スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥州旅行記その2~小十郎のお出迎え~

つい先日、腐レンズの才蔵くんと行ってきました奥州っていうか岩手の旅行記です。
まだまだ記憶が新しい!
記憶の薄れないうちに旅行記を終わらせたい・・・とかいうのもなんだかおこがましくなってきた今日この頃。
いくつ書きかけがあるのやら・・・3つです!(´∀`)=3
時々休みながら気長につづります(言い切る)。

◇岩手へ飛びます

お土産屋でゆっくりし過ぎたせいか(しかも地元の)、ギアスのクリアファイルにビックリし過ぎたせいか、かなり時間ギリギリで搭乗ゲートに到着。
すでに搭乗が始まっていたので、急いで飛行機に乗り込みました。
千歳・岩手間は一日一往復しかないから想像はしてたんですけど、やはりかなり飛行機が小さい。
千歳・羽田間の座席10列ジャンボに乗りなれた私達(主にイベント)にとってはかなり小さい。
小さい飛行機の何が嫌って、エンジンの音とかタイヤを出し手入れする音が直接座席に響くのが嫌・・・(((( ;゚Д゚)))!
音と振動が激しくて、飛行機がすっごく頑張ってるのが伝わる。
どうか堕ちないで・・・!私達を無事運んで・・・!
昔、飛行機事故から生き延びた人々の証言を集めた本を読んで以来(止せばいいのに完読)、飛行機がとても恐ろしくなりました。
飛行機事故、怖い(((( ;゚Д゚)))
ほんと怖くて仕方ないんですけど、実際飛ぶと眠くて仕方なくってスピースピーと寝てしまいます。
この時も例に漏れず、機内サービスがあったかどうかも定かじゃないほど熟睡してた。
ある意味何も怖がってなんかないのかもしれないね。

◇小十郎のお出迎え

寝てる間に降り立った岩手ですが、外を見るとあいにくの雨模様でした・・・orz
たしか名古屋もフランスも、才蔵くんと行く旅行はいつも雨降ってるような。
もしかして才蔵君、雨女!?!
今度お札でも貼り付けて滅してみようかと思います、アイツ(妖怪扱い)。

ゲートを出てから、真っ先にお土産屋を物色しました。
色々順番が違う気がしますが、どんなものが売ってるのか見ておきたいんだ。
重くなるから今は買わないけど、帰りのために下見しておきます。
お土産やさん自体はそう大きくないけど、岩手土産はものすごく心惹かれるものがいっぱいありますね!
冷麺とか、お菓子とか、ツマミ系まで盛りだくさん!
ちょっと覗いただけで買うものリストがかなり増えました。
私の大好きな燻し沢庵「いぶりがっこ」も発見しました。
大好きだ!絶対買って帰る!(人∀`)
え?でも秋田名産なの?秋田は行かないけど・・・。
まぁ、秋田だろうが岩手だろうが関係ないさ。
どこの出身であろうとお前が好きだ!
いぶりがっこ(大根)への熱き想いを噛みしめていると、漬物コーナーに大変なものを発見。

夜のオカズ

こ・小十郎~~~~!!!
出迎えに来てくれたーーー!(´▽`)ノ

岩手の漬物がなにゆえ「小十郎」と名付けられたのかよくわかりませんが、きっと小十郎が愛するムネのために自分の畑の野菜を使って作ってあげたのが始まりというそんなエピソードのある漬物なんでしょうね。
 小十郎 「政宗様、ちょっと味を見てくだされ」
 政宗様 「美味いぜ、小十郎。お前の味がする」
みたいな。
まさか岩手空港でこじゅまさを感じられるとは・・・!
むんずと掴んでレジに直行しました。
夜には酒を飲む予定なので、今夜は小十郎をオカズにします(ツマミ的な意味で)。

◇バス&JRの衝撃

ハッと気づいたら、花巻駅行きのバスの時間が迫っていました。
やべえ!着いた途端、お土産やで昂ぶってる場合じゃない!
「ようこそ岩手へ」の看板から顔を出して写真を撮ることを諦め、バス乗り場へと向かいました。
事前に切符を買ったら、点線切り離し式の厚紙切符でビックリ。
おもちゃみたいだ!
時間ピッタリにやってきたバスは、なんか通常より短いような・・・。気のせい?岩手のバス短いの?
ややぐったりしていたので優先席に座ったんですが、途中からお婆ちゃんが乗ってきたので「どうぞ」と重い腰をあげて席をゆずったら「いいから座ってなさい」と言われました。
スイマセン・ほんと助かります。
ぐったりと座席に座ったまま(旅行当初から興奮しすぎ)、花巻駅に向かいました。

花巻駅に着いたら、バスからすぐにJRに乗り換えなければなりません。
10分ほどの猶予があったはずなのに、バスが5分ぐらい遅れたらしい。
切符売り場へ急ごうかと思いましたが、この土砂降りは何・・・(・_・;)?
今まで気付かないふりしてたけど、とても無視できない、この雨・・・。
仕方ないので、重いカバンを持ってあふあふ言いながら駅のコンビニで傘を買い、JRへ無事乗車。

岩手のJRってドア手動式なんすね・・・!
ドアは自動で空くもんだと思っている軟弱な都会ッ子は、黙ってドアの前で佇んでしまうんですけど・・・。だれか・・・開けて・・・。
しかも降りるドアと乗るドアが決まってるんですね。
とてもわかりにくい。
旅行中、何度もドアの前で棒立ちしていたり、地元の人に教えてもらったりすることもしばしば。
人の後ろにコバンザメのように付いていくことで何とか乗り切りました。

次回は「腐女子2人、災害現場を調査する」編!
やっと岩手には着きましたが、まだどこにも行ってないね(*´∀`)
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。