スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘湯旅行記~銀婚湯その3~

腐友・才蔵君と行ってきた温泉の旅行記です。
モタモタしてる間に先日また温泉に行って来てしまいました。
なかなか秘湯感のある温泉だったので、そっちも旅行記にしたいと思います。
10年以内に・・・(リアルっぽくて怖い)。

とりあえずはこの旅行記を進めるぞ!
前回までの様子はこちら↓
要約すると虫と秘密基地です。
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-38.html

驚きの露天風呂を体験した後は、夕食まで時間があったので内湯の大浴場に行ってみました!
女湯・大浴場

湯治宿や秘湯と呼ばれるような所だとあまりに温泉成分が濃すぎてヒリヒリしたり湿疹出たりすることがあるんですが、ここの泉質はとっても肌に合いました(人∀`)
入っているだけでどんどん肌がスベスベしていくのがわかります(*≧∇≦)
膝を抱えて体育座りしようとしたら、足がツルンとすべって膝を抱えられないんですよ!
マジすべすべの実の能力者。
驚きの温泉効果であります。
女子力上がった気ぃするわ(´▽`)ノ

ちなみに大浴場の奥には露天風呂もありました。
これは裸のままで歩いて行ける普通の露天風呂でした。
女湯・露天

時間はまだ六時前でしたが既に外は漆黒の闇だったので、全く周りの景色が見えず、湯に浮かんでいる雪虫も見えず、無邪気にゆっくり温まることができました。
風呂から上がる時に、体にはり付いた雪虫の死骸に初めて気づいたぐらいです。

部屋に戻ったら湯上りの一杯です!
飲むだろ!風呂あがったらまず飲むだろっ!
風呂上りの一杯

何しろ8千円分の酒と食べ物買い込んでますからね。
飲み食いし放題です。

夕食は部屋食でした。
かなり品数が多く豪華(人∀`)
一日目夕食1

一日目夕食2

写真一枚に収まりきらねー!
刺身あり、鍋あり、凝った料理ありでどれもこれも美味しかったんですが、あまりに量が多すぎて食べきれませんでした。
二人ともまっすぐ座れいられないほどの満腹です。
御膳を下げてもらってもう無理・・・と座椅子にそっくり返っていたら、「デザートですぅ~」と別で運んできてくれたのが宿の焼印付きの黄色いカボチャまんじゅうです。
でかいよ!Aカップぐらいあるよ!
おっぱーーーい!


才蔵くんはジップロックに入れて持ち帰ってましたが(ジップロックを常備しているあたりオバちゃん・・・あ、同じ歳・・・)、私は頑張って食べた気がします。
もうあまり覚えていません。
多分辛い記憶すぎて忘れたんだと思います。

しばらく二人で陸に打ち上げられたようなアザラシのようにジッと動かずにいたんですが、お腹がこなれてきた9時頃、再び大浴場に向かうことにしました。
部屋を出ると、宿中真っ暗でビックリΣ(゚д゚;)
消灯、早っ!
真っ暗でなにが危険って、縦横無尽に廊下を歩いているカメ虫を踏まないよう歩くのが大変です。
カメムシときたら、まるでトラップのように所狭しと配置してあり、階段に潜んでいたり、足の下にスライディングして来たりするので、気が気じゃありません。
あのサイズの虫を踏むのは心のダメージが大きいので、才蔵君と「右クリア!」「左クリア!」と声を掛け合いながら進みました。

どうでもいいけど、露天入ったり内湯入ったりと忙しかったので、私はしばらく浴衣オンリーのノーパンだったわけですが風呂上りに久しぶりに股布を身に付けました。
(ホントにどうでもいい)
やだ、布ってあったかい・・・(´p`*)
今までどれだけ布が股間を温めていてくれてたかを知りました。
皆さん、パンツって大事ですよ!
思わず才蔵くんに「久しぶりにパンツ履いたらあったかい!」と今の気持ちを伝えたら「パンツ履いてなかったのかよ!!」という盛大なツッコミを受けました。
履いてなかったよ。

湯上りはやっぱり飲むだろ!
風呂上りにやっぱり一杯

夜も更けてくるとカメムシの動きも活発化してまいりました。
どっかでポップコーンでも作ってるのかと思ったら、カメムシが電灯の笠にぶつかったり障子にぶつかる音でした。
ひぃっ!
私たちが夜のパーリィを始めた頃、部屋の電灯の上でもカメムシたちのパーリィが始まっていたようです。
最初は4匹ほどしかいなかったんですが、ちょっと目を離したすきにいつの間にか20匹ぐらいに増えてて目を疑いました。
既に宿が消灯してる中、煌々とついているのはこの部屋の電気のみだったので、宿中のカメムシが集まってきた感があります。
どうすることもできないのでただただ虫たちのパーリィを見守るだけでした。

しばらく飲み食いした後、12時に大浴場の男女入れ替えがあったので深夜に再び大浴場へ行きました。
とにかく風呂入って酒飲むの繰り返しです。

男湯は岩風呂風でした。
男湯・大浴場

プールみたいに細長かったので誰もいないのをいいことに二人とも無意味に泳いでみました。
皆、もっと風呂に入れよ!(クロールしながら)

露天はこじんまり。
そんなに女湯と変わりなかった感じです。
やはり周囲は漆黒で何も見えません。
男湯・露天

寝る直前にももう一度お風呂に行き、ホカホカしたまま布団に入りました。
電灯は布団の真上にあったので、顔の真上で20匹のカメムシがパーリィしてるかと思ったら夜も眠れないかと思ったらぐっすり眠れました。
図太くてよかった!
その代わり、天井と布団にカメムシビッシリという恐ろしい夢を見ましたけどね。

次は二泊目の露天風呂めぐりの様子を!
関連記事

コメントの投稿

Private :

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。