スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ガンダムダブルオー感想

『劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-』の感想です。
本日観て来ましたよー!
会社休んで。
だって・・・街中の混んでる劇場でしかやってないんだもん!
知り合いに見られたら困るじゃない!
あれ?アオイさん?何観んの?え?ガンダム?もしかしてあなたオタク!?!なんてことになったら困るじゃない!
平日の真昼間に行ったのに結構混んでるのね。
みんな会社休んでるの?
ちゃんと会社行かないとダメよ。

テレビシリーズ二期の最後で告知されて以来、今か今かと公開を待っていたはずなのに、あまりに月日が経ちすぎてすっかり忘れていました。
気付いたらもう公開間近になっとる!
公開前日に慌てて前売りを買いに行きましたよ。
ふぅ。
こんな感じだったので、ほとんど事前情報も知らず、劇場版公式ページをみてテレビシリーズの最終2話復習した程度で劇場に行ったんですが、なんか色々甘かったです。

今回のガンダムは壮大だった・・・!!!

ってことで、以下激しく劇場版ネタバレです。

何が壮大だったって、敵が地球外生命体だったことだよ。
しかも戦うのではなく、お話して理解するのが目的だよ。

ね?壮大でしょ?

偉大なるストーリーを簡単に説明すると、自分の星が滅びちゃったので金属生命体が地球にやってきて、地球を理解するために自分の中に取り込もうとしたんだけど、刹那が話を聞いてあげたので宇宙にお花を咲かせるだけで思いとどまり、刹那は彼らを理解するためにその星まで行って自分もメタル不老不死になって、地球に帰って来た頃には既に何十年も経っていて、老女となったマリナ王女と再会し「やっぱり戦いはダメだったね、お前の言うとおり!」と悟るというストーリーです。

何がどうしてこうなった。

あえて言わせてもらう!
ストーリーは残念であると!!!

思わずグラハムさんの真似をして叫びたくなります。

テレビシリーズでは人対人だったんで、今回もそうだと思ってたんですよ。
かりそめの平和を取り戻した地球に、新たな敵が現れ、再びソレスタルビーイングが「武力介入による戦争の根絶」を掲げて再始動する、というストーリーだと思っていたんですよ。
戦争うんぬんの前に地球外生命体ですがな。
地球侵略されかかってますがな。

その状態で会話しようという発想がすごい。
そんなヤツラと理解し合おうと思うのがすごい。
それをできるのがイノベイダーである刹那だけだとみんなわかっていて、刹那にお話をさせようと皆が必死なのがすごい。
そしてそれができちゃったのが一番すごい。

てっきり新キャラのイノベイダー純粋種・シャーマンが今回の敵なんだろうと思っていたら、あっさり地球外生命体にやられて死んでしまいました。
え!?!刹那のライバルじゃないの?!?
モルモット扱いされた軍に復讐するため、刹那の前に敵として立ちはだかるとかじゃないの?
死んじゃうのーーーーーΣ(゚д゚;)(劇場にこだまする私の叫び)
刹那と会話すらしませんでしたね。
「地球連合軍のパイロット・・・」と名前すら呼ばれずに終わりました。
ビックリした。
この子・・・必要だった?

地球外の金属生命体のエルスさんは、小さい▽を無数に飛ばしてくるというのが主な戦い方だったので、とにかくハエ叩き的な戦闘でした。
マイスター達は一生懸命叩き落しております。
せっかく大画面だからモビルスーツ同士の戦闘シーンがもっと観たかったなー。
地球外生命体にそれを望むのは厳しいということか。
MOTTAINAI!
グラハムさんがガンダムにちょっかい出してくるのに期待していたんですが、彼は改心して愚行を止めたそうです(自分でそう言っていた)。
今はおかしな仮面も取り、部下も従え、至極まともな軍人となっております。
一体どうしたって言うの・・・ガクガク(((( ;゚Д゚)))
まともすぎて、むしろカッコ良かったです。
最後は刹那を敵母船(?)に送り込むために玉砕するんですが、刹那には「あの男・・・」と呟かれただけで終わっていた。
随分簡単だな、おい!!
もっと感動とか、悲しみとか、驚きとかないの!?!
もしかしてストーカー的に愚行してた人と同一人物って気付いてないんだろうか。

ストーリー的にはアレでしたけど、テレビシリーズの2年後の各キャラがみれて楽しかったです。
ほぼ全員集合という感じでした。
フェルトが刹那好き好きオーラを出していたのにちょっとビックリ。
刹那はまるで気付いてませんでしたけどね。
目の前の女の子の気持ちも理解できないヤツに、なぜ地球外生命体の気持ちが理解できたのだろうと疑問は残ります。
健気なフェルトは微笑ましかったです。
刹フェルかと思ったら、オチは壮大なる刹マリでしたが。

コーラは相変わらずお笑い担当でした。
パジャマに三角帽子かぶるってどうなんだ。
あんな三角帽子かぶってるのサンタクロースぐらいしか見た事ない。
戦闘中にカッコよく死ぬのかと思ったら、やっぱ死にませんでしたね。
らしくて、めちゃめちゃ和んだ。

テレビシリーズでは肉体が無くなったティエリアですが、劇場版では復活してました。
自分で作ったみたい。
あ、うん・・・必要だしね・・・。
その後、刹那を助けるために自爆しましたが、次は小っさいティエリアとなって復活してました。
色々便利になったね、ティエリア。
刹那の肩に乗ってるのが可愛らしかったです。

それにしても。
300年も前に地球外生命体との対話を想定し、ガンダムを作り、イノベイダーへの変革を促したイオリアは天才どころの騒ぎではない。
神だろ。

手抜き感は一切感じませんでしたが、上映が終わった後、劇場はザワザワしてました。
そりゃザワワもするわな、という出来で。
ツッコミどころは多いですが、観に行ってよかったと思います。
関連記事

コメントの投稿

Private :

NO TITLE

ももさん、拍手コメントありがとうございます!
お返事遅くなってスイマセンm(_ _ )m

待っていただいたわりに「どうなの~?」な感想になってしまいましたが・・・。
途中までは良かったんですけどね!
ラストは精神論すぎてポカーンでした。
まさか来るべき対話が本当に話し合いだったなんて。
人と人の醜い争いが観たかったぜ・・・。
でもガンダムシリーズにしては斬新でしたよね。
ガンダムなのに闘わんのか!という。

グラハムの見せ場も満載でしたね。
最後はカッコよく散りましたけど・・・。
まともなパイロットになってどうしたの!?という感じですが。
グラハムとロックオンは受けですかΣ(´Д`;)
私はまだロクティエを受け入れられなかった頃、ロク刹でした・・・。
グラハムはおもしろ要員としか見ていなくw
☆トレのカップリングは同じで良かったです(ノ´▽`)ノ

秋田、ご実家なんですね!
いぶりがっこ最高です!あとギバサは粘りが強すぎて喉に詰まりそうです!
温泉いっぱいあるのでまた行きたいです。

それではももさんがBASARAに追いついてくれるのを待っております!
BASARAじゃなくてPASARAになってましたけど・・・いつかきっと・・・!
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。