スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BASARA3プレイ記その4~初めての仲間~

今回はBASARA3政宗赤ルートの2戦目の様子です。

復活の一戦目を勝利で終えた伊達軍。
勝ち戦に興奮した二人はその夜にもう一戦(性的な意味で)挑んだに違いなく、倦怠期など吹っ飛んだと思われます。
ねえ、そうでしょう?と思って挑んだ二戦目。

戦前のこじゅまさ劇場はいきなり痴話喧嘩からスタートしました。
政宗に文句をつける小十郎。
 政 宗 「俺のやることがそんなに気にくわねぇか」
 政 宗 「俺の好きにしろ、とでもいいたいのか」
 小十郎 「耐えて伸びるも砕けて散るもすべてはあなた次第、ということです」


倦怠期なう。
二人とも落ち着いた口調で言い合っているのが怖いですね。
激しい口論より、静かな口論のほうがこたえるよ・・・( ノД`)
勝手にすればいいじゃない!なんて言わないで、もっと感情的に叱ってほしい。
感情的に叱って溜息交じりに小言を言ってハラハラしがらも付いて来てよ!
全く貴方って人は・・・って苦笑して優しく抱き締めてよ!

険悪伊達主従・・・寂しい( ノД`)
もっと熱くいこうぜ、熱くよ。
クールビズの余波がここにも来たか。
感情的にならないだけ、政宗も小十郎も成長したということでしょうか。
そんな成長いらないのに・・・。
誰かタイムマシンを開発してくれ・・・あの頃の伊達主従に戻してくれ・・・。

今回は『長谷堂城の戦い VS最上義光』に行きます!
史実では政宗の伯父さんなんですよね。
政宗くんって呼ぶのが親戚の伯父さんっぽくてなんかいいなー( ´艸`)
実際は一切親戚描写はなかったけど。

行くぜ!付いて来い、小十郎!(シーン・・・)

最上ステージの最初は川を下る舟の護衛です。
川下に先回りして砲台を壊し門を開けてやらないと一人で進めないんですよ、この船。
それが意外に急がされて超めんどい。超だるい。
砲台を壊すのが遅れると「船が砲撃されてござるぅぅ!」と喚き、門を開けてやらないと「迂回するしかなしぃぃ!」と恨み言をぶつけてきます。
最初は政宗のレベル上げるために雑魚をくまなく倒してチョロチョロしてたら、味方船がガツガツ砲撃受けて、ルンバみたいにグルグル迂回してました。
この子、めんどくさいわぁ。

姿は見えないくせに、小十郎の声はしっかり聞こえてきます。
これで愛ある小言だったら萌えるんだけど、嫌味臭いことばっかりだからなー。

小十郎 「政宗様、今はこのような小物に戦力を割くときではありません」
政 宗 「・・・・・・・」


無視した!小十郎を無視した!!
政宗は少しばかり遅めに反抗期がやってきたようです。
もう最上領に来てるんだから今さらガタガタ抜かすなっ!と心の中で言い返しましたが、政宗がビシッと言ってくれました。

政 宗 「いや、たかだか小物だから、だ。俺が待ちに入る必要はねえ」

筆頭ーーーー(≧∀≦)ノノ
かっこいいーーー!!

いつでも攻めの姿勢、それでこそ政宗ですね!受けだけど!
小十郎はそれでも気に入らないらしく

小十郎 「今一度刀を納めて己に問いかけられよ!」

と、文句を言ってきます。
己どころかお前に問いかけてーよ。
一体何があったんだ。何でそんなにクールさを求めてるんだ。
いいじゃないの、ちょっとぐらいホットでもさ。
しかも文句をぶつけておいて、小十郎はいませんからね。
小十郎!!小十郎はどこだ!?!
政宗の背中がら空きですが。
BASARA3は仲間システムとやらのせいで、一定条件下のいくさの後に仲間にした武将以外を連れ歩けません。
私の政宗はまだぼっちです。
ぼっち寂しい・・・無印を思い出す(ノ◇≦。)
散々会話してるんだから、せめて自軍の武将ぐらいは最初から仲間にしておいてくれてもいいと思うんですけど。
声だけ聞こえるってなんだ。
守護霊かよ。


どうやら最上軍の『了解!』は、『玄米茶ー!』というらしい。
なにそれかわいい。
なんで玄米茶なんだ。緑茶じゃいけないのか。
なんだかほっこりすると同時にぼっちの寂しさをヒシヒシと感じながら、最上さんのもとへたどり着きました。

ここで、政宗と小十郎が最上さんに向ってザッザと歩いていくというムービーが入ります。
社交ダンスのようなテンポと息の合い具合!
今まで守護霊だった小十郎が当然のように実体化して隣にいます。
なんだ・・・いたんだ・・・?
小十郎を従えながら、政宗がものすごいアゴを突き出して偉そうに歩いているのが主従って感じで好きです(人∀`)
伊達主従は、二人そろって思いっきり最上さんをバカにしていますね。
小十郎は敵武将には礼節をわきまえていそうなのに、聞こえるように悪口言ったりと意外に意地が悪い。
政宗と一緒になって悪ノリしているようです。
最上さんを相手にする時だけはこじゅまさの仲が良くってほのぼのやり取りが多いのでニッコリします( ´艸`)
BASARA2におけるサビーのような立ち位置なのね、最上さん!
そういえばあの時はザビーさん見て二人でクスクス笑ってたよね。
それぐらいいちゃついてもいいのよ?

一通りムービーが終わると、小十郎はまた霊体に戻っていきました。
お前が見えない・・・。

政宗 「あんたにゃ悪いが、最近の俺は虫の居所が悪くてね」
最上 「なんだね、その凶悪な笑顔は!」


完全に八つ当たりされてます、最上さん。

政宗 「ちょうどいい腹いせってやつだ、小十郎には黙ってろよ」

黙ってろっていうのがカワイイ。すごくカワイイ。
色々悪さやってこうやって皆に口止めしてるんだろーなー。
でも見つかってあとでお仕置きされるんだろーなー。
まぁ今だって黙ってろって言っても背後にいるんですけどね。見えないけど。

最上さんは戦い方も土下座ありティータイムありと面白いですね!
欝展開のBASARA3の中でほっこりする存在です。
ニコニコしながら撃破させていただきました!

戦い後、初めて政宗に仲間が!!
小十郎?小十郎なのか?・・・?

『鮭延秀綱が仲間になりました』

誰!?!(力強く)
関連記事

コメントの投稿

Private :

Re: No title

いけこさん、こんばんは!
プレイ日記読んでくれてありがとーございます(人∀`)

このプレイ日記は初回プレイ時のメモを元に書いておりますが、
実際はもう政宗で6周ぐらいしてるので小十郎もしっかり仲間です!
全然役に立ちませんけどねー。
ホント敵武将ふっ飛ばすのヤメテクンナイ・・・?
サミットの時、言ってたいけこさんの言葉が身に沁みます。
最上さんのほうが役に立つ!!

実は小十郎より役に立つ鮭延さんの豆知識ありがとーございます(´▽`)ノ
自分で調べる気も失せるほど「誰!?!」って感じで・・・。
正直政宗の初めての仲間は小十郎だと思っていたので落胆しました。
政宗と歴史的に深い関係もなさそうなのに初めての男とは・・・クッ!
「誰だよ」「なんでお前なんだよ」と私から冷遇を受けていましたが、今ではちょくちょく連れ回すほど便利な男となりました。
以後のプレイ記で活躍する予定です( ´艸`)

No title

こんばんは、アオイさん、こじゅまさー!

プレイ記、毎度爆笑しつつ楽しんでおります。
政宗様一周目終了で小十郎仲間になりますので、頑張って下さい!
離れている時間が長いと、その分きっと愛は深まってるはず!?
あ、でも、伊達主従倦怠期か・・・。

鮭延さんは、元は最上さんの敵だったのですが、篭城して負けちゃいまして、でも最上さんの人柄に惹かれて味方武将になったそうです。
で、色々あって改易されて、でまた、色々あって土井家に仕官した際、一緒に苦労してきた家臣たちに禄高ぜーんぶあげちゃって、自分は日ごと月ごと家臣たちの家に居候して回って養ってもらったというお人でございます。
ものすごいざっくり解説(笑)。
「乞食大名」で検索されたら、色々詳しく分かりますよー。

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。