話していたのにふと涙がこみ上げてきたのか急に泣きそうになって、花束で顔を隠して泣き顔を見せずに涙をこらえてたんですよ。
その、人に涙を見せたくない感じとか涙のこらえ方が、私の心の中の『政宗って小十郎の前でもこうなんだろうなぁ』っていう姿にモロ被りで感動したんです!
もう拝むっていうか、伊達教のご神体としてはく製にして崇め奉りたくなりました。
久保宗が政宗を演じてくれるなら秋の新作も観に行くよ!

・・・って卒業かよぉぉぉおおおお!!!

たった二人で終わりかよぉぉおおおお!!!って感じで次回に続く。
だって長くなりそうなんだもん・・・。
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。