スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記その20~スタイリッシュ貯水槽~

ハイ、声を合わせて~!
なぜトルコ!!!

トルコ旅行記の始まりのフレーズはこれが定番ですね。
ね?(虚空に向って同意を求めている)

また新しい年を迎え、もう何年前に行ってきたのか忘れました。
そんな(どんな)トルコ旅行記です。
調べたら2009年に行ってたー。
久しぶりが過ぎますね。
一応下書きは終わってて、その22か23で終わる予定なので駆け抜けます(´▽`)ノ

今までの旅を振り返る方はこちらからどうぞ↓
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-32.html

ブルーモスクの後に向かったのは地下宮殿です。
奇岩石ひしめくカッパドキア、石灰棚のパムッカレと並び、私がトルコで絶対行きたかったところの一つです。
トルコに行った知り合いが見せてくれたパンフレットに一目惚れ(人∀`)

たしか階段でテクテク地下へ下りていった気が・・・。
そういう細かいところもう覚えてないよね。もう4年前だものね。
とにかく!
目の前に広がったのは床一面に張った水と宮殿のような柱!
まるでRPGやファンタジー映画の世界です。
幻想的で超キレーーーイ(人∀`)
どこのダンジョン?

この先になんかいるよね

貯まっている水の中ではどこから来たのか魚がたくさん泳いでます。
水の中からドラゴンがザッパーって出てきても、柱の陰からドワーフがもふもふ出てきてもおかしくない。
そしてお前を捕まえる!

地下宮殿とは言いつつも、実際は東ローマ帝国時代の大貯水槽だそうです。
これが貯水槽だ、と・・・?
私の知ってる貯水槽とチガウ。
なぜこんなスタイリッシュに水を貯める必要があるのか。
薄暗くてヒンヤリしていて何とも雰囲気のある貯水槽でした。

柱は全部で336本あるそうで、中には彫刻が凝っているものやメデューサの石塊が柱の台座にされているものもあります。
怒ってる怒ってる

頭逆さのまま何世紀も柱の土台にされるメデューサの気持ち考えたことある?
顔の向きぐらい揃えてあげればいいのに。
恨めしい顔してますよ!
いい加減ツムジ痛てーよ!みたいな顔しちゃってますよ!
美術的には価値がない半端な余り物を使ったらしいので、テーブルの足の高さ揃えるのにかませたダンボールの豪華版といったところでしょうか。
メデューサには悪いけど、この先何世紀も頑張ってほしいです。

お次に向かったのは世界遺産アヤソフィアです。
歩いて行ける距離にありました。
そんな気がします(細かいところは全てが曖昧)。

見かけはブルーモスクに似てますが、中の雰囲気は違いました。
こちらはこちらで荘厳!
差し込む光が素敵

ステンドグラス綺麗!

教会のような内装にアラビア文字があるところが“イスラム教とキリスト教文化の混在”って感じですね。
残念ながら祭壇付近は修復工事をしていたんですが、問題なしです。
ステンドグラスが超綺麗でしたよ~(人∀`)
教会からモスク、博物館へと変わった複雑な歴史のある建物ですが、そういうことをまるで勉強しないで行ったので「綺麗」としか言えない可哀想な子です。

くぼみに親指を入れ一回転できたら願いがかなうという「湿った柱」がありましたが、長い行列ができていたのでパスです。
いいの、きっと私の願いは叶えてもらう価値がないから。
むしろ叶えてもらったらなんだか申し訳なくなるから。


ぐるぐると螺旋階段を上って二階まで行けるんですが、二階が遠すギル。
日本で言ったら3階か4階ぐらいの高さはあるんじゃね?
見ろ、たかが二階から見下ろしただけで人がゴミのようだ・・・。
これが二階の高さである

とりあえず天井高すギル。
どうやって掃除するんだコレ・・・とかそういうところばかりが気にかかります。
二階からはモザイク画がよく見えました。
モザイク画あるよ!

午後からはクルーズの予定なので、ランチは海峡の近くのレストランでいただきました。
トマトスープ&キュウイジュース美味しかったです!
親分スープ

めっちゃキウイ

メインはドネルケバブ。
美味しかったけど、ただの薄切りこんがり肉でした。
見かけは美味しそうじゃありません

デザートは・・・なんでしょうね、コレ。
珍しく甘すぎなかったので食べ切れたのだけ覚えています。
なんだろう、これは

食べ終わってからレストランの前をフラフラしていたら、絵はがき売りのお兄さんが来たので「買いません!」と毅然した態度で挑もうとしたところ、あら安いわね、やだ綺麗ね、これちょうだいとなって結局2セットも買ってしまいました。
マジック!

午後はトルコのヨーロッパ部分とアジア部分を隔てるボスポラス海峡をクルーズします。
クルーズと聞いたら豪華客船なイメージですが、実際は豪華漁船でした。
DA・YO・NE!
安いツアーだもんね!
豪華漁船

船外に出て景色を眺めようと思いましたが、寒過ぎて無理でした。
すぐに中に引っ込んだ(゚Д゚ ;)))=3=3=3

右岸と左岸でアジアとヨーロッパに分かれてるって変な感じだなー。
両方の文化がある国ってすごいですよね!
海峡沿いは豪華な家ばかりでしたよー。
ブルーモスクが!

宮殿?

家というより豪邸?
広い庭に桟橋があって住民が釣りをしてます。
桟橋の傍らには恐らくMy船が。
セレブ達の家々

わ、私だって牧場所有してるもん!
鉱山とか釣りできる桟橋だってあるもん!(モンハン)

クルーズしてる間、ギュンはやっとお前らの世話から解放されたとばかりに行儀悪く座席に足をのばしてそっくり返り、完全にくつろぎモードでした。
YOU、仕事中ですけども!
トイレの場所を聞くとその姿勢のまま「そっち」と階段を指さされましたが、才蔵君と言われた通り階段を降りて行ったら立ち入り禁止の倉庫しかありませんでした。
くつろぎ過ぎて嘘じゃん!
仕事して!

次は本場のベリーダンスを観に行きます(´▽`)ノ
関連記事

コメントの投稿

Private :

Re: No title

声を合わせて \なぜトルコ/ ありがとうございます(゚∇^d)
ホント、なぜ今4年前の旅行記・・・。
下書きしてあったファイルが目についたから仕方ないのです。
寄り道するといいことあるのです。たぶん。

頑張ってももう思い出せそうもないので、得意の妄想力を活かしながら残りの旅行記を書き進めたいと思います。
まぁ、覚えてたとしても私の旅行記は妄想盛りだくさんだし!

トルコ、綺麗でしたよー。
トルコというかヨーロッパ全般が溜息もののキレイさですが、特にトルコはキリスト教のイスラム教の融合が独特で面白かったです。
あと親日なので良いー(人∀`)
紫翠さんも海外へ行こう!
年取って足腰弱る前に・・・!
ホント、切実に海外旅行は体力使うんだぜ・・・( ノД`)
体力のあるうちは海外、年を取ってからは国内の旅行をしようと鋭意貯金中です!
お昼代は300円まで!同人誌は一回の通販で3冊までですぞ!

No title

\なぜトルコ/
さすがはアオイさん、寄り道に余念が無いですね・・・!!
私だったらすべて忘れてなかったことになるような気がします。
次も楽しみにしてまーす(ノ´∀`)ノ
頑張って思い出して駆け抜けてくださいね!

うおおお、綺麗そうだなあ・・・ええなあ・・・・・・
アオイさんの旅行記を見れば見るほど外国に行きたくなります。
私の興味とお金を海外へ持っていこうとするアオイさんの旅行記が憎いです、ええ。

Re: No title

うりこさん、こんばんみ!
早々のコメントありがとー(*≧∇≦)ノノ

私も危うく忘れるところだったわよ、トルコ行ったことなんて。
最近のドイツとか仙台あたりだったら写真見たら色々思い出すことあるんだけど、トルコに関してはもう「綺麗ねー」しか出て来ない。
やべえ。
早々に終わらせるね。
うりこさんの大好きなギュンが大活躍・・・かどうかはわからないけど、お付き合いくだされ。

ベリーダンスもベリーベリー楽しみってダジャレかよ!おっさんかよ!
残念ながらベリーダンスにはギュンは来てくれなかったので一回休みです(´▽`)ノ

No title

ひ・・・久しぶり杉て忘れてたわよ。アオイさんがトルコ行ってたことなんて。
ギュン、なつかしーー(≧∇≦)!!
そしてめずらしく更新が早っ。
アオイさんもハイペース^^

私も農場持ってるし、プライベートビーチも鉱山も持ってるけど、今は草ぼうぼう、きのこ生えまくり、にゃんこも野良化してるんだろうなあ・・・(遠い目)

次のベリーダンスもベリーベリー楽しみにしてます!
ギュンの観察日記もお願いします。
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。