スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツさん家に行ってきたよ!その13

2012年の5月末~6月にかけて腐女子友・才蔵くんと行ってきたドイツの旅行記です。
その13まできて、やっと3分の1!
今回は忌み数13に相応しい内容となりました。

前半の旅をまとめ読み!↓
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-37.html

【CATION!】今回の旅行記はお食事中には決して読まないでください【CATION!】

ついでに潔癖症の方、感応されやすい方は読まないほうが良いです。
もらいゲロをする可能性があります。
では、心を整えてからどうぞ。

◇食欲がない・・・どころではなかった
10分のかっこみ朝食からバスに揺られること4時間。
バス移動ではほぼ寝ている私ですが、この時は車中が蒸し暑い気がして胸が悪くあまり寝られませんでした。

向かっているのはノイシュヴァンシュタイン城です。
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったと言われているお城で、まさにおとぎ話に出てくるようなロマンティックなお城(人∀`)
ベルリンの壁とともにドイツに行くなら絶対外せないと思っていた観光名所です。

このお城を建てたルートヴィヒ二世は、子供の頃に男の子宛てにラブレターを書いたという記録が残っているそうです。
なんという将来有望株。
こんなロマンティックなお城を建ててしまったのも頷けますねー。
無駄遣いが過ぎてクーデターを起こされ、謎の死を迎えるという不運なお方ですが。
近くにあるホーエンシュヴァンガウ城からお城ができる様子を眺めていたそうです。
ワクワクしすぎ。
こっちでもいーじゃない

到着してから城の見学前にまず昼食です。
さっき朝食かっこんだばかりだけど、時間的には既にお昼なんですよね。
お城の麓にあるレストランでいただきました。

飲み物は白ビールにしてみました。
ケーニッヒ・ルードヴィッヒ ヴァイスビア!
たぶん美味しかった

白ビール(=ヴァイツェン)は日本では馴染みがありませんが、大麦ではなく小麦を多くの割合で使用しているビールです。
苦味がなくフルーティーで美味しい(人∀`)
帰国後もこの味が忘れられず、ヴァイツェンを探す毎日です。

スープとパンと、メインはロールキャベツでした。
何スープだか覚えていない
ざぶとん?

おっきくね?座布団じゃね?
私の知ってるロールキャベツと違う・・・。
ちょっとロールされすぎてる気がしますね。
巻くを通り越してもう抱きしめられてる。
この安心感のあるキャベツは・・・。

不味くはなかったですが(すごく美味い訳でもない)量が多すぎてなんだか胸がムカムカしてきたので、あまり手を付けずビールだけ飲んでいました。
なんだか胸がムカムカしようと、ドイツの食事でビールをたしなむのは義務だと思っている。
思えばこれも悪かった。

◇アオイ、マーライオンになる
レストランの前からは、お城の近くまで行くバスが出ています。
皆でバスを待っている間、胸のムカつきが吐き気に変わり何やらグォオオオとせり上がってくるものがありました。
やべえ、吐く。
添乗員YSD氏にいうと「一緒に列抜けてトイレまで行きましょう」となったんですが、二人で列を離れた途端、我慢しきれず車道で吐いてしまいました。
我慢して我慢して吹き出したので、吐くというより噴射に近い勢いです。
しかも手で口を押さえてたもんだから、それが邪魔になって吐いたものが円弧上に吹き広がるという芸当をみせました。
マーライオンを超えたぜ、俺は・・・(涙目)
シルエット的には孔雀です。
まぁ実際アレなんですけど。
ホントすいません。

道路に散らばったソレは拾うわけにもいかず、仕方ないのでそのままにさせていただきました。
ホントすいません。
そのうち土に還りますから。きっと栄養になりますから。
ホントすいません。

吐いて少しスッキリしたので、一人でレストランのトイレへ行きました。
幸い服やカバンには付きませんでしたが、口の周りが完全にゲ(以下略)
ついでに受け止めてしまった手も完全にゲ(以下略)
手と口を洗わせてくれ!

私がバシャバシャやっている間にどうやら城行きのバスが来てしまったらしく、皆が乗り込んでいる様子がイヤホンガイドから聞こえてきました。
結構離れてても聞こえるもんなのね、イヤホンガイド。
一応走ってバス停に戻ってみましたが、ちょうど目の前でバスが行ってしまいました。
え?どうすんの、これ??と思ったら才蔵くんが一人ポツネンと待っててくれました。

バスのチケットは団体で一枚のものらしく、YSD氏が持って行ってしまいました。
才蔵くんへ「多分乗れるから。なんか言われたらそれらしいこと言って無理に乗り込んで来て」という伝言があったんですが、無茶ぶりのような気がしないでもありません。
第一ドイツ語話せない。
すぐに次のバスが来て、乗り込む時に「チケットは?」みたいなことを聞かれましたが、「団体なの!置いていかれたの!乗せて!!」的なことをいうと(日本語)なんか乗れました。
多分、めんどくさくなったんだと思う。

バスを降りた先ではYSD氏&ツアーの皆が待っててくれました。
皆口々に大丈夫ですか??と心配してくれましたが、全然大丈夫じゃないです。
いまだ吐き気がおさまる気配はなしです。

◇恐怖の絶景マリエン橋
バスを降りてからは、マリエン橋というお城の全景が見えるビュースポットに行きました。
ここでしばしの写真タイムです。
吐き気にゲッソリしていましたが、写真だけは撮らなければなりません。
写真に残しておかないと!記憶は無くなるものだから!

狭い吊り橋なんですが、その上は観光客で大混雑してました。
人がいっぱい乗っているせいでギッシギッシいってます。
ちょっ、怖ぇぇぇ!
本当に作りが簡単な橋なんです。
しかも木造ですごく古い。
橋の下にはネットなどなんの補強もされておらず、木板と木板の隙間からはるか下方の川が見えます。
高さ90mの峡谷にある吊り橋ですよ。
ちなみにネットで見つけたマリエン橋の写真・・・(((( ;゚Д゚)))
怖すぎ・・・

ここから落ちたら確実に死ぬっていうか、死んだことも確認できないぐらい下に落ちることになります。
まぁ、落ちなくても今私死にそうなんですけど、吐き気で。

とりあえず人込みを縫いながら、写真を数枚撮りました。
晴れていたのですごく綺麗に撮れたよー(´▽`)ノ
モザイクぇ・・・

ちょっとズームを引いてみると、周りの風景もすごく綺麗なのよね~。
引いても素敵

ホントにおとぎ話のお城のよう(*≧∇≦)
一部が工事中だったのがホントに残念です。
覆われたネットがモザイクみたいでなんだか卑猥な城に見えてきました。

冬期は閉鎖されるというマリエン橋ですが、オールシーズン閉鎖した方がいいんじゃないかという恐ろしさでした。
でも絶景!

◇新たなるライン川の誕生
吐き気にゲッソリしていると、ツアーの人が心配して水と酔い止め薬とジップロックをくれました。
自分の水はバスに置いてきちゃってたので、すごくありがたかったです。
この強烈な吐き気は車酔いだけではないと思うけど、ちょっとはマシになるかもとすぐに飲んでおきました。

マリエン橋から10~15分ぐらい歩いて城の入場口へ向かいます。
てくてく歩いている途中、またもや猛烈な吐き気が襲ってきました。
山の坂道なので周囲にトイレなどなく、さっきいただいたジップロックを用意する間もなく、道の脇で吐くしかありませんでした。
そんなに?というぐらい何度も吐いたので、ジップロック出すの間に合っても入りきらなかったほどです。
川のように力強く流れていく自分のアレをみて、「今ここに新たなるライン川が生まれたのである」と思うぐらいの余裕はありました。
さっき飲んだばかりの酔い止め薬が「キャーッ」と悲鳴をあげながらライン川に飲まれていくのが見えました。
ごめん・・・俺、消化できなかったよ・・・。
こんなところで吐いてホントごめんなさい、ドイツ。
なるべく目立たないよう道脇で吐いたから・・・。

旅行記というかゲロ戦記でホントにすいません・・・。
吐き気が治まらないまま、次はお城の入場観光です。
関連記事

コメントの投稿

Private :

Re: (笑)

はやまさん、こんばんはー(´▽`)ノ

ドイツ旅行記っていうか、ゲロ戦記でごめんなさ・・・。
あまりに酷いので「具合が悪かった」ぐらいの記述にしとこうかとも思ったんですが、やはりありのままを記すぜ!という妙な使命感に駆られ、ありのまますぎる旅行記となりました。
ホント、皆さんがもらいゲ(略)しないといいんですが・・・。
小政とりっぷじゃなくてこっちでコメントいただけるとは・・・。
マーライオンの奇跡ですね!

原因はいまだにわかりませんが、恐らく朝食をかっ込んだことと、チーズ・ヨーグルトなど食い合わせが悪かったことと、その直後バスに何時間もゆられたことと、ロールキャベツが座布団だったことと、そこにビールだけ注いだことと・・・
思い当たる節がいっぱいあります。
はやまさんも旅行の際は気を付けてくださいね・・・。

ノイシュヴァンシュタイン城は美しすでした!
もうホントおとぎの国のお城ですよー(ノ´▽`)ノ
と思いつつ、周囲に汚いもの吐き散らしてスイマセン、という・・・。
はやまさんが将来ドイツに行った時、やけに草が育った箇所があったらそこは私が栄養を与えた所です。
括目してください。

支倉主従、良かったんですよ~!意外に!(伊達主従を期待しすぎたため)
やはり空も小十郎よりも主のほうがツッコミ慣れてるんでしょうね!
てゆーか、空が小十郎のおかん的なポジションってwww
武将隊の母なんですね、空!
乙女ポジションは支倉様で決まりです(゚∇^d)

No title

ちささん、こんばんは!
ポチポチありがとうございます(人∀`)
旅行記好きと言ってもらえると嬉しーです!
遅筆ですが本当にマジ遅筆ですがお付き合いください(人∀`)

体調は大丈夫です!
マーライオンだっただけで特になんの病気なわけでもなく・・・と思っていますがどうだろう・・・。
昔から胃腸は丈夫だと思ってたんですが、年を取るにつれなんだか腹を壊したりゲロることが多くなりました。
ちささんもお気を付けくだされ・・・!

次の旅行記の続きもまた吐いているかと思いますが、よろしくお願いします!

(笑)

アオイさん、こんばんは~

衝撃のドイツ旅行記ですね・・・・・ば、爆笑しました!(笑)

この手の話、あまり得意じゃないのですが(得意な人がいるとも思いませんが)アオイさんの文章があまりに巧みなので、思わずコメントしてしまいました。
あれ?私、小政とりっぷ・その5にコメントする気だったのに・・・・どうしてこうなった(笑)

座布団型のロールキャベツのせいですかね?それともビール?
なんにせよ主食はじゃがいも&ソーセージ&ビアー、そこに車の長距離移動が加わればそうなるのも仕方ない気が・・・
ドイツ怖いお(^q^)

ノイシュヴァンシュタイン城はいつか行きたいと思っているので、将来の旅の参考にさせて頂きますwww

あ、支倉様&空のコンビ、超可愛いです~
私が見た小十郎&空コンビの時より、空のツッコミがノリノリで楽しそうで素敵・・・!
小十郎の時の空はほぼ、慣れない解説を一生懸命喋る息子を見守る、おかん的なポジションで、ツッコミは少な目でした。そんな空も可愛いが!(そこ?)
しかし蜘蛛に怯える乙女武将・支倉様が最高です(笑)
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。