スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記その17~ソープはこちらです!~

2009年に腐女子友・才蔵クンと行ってきたトルコ旅行記です。
今月は頑なに旅行記更新!
このBIGウェーブに乗り、一気に終わらせにかかっています。
アオイの本気を見せてやる!!
ただし持続力はない。

腐女子二人のトルコ旅行の軌跡はこちら↓
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-32.html

パムッカレ観光の後はホテルへ向かいました。
この日は二階建ての棟がいくつも並んでいるコテージのようなホテルでした。

ウェルカム!

青い柵のバルコニーが可愛らしいですが、これすごく人登りやすい仕様じゃね?!
泥棒ウェルカム!!な作りに見えますが、きっと気のせいです。

部屋は綺麗でしたが、クーラーが曲がって設置されているのがどうしても許せない。
お部屋
明らかに曲がってますがな!

どうしてちゃんと測って設置しないんだよ!
パッと見で明らかに曲がってるじゃない!
日本だったらクレームものですが、こういうところが外国って感じがします。ゆるすぎや!

夕食はホテル内のレストランでビュッフェです。
ホテルがデカいのでとにかくすごい人でした。
特に珍しいものもなく、普通に美味しかったです。
あと何か茶色かったです。
なんか茶色い

部屋までの帰り道、コテージ群に突如現れる日本風の灯篭。
いきなりJAPAN!

ものすごい違和感である。
いきなりエキゾチックJAPANである。

なんでやねん。

朝食もビュッフェ形式でしたが、レストランに行ったら席に着く前に強制的に茹で卵を渡されました。
卵は必須です

食べたいとか一切言ってない。
食べないといけないんですね、了解しました。
才蔵クンが白い服をトマトソースだらけにしていたことと、帰り道階段を踏み外してガタタタって落ちて行ったのが印象的な朝食タイムでした。

この日の観光はエフェス遺跡です。
エフェスはギリシャからの移住民が作った都市国家だそうです。
なるほど、すごくギリシャっぽい。
ギリシャっぽい1
ギリシャっぽい2

特に何に囲われていることもなく、放し飼いでムキ出しの遺跡たちにはもう慣れました。
上に乗るのも飛び跳ねるのも自由です。

ナイキマークの由来になったという勝利の女神ニケの遺跡がありました。
ナイキの祖先

女神ニケ(NIKE)の読み方を変えて『ナイキ』としたそうですね。
左下の辺りに例のピンハネマークがありました!

デ ビ 夫人がトルコに来た時にギュンがガイドしたそうですが、この坂ですっ転んだらしい。
床の大理石が滑りやすいので気を付けて!
確かにツルツル

これは公衆トイレの跡だそうです。
そわそわして出ない

隣と近くね!?!つーか丸見え丸聞こえじゃね?!
こんなんじゃ恥ずかしがってなかなか出てこないですね、アイツ・・・。
穴の下には水が流れてて、今でいう下水処理がされてたらしいです。
すげーな!

こちらはケルスス図書館。
表側しかなくなっちゃっててハリボテみたいになってますが、パピルスしかない時代にこんな立派な図書館があったなんてすごいですよね。
図書館立派!

なんとエフェスにはソープランドもあったらしい。
そしてこれがソープへの案内図。
ソープがある方向を示す足形が残されてます。
こちら!

今でいう「アニメイトはこちら→」の看板ですね。
広告の役目もしていたそうです。
そんな時代からこんなこと考え付くなんてすごいなと素直に感心しますが、なぜそこまでソープだけをアピったのかは疑問に残ります。
残ってるよ!現代まで残ってるよ!
関連記事

コメントの投稿

Private :

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。