スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツさん家に行ってきたよ!その5

腐女子友の才蔵君と行ってまいりましたドイツ旅行記です。

その5にして、やっと観光編に突入!
この歩みの遅さじゃ先が思いやられますね(ひとごと)。
妄想部分を省けば今の6倍は進みが早くなりますが、それはできません。
ドイツに行ったってぇーのに妄想なしなんて無理だろ!

◇ハイデルベルク城

最初に訪れた観光地は、ドイツ南部のハイデルベルクです。
全然名前聞いたことねーな知らんなレベルの知識(これ知識?)しかなかったんですが、街並みがとても綺麗なところでした。
バスを降りて、まずは街のシンボル・ハイデルベルク城に向かいました。
城へ向かう坂道から見下ろした風景がすっかり中世です。
プーはどこだ!

プーが馬でパカラッ!パカラッ!と走ってても違和感ない。
そしてまだ小さなムキムキが兄さんの帰りを今か今かと待ってても違和感ない。

ドイツに来たって実感!

ここではイヤホンガイドを使って、YSD氏の説明を聞きながら観光しました。
少し離れて写真撮っててもウロウロ悶々していても、ちゃんとYSD氏の説明やH急交通社に毒づく声が聞こえるので便利です、イヤホンガイド。

YSD氏のドイツ史についてのお話の中で、神聖ローマ帝国が後にドイツになる、ドイツの前身が神聖ローマ帝国というような説明があったんですが、私は神聖ローマ=ドイツではないと思います!
容姿が似てるしイタリアが大好きだから同一人物という説もあるようですが、私は完全な別人だと思うよ!
神聖ローマは消えちゃって、新たにプーの元に生まれた子がドイツなんだと思います。
金髪碧眼の弟に神聖ローマの面影が重なることはあっても、「アイツみたいにはしねぇ!」という決意を新たにするぐらいじゃないでしょうか。
ムキムキに注ぐような愛情は、神聖ローマにはなかったと思います。
プーが保護者として庇護するのはドイツだけだよ!
と、熱弁してたら才蔵君に「それ歴史の話やない!ヘタリアや!」とつっこまれました。
うん、ヘタリアだよ。

詩人ゲーテさんはハイデルベルクを超気に入っていたらしく、石碑がありました。
ゲーテっちの石碑

ゲーテ知ってるよ!ゲーテ!
ドイツの人だったんですね。
彼の作品では『若きウェルテルの悩み』が有名ですが、小学校の時に図書館で借りて読まずに返した覚えがあります。
難しいよ!
石碑に書いてある内容もYSD氏が教えてくれたんですが、全く覚えてませんスイマセン。
ハイデルベルク、ラァブ!!みたいな内容だった気がします。
違うかな?

ハイデルベルク城は、戦争で荒廃したままの姿で残っています。
なんかそれが返って威圧感あるというかRPG的で存在感ありました。
趣があります

立派な門だけど、お金がないか時間がないか忘れたけど(ほぼ説明内容を覚えてない子)なんらかの事情で裏側はツンツルテンです。
歴史的ハリボテ!
裏はツルツル

外壁を眺めた後は城門を通り、城内へ向かいました。
城門にある丸い取っ手には、「魔女の噛み跡」と呼ばれる大きなヒビがあります。
歯型?

王様が「これ噛み切れたらこの城あげちゃうよ~?」とあおった時、臣下の方々はドン引きでしたが(予想)、その時現れた魔女が噛み切ろうとしてこの傷がついたという伝説があるそうです。
糸ようじに引っかかって歯がかけた私には挑戦しようがない話です。
今度こそ歯、持っていかれる。

城門を通ると中庭が広がっていました。
一気に中世。
綺麗な景色でした!
中庭の風景

城内は現地のガイドツアーでしか見学できないそうですが、地下貯蔵庫のワイン樽が公開されています。
樽でか

デカ過ぎだろ。
直径7m×奥行8.5m、容量22万2千リットルの世界最大級のワイン樽だそうです。
樽の周りに通路があってグルーッと一周できます。
デカさ確認。
これ全部にワインとか・・・ゲッソリです。
飽きないんですかね。
ビール飲みたくならないんですかね。


こちらが樽の見張り番をしていたというワイン好きのオッチャン。
像になってもワイン

水代わりにワインをがぶ飲みするほどのワイン好きだったらしいですが、死因は間違って水を飲んでしまったことらしいです。
どういう死因?新手のショック死?
私が別CP本を見たら死にそうになるようなものでしょうか。
この人の像の隣には「引っ張ってね★」という怪しさ満点の紐が垂れた箱があり、実際引っ張るとドチャーっと色々出てくるビックリ箱です。
いたずら好きの人だったみたいですね。
ビックリ箱よりむしろ、水飲んで死んだという経歴のほうがビックリですけど。

城内を後にして、外にテラスに出ました。
ここから見下ろす旧市街の景色がホントに綺麗(人∀`)
しばし見惚れてました。
旧市街一望

このテラスには丸い窪みがあります。
足跡

王様の不在時に王妃が浮気相手を連れ込んだところ、急に王様が帰ってきて、浮気相手が慌てて窓から飛び降りて逃げた時についた足跡だとか。
こんな跡が付くなんてどんだけデブだったんだろう・・・Σ(゚言゚;)
ちなみにこの足跡に足がぴったり合う人は、浮気性やプレイボーイといわれるそうです。
YSD氏がツアーのお父さんの足をハメさせ、「浮気症ですね~」と笑いを誘っております。
周囲に人けがなくなってから私もやってみましたがピッタリです!
誰でもハマるような

ねぇねぇYSD氏、私もハマりますよ!

・・・まぁスルーでしたけど。

誰でもハマる気がします。

次はたった今見下ろした旧市街を観光します。
関連記事

コメントの投稿

Private :

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。