スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろは第25話の感想

思えば結構すごいタイトルな いろは第25話『五稜郭浮上す』の感想です。

そして誰もいなくなった・・・。

そういうオチなのだろうか?どんどん人が死んでいく・・・。
耀次郎との決着を付けるという時点で、大体予想はしていたけど・・・。
神無・・・。

なんかこの子、可哀相すぎる・・・!!!

神無はずっと耀次郎のライバル的な説明をされてたけど、設定負けな気がします。その設定、活かせてない。
耀次郎とは絡みも少ないし、直接的な因果関係はないし、ボディガードや任務も失敗だらけでそんなに邪魔にもなってないし・・・。
一人で色々頑張ったけど不幸なまま救いなく終わってしまった可哀相な子という感じがぬぐえない。


やはり日本刀vs銃はいいなぁ。萌えるなぁ。
でも今回の耀次郎vs神無も良かったですけど、戦いとしては以前の武家屋敷のほうがおもしろかったな。
襖使ったり、畳み使ったり色々仕掛け満載で。

今回はとりあえず耀次郎が飛び回っていた
お前、小猿かっていうくらい跳ね回っていた
神無、追うのに精一杯。

今回のみどころは眼帯を斬られて血を流しながら銃を構える神無vs真剣な様子で剣を構える耀次郎ですよね。
この構図に萌えずして何に萌えるというのか。
今回、作画は時々良かったり悪かったりコロコロ変わったと思うんですが、このシーンは最高ですヨ!!
金髪が風に靡く神無など神々しい域に。

月涙刀から雫が吹き飛んだら決戦の火蓋が切られるところとか、すごく丁寧に描かれていると思いました。
サンライズ、グッジョブ★(親指立てている)

結局、耀次郎も撃たれたし神無も串刺しにされたし、相討ちですかね。

ただなんで最後に二人で海に落ちるのか。ちょっと不自然に気がしてならないんですけど。
神無が海に逃げようとしたならともかく、耀次郎も落ちる必要はないんじゃ。
なんか二人で「いくよ?せーのっ」って示し合わせて落ちたようにしか見えないんですけど。

あんなにグッサリやられた神無なのに海から自力であがって、座長の傍までテクテク歩いて帰ったわけですが。
いろはの海、回復の泉?!?
耀次郎が座長のヤローにぐっさりやられた時も回復したしなぁ。

死にかけの神無が忠実に座長の舞台脇・S指定席に戻るその行動も泣けるよ。
最後に見たいの?その電波な広告塔の座長が見たいの?
本当はお母さんじゃないのに?ただ似てるだけなのに???

もうホント可哀相(涙)。

死ぬ間際、母の姿を重ねて微笑みながら死んでいったのはライズ的に救いのつもりかもしれませんが、救われてないから。より不幸だから。
母の幻をみたくらいで満足そうに死んでいく神無が・・・。

もうマジで可哀相(泣)。

神無が死んだと知ったとき、座長は何か反応したんでしょーか。
今の座長なら無反応っぽいな。

うぅぅ・・・。

全くテンション下がるわァァァ!!!
(あ・上がった!)

と思ったら、琴波姉さんまで死んでしまいました。
せっかく(怒りで)上がったテンションもまたダウン。
いいじゃない、勝先生に手紙を届けるくらい。
今更なにか情報が知れたからって何だってんだよ!?!アヤカシの力でなんとかなるだろ!?!

ノープロブレムだろ?!?殺さなくたっていいだろ!?!
死にかけてなお、先生を庇う琴波姉さんが哀れ・・・。
琴波姉さんや神無、土方さんもそうですが、いろはで死に行く人は、自分の最後に納得してる感じがありますね。
でも観ててあまり救いがないですから。


五稜郭・・・ATフィールドまで装備して・・・。
そうなったら大砲なんて効かないって。エヴァンゲリオンじゃないとダメだって。
すっかり要塞都市ですね。
つうかここから国を統治する気!?!
こんな恐ろしい城に住んでいる人に、愛すべき美しい国家とか作れないって。
国づくりとかそういうレベルじゃないって。

気づいて!

これは革命にあらず!国にあらず!

ブリュレが私の心情を察して的確な言葉を吐いてくれました。
代弁ありがとうございます。(深く御礼)


そんな要塞・五稜郭に機関車トーマスばりで何かが激突。(した風にみえた)

と思ったら、迎えの篭・・・?
先生、かぐや姫ェ!?!?!(に見えませんでしたか?)

あの家紋って天皇家の家紋ですよね?違う?よくわかんない。
中に乗っていた小さい妖怪みたいのが、先生のことを「わこ」と呼びましたよ。わこ=身分の高い人の男の子供、坊っちゃんですよ?
先生、もしかして天皇の血筋!?!??
ただのアヤカシではなかったの?


いまさらそんなこと言われたって!!
理解できない。

五稜郭、飛ぶし。
だから理解できない。

仕方ない、心で感じるか・・・


いきなり和みますが。
チビ耀次郎かーわーいぃぃぃ~~~!!!
ほっぺとかぷくっとしてるよ!!
すんごい撫で肩だよ!!
なんだあの愛くるしい生き物は!!!

自分の背より長い月涙刀を両手で抱えてる姿が凶悪です。
口をキュッと結んでるのがなんとも。
寂しいのか?みんないなくなって寂しいのか?
可愛いやつめぇぇぇえええ!!!

月涙刀、絶対顔で選んだよ。
かわいさで選んだよ。
このかわいさ、永遠の刺客に相応しい、みたいな。

座長と耀次郎は里の孤児仲間だったんですね。座長の殺された両親は本当の両親じゃなかったってことか。
でも永遠の刺客オーディションのために孤児をいっぱい集めて、また全員どっかにやりました、その中に月涙刀の使い手が二人もいましたっていうのもねぇ。
なんかイマイチな種明かし。

耀次郎がいう一刀のもとに切り捨てたい彼の者とは座長?先生?


予告はもう全て終わったっぽい感じでしたね。
耀次郎の言う海の向こうって何処!?!なんか普通に外国とか思えないんですけど。
てゆうかヘイ!とかハロー!とか似合わないんですけど。
それ以上に、外国じゃなくて天国だったらどうしようと怖いんですけど。海外で上手くやっていけるの、あの子・・・。

先生は死ぬんだろうけど、みんな死ぬのだけは勘弁だなぁ。
ただ座長だけは、最後に洗脳が解けて幸せになりましたっていうのだけはマジで勘弁して欲しい。
旅立つ耀次郎の傍らに幸せそうな座長がいたりしたら、呪いますよ。


そしてやはり最終回は。
・・・ゴクリ。

作画監督:恩田尚之

恩田神、降臨んんんんーーーー!!!
関連記事
TAG :
いろは
秋月
耀次郎

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ユッコ(仮名)さん、いらっしゃいまし!(ぬるい笑み)
FC2でいろは感想ブログやってるとしかヒント出してないのに、こうまで早く見つけられちゃうのには笑っちゃいました。てゆうか、もはやキモい。そうか、そんなに私が好きか。それともいつものテンションがブログにダダモレだったか。これが付き合い10年以上の腐れ縁ってヤツでしょーかね。

先日は素敵なディナーごちそうさまでした!でも美味しいロブスター鍋より、煌く夜景より、オタクな話をもっさりできたのが一番良かったです。自分、腐女子ですから。(YOUもな)濃い夜を過ごしたおかげで興奮して眠れず、結局バサって3時です。最近BASARAのせいで睡眠時間が4時間です。アイドル並み。もっと一緒にBASARAを語りたいよ?(甘え)

猫バトン、受け取りサンキュ!キモイよ、きっとキモイよ、お年を召した方の猫語は。
これを機にまたなんかあったら回させていただくよ。ただしうちは健全サイト(と言い張る)なので、18禁な内容はお控えくださいね、ホホホ。上品なサイトですから、ヨホホ。

名前・・・以降、才蔵と呼ばせていただこうかしら。ネットだからね。ユッコは(仮名)だからね。まさかこんなに早く見つかるとも思ってなかったしね。ゲフっ。

や。来たよ。来ちゃいましたよコレ。愛かな? うん、愛だろ、愛。
というわけでおはようございます。……ユッコですよ。(複雑)
かれこれ半日ぶりですがちゃんと寝ましたか。また帰ってからバサッて寝不足なんじゃないかと心配です。もういい歳なんだから夜はしっかり寝ろYO。
昨日の夜は濃ゆくて楽しかったですね。だってあんなに激し……ゲフンゲフン。
ここは健全ブログだと言い張るので発言は控えますが、あれ、そしたら私、書けることなくなるんじゃね? あれ? 
ま、危険な匂いを感じたらさっくり削除してください。
とりあえず今回は初回訪問のご挨拶に伺ったまで。

猫バトン、しかと受け取りました。せっかくなので私もブログの方の日記で答えさせていただきたいと思います。がー。
まったくジャンルが違う上に名前が……てめー、どうしろってんだオイィ!?

お久しぶりですネ!近頃のアレな展開ないろはに見切りをつけちゃったかと思いましたよ!
すっかりファンタジーというか魔王的な展開になっていますが、私はこのやりすぎな感じももはや楽しくなってまいりました。

最終回はどんな風に決着つけるんでしょうね。耀次郎にはちゃんと永遠の刺客の宿命を果たしてほしいです。くぅぁぁ~~~と唸りたくなるほどの活躍を期待しております。でもまぁたぶん、恩田神な耀次郎の時点で唸るんですけどね!やはり最終話キタ!!!もう待ってた!私達アレ以来待ってた!ねぇ、たけのこさん?さすがに今回は耀次郎を描かずにはいられまい(笑)。

あの家紋は豊臣家ですか!天皇じゃないんだ・・・スイマセ・・・。どちらにしても(ごまかした)先生って誰か偉人のご子孫!?!この展開は予想してませんでした。500年の恨みとか言ってましたからね。幕末の500年前って何があったっけ・・・。とにかく(ごまかした)来週が楽しみです!一緒に叫びましょう!

いらっしゃいまし、こんばんわ!
長文コメントありがとうございます!これ一つで立派にいろはレビュー記事ですよ!ブログ立ち上げたほうがいいですよ!(笑)

思うところは大体一緒ですね!最終回へ向け急加速な感じで、もうどこにつっこんでいいやら萌えていいやら・・・。神無死亡とか先生の出生とか子耀ジロとか、今頃の時期になって色々やられても困るよ!的な展開でした。もっとじっくり吟味したかった・・・。

耀次郎は死なないですよ。(どこかからくる自信)
あんな爽やかな声で予告してましたからね!海外留学を・・・!海外は危ないからやめなさいって!英語似合わないし!せめて駅前留学に・・・!
“龍馬を守れなかった男は龍馬の意思を継ぐ”なんて忘れかけた耀次郎の公式設定がありますが、龍馬さんの見れなかった海の向こうを見るということが意思を継ぐことなんでしょーかね。そういう解釈あり!?!
勝先生のボディガードでもすればいいと思いますけどね。里に帰って料理したり。(想像)・・・かわいい。

とにかくどう決着をつけるのかサンライズに希望を託したいと思います!綺麗にまとめてくれよ~~。

アオイさん!お久しぶりです!
いろはもいよいよ最終話ですね。この頃めまぐるしく物語が動いてましたが、耀次郎の活躍が少なくて寂しいような気がしました!
座長さんはますます妖しい宗教団体の広告塔になっちゃうし、五稜郭は魔界の宮殿みたいだし‥^^;
神無ももう少しやっとこの宿命のライバルを倒せた!みたいな感じが欲しかったですよね。土方さんも耀次郎とタッグ組むみたいに対首戦で重要な位置にいて欲しかったな~とか、色々思ってしまいました。
「共和国!バンザーイッ!」が「ジーク・ジオンッ!」と聞こえてしまうし・・・。
でも、とにかく最終話、恩田神ですね!いろはとアオイさんの感想楽しみにしてます!!
そうそう、あの家紋は豊臣家のものですよ。もしかして、先生は淀君か秀頼の化身??なんでしょうか???

…今、見たら凄い長いですね。
長過ぎました…(すいません!

腐腐腐…、更新されるのを待っていたよ!
という事で早速、感想を(長いです&時々文章おかしいです

最後の決着。
耀次郎は銃弾で肩(?)を貫かれ、神無は耀に胸(?)を月涙刀で貫かれて、二人一緒に海にぼちゃん。
キャー!!
神無が、神無が…!!耀次郎が、耀次郎が…!!
二人で海のマーメイド?
じゃあ、どっちが王子様なんだろうね?やっぱ、神無?でもって、耀次郎が海のマーメイド?(殴

神無が…、死んじゃったよーーーー!!
しかもS席で…!お母さんの写真を見て、そんで赫乃丈の方を見て、お母さんと重ねて、
赫乃丈が微笑んで(多分、幻覚)、神無も微笑んで…、
うん、良い顔だった。
幸せそうな、そんな顔。(に見えた)
というか、神無。死ぬなら死ぬで、せめて耀次郎を抱いてから死のうよ。
抱いたら死んでも良いからさ…!(それも酷い
二人が抱き合う(勿論、裸で…ムフフ)、
それだけで芸術だよ!(全然意味違うけど、正確には萌え要素(妄想ネタ)たっぷり(´∀`*)ウフフ
ところで、耀次郎は?耀次郎は何処に…?!
もしかしてまだ海の中でマーメイd…(殴/それから離れろ
琴波姐さん!琴波姐さんが…!!
「見届けるまで、死んでたまるか…」って、琴波姐さん!カッコイイ!!
流石、メイドカフェの女店主…!(関係ない
あの人、また出てきましたね。
旅芸者(勝さんに通じる密偵だったけども)の
髪長おば…お姐さん。
琴波姐さんが手紙渡す事、もうバレてたんだね。
蒼鉄達(いや、蒼鉄だけ?)に。
船に乗る時に、後ろから襲って来た(卑怯な)奴の攻撃を見事に避けて、「これが欲しいのかい?」って…、そんな挑発するような事言ってどうするんですか、姐さん!
…もしかして挑発するの好きなタイプ?そうなの?
「死んでも渡すもんか!」って言って、三味線の絃切って(勿体無いね)そこから戦闘シーン。見えなかったけど。
蒼鉄はやっぱり、妖怪だったんだ!
何あの、
変な(烏天狗か何かになりそこなった感のある)生き物。
残り一話になって蒼鉄に関する事言ってるし。
結構重要度高そうだし。
蒼鉄はいったい何者なんだあああ!!
(あの生き物の言った言葉が良く聞き取れなかった!)
妖怪?化物?それとも不老長寿の仙人?はたまた、この世の神か何かですか??(3番目は絶対違う

そして!子耀次郎出た!!!
初めて見たよ!何あの可愛さ!!
萌え死に確実じゃないか!
特に「自分の背より長い月涙刀を両手で抱えてる姿」…、
可愛い…!
ああ、もしかして月涙刀は(アオイさんと同意見で)顔で選んだのか?
この可愛い顔で敵を落とせる、と思って?

か、赫乃丈もいるじゃないか!
あの大勢の子供達の中に交じってるじゃないか!!
これで全ての謎は解けたね!
それと同時に、
耀次郎と赫乃丈の兄妹(姉弟/何て読むんだ…)説フラグは消滅したね!抹消だ!デリートだ!(デリケートじゃないよ/死
何で耀次郎が知っているあの手毬歌を赫乃丈が知っていたのか…。それは同じ里にいたからだったんだ…。
(…逆、でしたっけ?あれれ?)
聖天様の耳たぶ…、短くなってた…。自由自在の耳たぶなのか?教えて!聖天様!(教えて!gooみたく

てか、耀次郎…予告で『俺』って言った!?
耀次郎が自分の事を『俺』なんて…!
良い!良いよ!!
ファイだよ、ファイ!(キャラが違う&アニメも違う/突っ込む所はそこか
ファイ声だっt…(黙
あの予告、初めに蒼鉄が喋ってたから、あー、蒼鉄の声だけで終わるのかな…なーんて思っていたら、耀次郎の声が!
耀次郎…ちょっと優しくなった?
性格、じゃなく声が。
それとも浪川さん、最後の最後に誘ってるんですか?
…さては、耀次郎にLOVEな腐女子(だけとは限らないけど)をもっとLOVEにさせようと…?!
それと、蒼鉄は死んじゃうのかなー?
蒼鉄の舞台に幕が下りるわけだし…。
一座の皆で(赫乃丈の声は聞き取れなかった)先生…!って。
最終回、楽しみだ!&寂しくなるなぁ…(´Д⊂グスン
もう、耀次郎に会えないなんて…!
何と酷い仕打ち!残酷非道!
私等に耀次郎LOVE(&その他脇役キャラへのLOVE)を断ち切れと?どう考えたって無理。それは死ね、と言われるのと同じ事だね。
腐女子から萌え(BL)をとったら、いったい何が残ると言うのだ!…普通に戻るだけだよね、うん。
何か、始め言ってる事と後言ってる事ちょっと違いますが…お気になさらず。

耀次郎は、死なないですよね…!(死んだら嫌
でも、勝って外国って…。
耀次郎が外国…。全く想像できません。てか、言葉通じなくて誰かに騙されて犯され…ゲフンゲフン。
(こういう妄想大好きなのですが、何か?/こら)
やけに長い文、失礼しました…!
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。