スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記その7~雨にも風にも負けた岩~

去年のGWに腐女子友・才蔵クンと行って来たトルコの旅行記です。

合併号でジャンプも出ないし、よりぬき銀魂の感想は書いてないし、あんまり書くことなーと思っていたんですが、書きかけ中途半端な旅行記がごっそりあったことに気付きました。
秋にまた旅行に行くので、それまでは旅行記強化月間にしよう!!
と思ったり思わなかったり・・・(煮え切らない)。
モリモリ更新しようと思ってても、いつのまにか半年ぐらい間空いてますからね。
不思議だ。
例によってこのトルコ旅行記も前回の更新が1月です。
すでに旅の記憶は全くございませんが、一応旅行中はメモを取っていたのでかろうじて旅行記を書ける状態です。
もうメモを見ても他人のメモを見ているようですが。
これホントに私が書いたのか?

前回までのトルコ旅行記はこちら↓
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-32.html

イスタンブール空港で、トルコの現地ガイド・ギュンと合流いたしました。
ちょっとその道では有名な人らしく、大企業の社長や各国のお偉いさん、芸能人などのガイドを引き受けることも多々あるそうです。
日本語はうちの父(無口)より流暢なぐらいでした。
なにより知識が豊富でビックリです。
原稿丸暗記な説明ではなく、質問に答えてくれたり色んな興味深い話をしてくれました。
話が面白いガイドっていいですよね!
彼のおかげでトルコ旅行が1.2倍くらい素晴らしくなりました。
スーパーガイド・ギュンには、お土産はどこが安いからあそこで買え、写真はここで撮れ、これは大事だからメモれとメモの取り方までコントロールされました。
全ては彼のアドバイスのままに・・・!

最初に訪れたのはカッパドキアのギョレメ野外博物館です。
すごいギョレメ
噴火でたまった溶岩が、何百万年もかけて雨に打たれたり強風にさらされて、こんな地形ができたそうです。
すげえな、雨!風!そして地球!
こんな風に岩もえぐっちゃうなんて、雨に打たれたり強風に当たったりするのがちょっと怖くなります。

野外博物館には岩を掘って作られた教会や修道院がたくさんありました。
博物館とはいってもただの遺跡群です。
中に入れます
実際いくつか中に入ったんですが、ヒンヤリして涼しかったです。
よく岩を掘ろうと思ったよな~。
壁を触ってみると、指で擦るだけでホロホロと崩れてきました。
ヤバイ、世界遺産壊しちまった・・・!
確かにこれだけ柔らかかったら掘りやすいと思うけど、崩壊しそうで怖いんですけど。
内壁にはキリストのフレスコ画が描かれていたりしてすごかったです。

昔の食堂とテーブルもありました!
食堂跡のテーブル
昔の食堂は掘りごたつ式だったようです(見た目)。

2時間ほど観光した後は、洞窟を改造したレストランで昼食です。
洞窟レストらーん
意外に綺麗な内部
洞窟レストランというより、内壁が石というだけの普通のレストランだったような。
鍾乳洞垂れ下がる真っ暗な洞窟で、ロウソクの灯りの元、カエルの足が飛び出たおどろおどろしいスープでも食べるのかと思ってました。
普通に電気も通ってるのか。
電気が点滅していたのがせめてもの洞窟っぽさの演出でしょうか(単に切れていただけとも)。

料理はスープがなぜか2回出ました。
スープその1
スープその2
お前の腹など腹タプタプになってしまえ!!という呪いをかけられたと受け取っていいんでしょうか。
どっちも日本じゃお目にかかれないような香草の香りして不思議なスープでした。
料理全体にいえるけど、味付けは薄味です。

メインは魚でした。
こんがり魚G
正確に言うと魚焼いただけでした。
そして正直言うと大して美味しくも無く。
骨がすごくて食べるのに大変苦労しました。
きっとこれはこんがり魚Gだ(byモンハン)、体力回復を高めてくれるんだと自分に言い聞かせて食べました。

デザートはお米を使ったプリンでしたよ。
お米プリン
程よい甘さの優しい味で美味しかったんですが、米粒がざくざく入っているという斬新なデザートでした。
お米は隠し味とかでいいと思うよ・・・。

レストランにはお土産屋さんも併設してたので、食べ終わった後に行ってみました。
お店の人が北海道にも来たことあるらしく、人懐っこく話しかけてきます。
思えば観光地のお土産屋の店員は、みんな日本語喋れたなー。
小物やら紅茶やら心惹かれるものも置いてあったんですが、ギュンがお土産はここでは買うなっていうので買いませんでした。

次回はギュンのお友達の家に行った様子です!
関連記事

コメントの投稿

Private :

Re: NO TITLE

ころもさん、こちらでもコメントありがとうございます!
何度でも絡んできてください(人∀`)
こぉーーーい!!(手を広げている)

PCからみたら普通でしたか!
いや私もPCからしか見たことないんですが。
携帯でみたら長文過ぎて「このパケット泥棒がぁ!!」と自分につっこみたくなりますからね。
よくわかんないですが、携帯版では写真がリンクになってるからですかね??
また変なことありましたら言ってみて下さい!
多分対処できないんですけど!(知識が無さ過ぎる)

千年経っても色あせないフレスコ画は、現代になっても忠誠心色あせず伊達の神社を守り続ける片倉一族に通じるところがあります(無理やり)。
ロ・マ・ン!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

ころもさん、こちらにも拍手コメントありがとうございます(人∀`)

フレスコ画は「壁に塗った漆喰の乾かないうちに水性絵の具で直に絵を描いたもの」だそうです。色が大変美しく 、耐久性は抜群で数千年保たれるとのこと。
(ころもさんの知識が3上がった!)
今調べたんですけどね!
数千年前の色が現在でも残っているのにロマンを感じます。

この記事の最後、何か変でしたか??
私のPCではいつもと同じように見えてるんですが・・・。
最後にはタグも使ってないはずです。
何か見えない等の不都合あったら言ってくださいね!
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。