スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行記その21~日本よ、これがシャンデリアだ!~

ハイ、声を合わせて~!
なぜトルコ!!!(定番フレーズ)

旅行直後の旅行記書きたいパッションを2009年トルコの旅にぶつけてみました。
あと二回ほどで終わるのでパッパと片付けしまいたいですね。
パッパとっていうか、すでに4年も経ってるんですけど。
全然何も片付けてないんですけど。


お暇な方は振り返って無駄な時間を過ごしてみるのも贅沢かもしれません↓
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-category-32.html

今回めっちゃ写真多いです。重かったらゴメンナサイ。

この日はツアーに夕食が付いてなくフリーだったんですが、別料金でベリーダンスを見ながらの夕食というオプショナルプランがありました。
たしか1万円以上して高かったんですが、本場のベリーダンスを観るのもいいかも~と申し込んでみました。
それに多少値が張ろうが、ホテル周辺にレストランがあるかもわからないし、レストランに入ってもトルコ語なんて話せるわけないじゃない。
無理じゃない。
当然皆も申し込んでるのだろうと思ってたら、ほとんどの人が申し込んでなくて驚愕しました。
みんなフリーで食事に行ったのか・・・すげぇな!(我々が腰抜けとかいてチキン過ぎる)

ホテルからバスでレストランへ向かったんですが、なぜか現地ガイド・ギュンは「ちょっと一度家に帰るね」と言い残し別行動でした。
自由だな、お前・・・。
私たちと同じくらいの時間に現れたギュンはドドドドドドとバイクのエンジン音を轟かせていました。
私たちの世話が終わったらすぐに家に帰れるように、一度家にバイクを取りに戻ったらしいです。
本当に自由だな、お前!

このレストランで見たよ!
レストランは意外に狭かったです。
ステージの周りに長テーブルがあるんですが、その一番奥に追いやられました。
すぐお隣は中国人観光客の団体だったんですが、狭いのに出たり入ったりチョロチョロと動き回って、止まると死ぬの?ってぐらい微塵もジッとしていませんでした。
そしておばあちゃんが最初から最後までずっと寝てたのが印象的です。
ホテルで待ってなさい。

運ばれてくる料理をつつきながらステージ鑑賞の始まりです。

プルプル感を伝えられないのが残念
踊ってくれたのはトルコで一番有名なダンサーだそうです。ホントか?
本場のベリーダンスは、腹がプルプルプルプルプルプルと小刻みに揺れて腹筋SUGEEE!!でした。
腹筋マシーンがなくても人の腹ってあんなに振動するんだ・・・。
よくあんなに早く小刻みに腰をシェイクできるな!
腹だけ見たら完全に深夜の通販番組の腹筋マシーン紹介です。
腰痛にならないか心配。

ステージ周辺のテーブルは意図的かわかりませんがノリのいい西洋人が配置されており、狙い通りかわかりませんが盛り上がること祭りの如しでした。
最後は客までステージ上に上がって皆でええじゃないかええじゃないかと踊ってました。
えーじゃないかえーじゃないか

それを冷静に見つめる日本人達。

出てきた料理はまぁまぁ美味しい程度。
トマトが一番美味しかった
見た感じ不味そう
〆のデザート

これで1万円はちょっと高かったかな・・・。
微妙に疲れてホテルに戻りました。

ちなみにギュンはステージ開始早々にいなかったよ!

翌日、最初に行ったのはオスマン帝国の王宮・ドルマバフチェ宮殿です。
オスマン帝国・・・昔習った世界史の記憶が疼く・・・だが思い出せない・・・。

入る前に衛兵の交代式を見れましたー(人∀`)
基本カメラ撮影禁止なんですが、お金を払って撮影券を買うとOKになります。
それ『撮影禁止』やない、『撮影有料』や!
世の中金です。萌えを撮影するのも金です。
撮影券くださーい!!
宮殿の入口
キリっ!
ベルトを外してるとかじゃなく

衛兵の交代式って各国あるもんなんですね。
気づけば私、イギリス、台湾、ロシア、トルコで見てるわ。
台湾で見たやつが一番厳格で動きが揃っててキュンときました(*≧∇≦)
興奮しすぎていっぱいエージェントに怒られたけど・・・。
アオイとエージェントの戦いは、永遠に終わらない台湾旅行記をご参照ください。
http://aodiary20061021.blog80.fc2.com/blog-entry-584.html

この宮殿は今は政府の迎賓館としても使われているそうで、オバマさんもここに来たそうです。
どの部屋もゴージャスでほぅ~~~っと溜息が出ます(´p`*)
こういうゴージャスなの大好き~(*≧∇≦)ノノ
歩いていい所には赤い絨毯が敷かれていて、係員がチェックしています。
これが宮殿
会談とかするんですかね
何するんだよ、この空間
トルコブルーでまとめられたお部屋
本物のパーリィができそう

どんなに豪華でもトイレはシャワートイレではないのであった。
ここだけは勝ったぜ・・・!
トイレだけは勝てる

トルコに行った時はヘタにハマってませんでしたが、今となってはこのゴージャスな部屋が軍国時代のプーの家を見てるようで興奮します。

プーが戦さに行ってしばらく帰ってこなくて心配で寂しくて兄さんのベッドに潜り込んでそのまま寝ちゃう子ルッツと、帰ってきたプーが「なんで俺のベッドで寝てんだコイツ・・・」と思いながら起こすのも忍びなくて潰すと困るからソファーで寝るという部屋!!!
若き日の兄弟が見える・・・

俺様日記倉庫!にしては小さいか。
俺様日記倉庫ミニ

ここは時々貴族がやってきてはバイオリンを弾く部屋!
子ルッツは「すごいな、オーストリアは!」と感心して聴き入っていますが、プーはつまらなそうに行儀悪く足を投げ出してソファーに座ってます(でも部屋を出てルッツと貴族を二人きりにはしたくない系)。
貴族が見える・・・

全部妄想なんですけどね。
楽しい!

部屋毎にシャンデリアに特徴があって素晴らしかったです。
今回ロシア行った時も思ったけど、私どうやらシャンデリアが好きらしい。
異様に写真撮ってました。

無意識に撮りまくったシャンデリアコレクションをどうぞ!
こちらはお花を模したシャンデリア。
よく見ると食虫植物みたいに見えてきた。
ちょっとウネウネしすぎだね

トルコブルーが綺麗(人∀`)
トルコブルーが涼やか!

そんなに灯す必要ある?ってぐらい群集してます。
光集まり過ぎ

日本よ、これがシャンデリアだ!
日本よ、これがシャンデリアだ!
圧巻としか言いようがない。
地震のある国では無理だよ。

お花の形がカワイイ。
カワイイお花型!

これはシャンデリアというよりランプ?
こんなの家にあったら邪魔だけど綺麗!
おっきい

灯したら部屋がムーディになりそうです。
ムード要員

ふと見上げると天井まで美しす。
見上げる

外に出ると、前日クルーズしたボラポラス海峡が見えました。
ボラポラス海峡を望む

はぁー、満喫したー(ノ´▽`)ノ

お次に行ったのは、イスタンブールの街を一望できるガラタ塔です。
これは歴史的建造物なのかな?
調べたけどよくわかりませんでした。
エレベーターで上まで行って景色を見て終わりました。
特に綺麗でも無かったです(失礼)。
歩けるところは細い
人がゴミのようだ
わかりやすい

次回はランチからです(´▽`)ノ
次で終わるかと思ったけど、なんだかあと2回ぐらいありそうな・・・。
関連記事

コメントの投稿

Private :

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。