スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記その10~洞窟ホテルでまったり~

去年のGWに腐女子友・才蔵クンと行って来たトルコの旅行記です。
ん?去年??
・・・ハッ!もう一昨年・・・!!!
頑張る!頑張るよ!!

頑張りの歴史!トルコ旅行記はこちら↓
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-32.html

現地ガイド・ギュンが「雨イヤだからもう帰ろう」っていうので、日程を切り上げて早々にホテルへ帰ってきました。
トルコ1泊目はカッパドキア近くの洞窟ホテルです。
洞窟といえば薄暗くジメジメして天井からは鍾乳洞と蝙蝠が垂れ下がっているイメージですが、全くそんなことはなく普通の部屋でした(当たり前といえば当たり前)。
セコムしてない
むしろ丸くてかわいらしかった。
壁がカッパドキアの洞窟と同じなのかな?ホロホロしています。
確実に耐震基準は満たしていなそう。
トルコは地震ないのかな~。

ベッド脇の大きな窓を開けると中庭に面していて、容易に他者の侵入を許す造りとなっています。
セコムしてますか・・・?
大事なものは現金とパスポートとPSPしかないんだけども。

ギュンのわがままのおかげで夕食まで3時間以上も時間があったので、ホテルを探検して回りました。
本来ならアップグレードプランになるホテルらしいので(手違い?で泊まれた)、立派でした。
中庭にはバーやプールもありましたよ!
これが洞窟ホテルか
ツアー会社からは「プールあるから水着持ってくるといいですよ」と言われてましたが、そんな季節じゃない気がする。
人っ子一人泳いでない。

中庭から見える景色は絶景でした。
泊まっているところから世界遺産が見えるってすごいね!
背後に世界遺産

夕食はレストランビュッフェでした。
すごくいっぱい種類があった!
不思議としかいいようがない
色々皿に取ってはみましたが、どんな料理なのか全く予想が付かないものばかりです。
実際食べてもポカーンとするものが多かった。
なんというか独創的な・・・不思議な料理でした・・・。
トルコ料理といえばケバブが有名ですが、少しずつ剥ぎ取ってくれるチキンのドネルケバブがすごく美味しかったです!
トルコで食べたもののなかで一番美味しかったな~。
4回は取りに行った気がします。

デザートもたくさんありました。
まばゆいです
ぬらぬらと食品らしからぬ極彩色を発しています。
綺麗(人∀`)
・・・だけど食べれるの?!
日本では認可されない着色料使ってる気がする。

カクテルグラスに入った赤いデザートがあったんですが、ゼリーかと思いきや予想以上に柔らかく、ジュレかしらと思いきや、ただのイチゴジャムでした。
先生!イチゴジャムはデザートに含まれるんですかー!
甘ぁぁぁ・・・(´Д`;)
お洒落に盛り付けたところでデザートじゃないよね、ジャムって。
どれもこれも綺麗だったけど(色が)、あまり美味しいものはなかったです。
トルコは世界三大料理なのに・・・おかしいな。

部屋に帰ってからはバスタイムです。
ヨーロッパのホテルではよくバスタブが無かったりしますが、トルコではちゃんと付いてました。
日本と同じ入浴文化があるんでしょうか。
やっぱEUとは違うね。
入れてもらえないだけあるね。

しかしなぜか異様に浅かったです。
なんなのこの石鹸皿みたいの。
体の大部分がハミ出ます。寒い。
気をつけ状態で寝そべらないと湯船に入りきりません。
棺に横たわっている気分になってきた。

風呂をあがった後は、一狩りして就寝しました。
明日は晴れますように。
ギュンがやる気を出してくれますように。
関連記事

コメントの投稿

Private :

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。