スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂第394訓の感想-前編-

銀魂第394訓『呉越同舟』の感想です。

銀魂感想、超久しぶり!

しばらく放置プレイを楽しんでましたが、いつの間にかアニ銀終わってるし、空知休載して何か準備してるし、禁断の過去編が始まろうとしてるし、最近の銀魂のクライマックス臭パねぇ!!!

大丈夫?銀魂終わらない?終わらない??
不安なので、そろそろ放置をやめて感想でも書いてみようかと思います。
このシリーズの最初から書き始めようかとも思ったけど、それも果てしない気がするのでいきなり今週の感想からです。

ネタバレ華々しいので単行本派は注意です。

それにしても今週のジャンプの読みにくさったらないですね。
クルクル回すの面倒くさっ!!
両面表紙って斬新ですが、コンビニの人がどこにバーコードあるのか戸惑ってたよ。
そして両面2種類の表紙が並べられたので私も「マジかよ!!先週買い忘れてたのかよ!!」と思って2冊手に取るところだったよ。
危うくジャンプジャンプ詐欺に引っかかるところです。

本編は銀ちゃんのピンチに旦那様が助けに入ったシーンから!!
先週の感想をさぼったためにいきなり土銀的クライマックスから感想を書き始めなくてはいけません。
こうなるまでに書きたいことがあるのに!
色々妄想吹き荒れてるのに!

真選組が助けに入るのは予想してましたが(なぜなら旦那だから)、見廻組も来るとは意外でしたね。
さぶちゃんがあんなにアッサリとコマ外で死ぬわけがないとは信じてましたが、まさか助けに来てくれるとは思ってませんでした。
銀ちゃんってば警察組織に愛され過ぎ(*≧∇≦)
罪な子です。

一体どういうことかと聞かれた近藤さんが「罪人の刑執行前に手打ちにすることこそ逆臣」とキリッとした顔でいうのに感心しました。
勲、すごく局長みたい!まるで局長みたいだよ!

近藤さん 「この夜が明けるまでその者達の首を護るが真選組の使命にござる」(キリッ)

そうでござるか(妙な説得力)。
副長の嫁は隊をあげての保護対象です。

沖田が神楽の頭に足を乗せて告白してますね。これ告白ですよね?

沖田 「目の前に豚が転がってんなら食っちまうのが狼よ」

その告白、ダイナミックすぎる Σ(゚д゚;)
豚って誰のこと?
神楽のことじゃないの?
神楽に怒られて、てめーじゃねェといいつつ、メス豚呼ばわりしてますからね。わかんない。
沖神は好きなので、食っちまって欲しいと思います。
ただし、大人になってからだぞ(゚∇^d)

トシがキレてて笑えました。
そんなに怒らなくてもいいじゃない。
さぶちゃんと一緒にクーデター起こしたと思われるのがそんなに嫌なんでしょうか。
前世では主君と右目だったというのに、ひどい嫌がりようです。
一緒に天下統一しようとはしゃいでたんだぞ!
むしろ前世でイチャつき過ぎたからこその今世の倦怠期か。
それとも銀ちゃんが立ち上がれないほどのひどい有様なので気が動転しちゃったんでしょうか。
土方はきっと気合入れて出産に立ち会うけど血を見て動転するタイプですね。

 土方 「おぃぃぃぃ!!血出てんぞ!すごく血ぃ出てんぞ!!死ぬのか!お前死ぬのか!!」
 銀時 「うるせぇぇーーーー!!!お前は部屋の外でラマーズ法でもしてろぉぉぉ!!!」
 近藤 「落ち着けぇトシ!!!」


助産婦には「あらヤダ土方さんとこの夫婦、分娩室でまで喧嘩だわ」と生温かい目で見られるんですね、わかります。

土方が「何もきこえねェ!つーかききたくもねぇ!」とバズーカを撃ちまくるのは現実逃避でしょうか。
銀ちゃんの辛い過去から目を逸らさずに、過去もひっくるめて愛してあげてほしい。包んであげてほしい。
土方にも慈愛溢れる銀ちゃんのような落ち着きがほしいです。

長くなりそうなので、続きは後編!

銀魂第370訓の感想(後編)

銀魂第370訓『バラガキからの手紙』の感想です。

いつのだよ!!
と後編もツッコミから始めてみる。

瓦礫の上で釣りをする異三郎さん。
ポンデリングをエサになんと信女ちゃんが釣れました!!!
異三郎は血のつながった弟も冷酷に切り捨てるくせに、信女ちゃんはちゃんと回収に来るのか。
ドーナツ差し入れされたり、ドーナツで釣ったり、なんかこの二人かわいー(人∀`)
師弟関係のようなものがあるといいですね。
このシーンで完全に異三郎&信女ちゃんコンビが好きになりました。

ってゆうか高杉ですよね。
どうでもいいけどイヤよくないけど、アレって高杉ですよね。
異三郎と信女ちゃんのミスド釣りごっこにほんわかしてましたけど、高杉さんいましたよね?
何してんの、この人!!
なんで出てくんのぉーーーー!!!

異三郎と関係あったんですね。
高杉&異三郎 VS 銀ちゃん&真選組かい!
なにそれ萌える(゚∀゚)
今回の件では裏で糸を引いていたんでしょうか。
いつ地球に戻って来てたの。神威も一緒なの?
帰ってくるならちゃんとお母さんに言いなさい!ご飯は食べるの?!
異三郎兄さんはちょっと狂人臭というか変態臭してましたけど、高杉と組んでるなんて本物の狂人ですね。
ワクテカする!
今後の展開に期待です。
どっちが出てきてもおいしいじゃないの。

銀ちゃんとバイクで2ケツしてるテツを見ると、どこまでも羨ましい奴だな殺すぞコノヤロってなります。
すっかり今シリーズのヒロインですね。
土方と銀ちゃんは秘密の仲だから堂々と2ケツとかできないのというのに。
と思ったけど、あの二人は堂々と正常位スタイルでバイクに乗ってましたよね(アニ銀参照)。
あっちのが恥ずかしいですね。危うく猥褻物陳列罪ですね。

白夜叉殿がまたもや早期釈放でガッカリしました。
手錠尋問車内監禁プレイはどうなったんですか?終わったんですか?
真選組屯所内尋問プレイはどうなったんですか?終わったんですか?
夜のお布団内お仕置きプレイはどうなったんですか?終わったんですか?

色々端折り過ぎてて話が通じなくなってますよ、空知。
(話が通じない読者筆頭から原作者へ)

為五郎さんへの手紙を届けに行くのに銀ちゃんに依頼したあたり、テツ初めてのGJです。
それだけは褒めてやる。
お墓に行くと、為五郎さんの奥さんとご対面しました。
銀ちゃんをみて「あら?あなた、確か十四郎の・・・。今日は一人でお見舞いに来てくれたの?あの子はどうしたの?元気?」とかいう展開がなかった。探したけどなかった。おかしい。
土方は為五郎さんの墓前に銀ちゃん連れてきて紹介したはずなのに。その時奥さんもいたはずなのに。
奥さん、覚えてないの?

シリーズ初期はテツに言われて初めて為五郎さんに手紙を書く土方にムッときてましたが、まさか毎月手紙届けてたとは意外でしたね!
土方の実家だから、お墓って江戸から遠いんですよね。
「いつも挨拶もなしに手紙だけおいていっちゃうもんだからあの子」「毎月このお墓まで」ってことは、郵便じゃなくて土方が直接毎月届けてたということでしょうか?
すげーな。
話を聞く銀ちゃんのどこかさめてるように見える表情は「俺、そんなん知ってたよ」系?
あいつと手紙届けに墓参り来たことあるよ系?
やっぱ土方は為五郎さんの墓前に銀ちゃん連れてきていて、奥さん、これも覚えてないの?

白紙の手紙にはちょっと感動しました。
土方が筆まめだったら嫌だもの。
言葉や手紙で自分の気持ちを表現することが下手だからいつも銀ちゃんとケンカになるんでしょう?
そうでしょう?

テツが書いた手紙の紙飛行機を、黙って銀ちゃんが土方の病室に投げ込むのがいいよね!
知らない間に手紙を届けてくれるなんて、なんて愛しい小人さんなの!
直接届けるとかじゃなく、紙飛行機をツイーーっと飛ばす演出が憎いですね!
「言葉はなくとも思いはそこに」っていう最後のアオリの一言は土方のことはもちろん、銀ちゃんのことも含まれていると思います。
直接土方と話さなくても、想いはすぐ近くにあるんだと思います。
不器用な二人だから、言葉で気持ちを確かめることをせずに心だけで寄り添うんだよ!
何も語り合わないくせに絆を深めていく土銀。

今回のことだったり、ミツバさんのことだったり、動乱篇だったり、色々な出来事があって少しづつお互いのこと知っていくんでしょうね、土銀は。
体の関係から始まったけど(持論;花見)、その後ちょっとづつお互いを知っていって、どんどん好きになっていくという順番が逆な二人だと思います。

なんで銀ちゃんが土方の病室を知ってるのかは、お見舞いに行ったからでファイナルアンサー!

土銀・高杉と思わぬものが釣れたバラガキ編、これにて終了ですね!
やっと尻を拭けたぜ!

銀魂第370訓の感想(前編)

銀魂第370訓『バラガキからの手紙』の感想です。

一体いつのだよ!!
と自分にツッコミを入れてみる。
ボケもツッコミも一人ぽっちでこなすエア漫才コンビ・アオイです。

シリーズ最終話の感想書かないまま、止まってましたね!
いや本当は気づいてたけど。
終わり良ければすべて良しといいますから、終わり悪けりゃ全てが悪いです。ハイ。
ウンコして尻拭くのを忘れていた気分です。
先月の検索語でも「銀魂の感想、銀魂の感想、銀魂の感想」とアンパンのように繰り返され、若干呪われかけたのでそろそろお尻を拭きたいと思います。
もう単行本に含まれているんだものね。ビックリしたわ。
なんとかあの頃の激情をカムバックさせつつ、感想を綴りたいと思います。

沖田と信女ちゃんが戦闘中です。
戦闘というより、信女ちゃんが沖田に絡んでるようにしかみえませんね。
沖田に適当にあしらわれています。
「てめーにおあつらえ向きなのを用意してやらァ」とドフッと距離を詰めて懐に入った時は、チューするのかと思いましたよね(゚∀゚)=3
顔近いです、隊長。
信女ちゃんが無表情ながら内心ドキドキしてたらカワイイですが、沖田の本命は所詮神楽です(妄想)。
柱を斬ってビル倒壊させて逃げるあたり、なにげにヒドイと思います。
最後まで決着も付けてやらずにコンクリに生き埋めとか、斬ってもやらんのか。
なんか銀ちゃんのさっちゃんに対する態度をみるようです。
興味ないのね。

土方はコスプレ大作戦により、異三郎の元へ辿り着きました。
結婚式なので、純白の衣装にお色直しです。
いつのまにやら異三郎の背後にいるゴリ局長とザキヤマも白い衣装になってますが、結婚式だからです。
おめでとう(ノ´▽`)ノ おめでとう(ノ´▽`)ノ
異三郎と土方は決着をつけるのかと思ったら、なにやら脅しに屈したようで手を引くようですね。
ご祝儀だわ。きっと土銀の結婚に対するご祝儀だわ。
ご祝儀の中身はテツでしたけども。
微妙にいらない・・・。

誰か 「これで見廻組の評判はうなぎ昇り、おいしいトコどりじゃないですかアイツら」
土方 「んなこたぁねーさ、なんせこっちは超大物のホシあげたんだ なァ白夜叉殿」


本当のおいしいとこどりキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
手錠尋問車内監禁プレイキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

イヤ、監禁プレイはきてねぇか。
これは気のせいだった。気が急いた。
手錠かけられて大人しく車内で旦那の仕事終わるの待ってる銀ちゃんにキュンときました。
呆れて怒ってる表情がいいね!
これからのプレイに心乱されているんでしょう。
それにしても「なぁ白夜叉殿」って言い方、なんかヤラシイよね。
これから銀ちゃんの正体が白夜叉だったことについてのお仕置きが行われると思うんですが(inお布団)、是非とも「随分根を上げるのが早いじゃねーか、なぁ白夜叉殿」と言って欲しいですね。

土方 「どうにもくせー野郎とは思っていたが、まさかてめーが桂どもと並ぶ伝説の攘夷志士だったとはな」
銀時 「だから元っつんてんだろ!!」


意外に軽いよね。
警察官の恋人が、伝説の攘夷志士だったって一大事じゃないんですか?
え?違うの?!どの部分が!?!
土方は土銀な関係になってから銀ちゃんの正体を知って、警察としての使命と銀ちゃんへの想いとの間で揺れ動いて、冷静と情熱の間みたいなことになって

 土方 「オイ、答えろ・・・てめーが白夜叉なのか?」
 銀時 「・・・・そうだって言ったらどうする?」
 土方 「・・・斬る!」
 銀時 「お前、俺のこと斬れるの?」
 土方 「・・・っ!!」


みたいなドロドロな展開になるけど、最後は銀ちゃんを抱きしめて「てめーが何者であろうと俺はっ・・・!!」みたいな展開になるかと思ってました。
そう信じてました。
それが公衆の面前で世間話のように交わされました。
軽くね?!?
まぁ結局は「てめーが何者であろうと俺は!!」を明るくやったという解釈でいいかな?
いいともー(´▽`)ノ

シリーズ通してはりきりすぎた土方はとうとう倒れてしまいました。
トシしっかりして!!ねえ!!
これから手錠尋問車内監禁プレイが待ってるのに!!

後編に続く!

銀魂第369訓の感想~後編~

銀魂第369訓『悪ガキどもの祭典』の感想です。

公衆の面前での誘い受なう!
土銀の祭典会場はこちらです。

銀ちゃん 「この攘夷志士白夜叉の首 とれるもんならとってみやがれい」

指をワキワキしてCome on~ってする銀ちゃんがカッコイー(´p`*)
目が鋭いです。全然死んだ魚の目じゃありません。ピッチピチの魚の目です。
むしろ眼力ありすぎて人面魚です。
そんないつもとは違った様子の銀ちゃんに、土方はゾクゾクッときてそうですね。
性的な意味じゃなく!
いや、性的な意味でもいいけど!
銀ちゃんの指の曲げ方とかになんだかエロスを感じます。
ヤダ、この子エロカッコイイ・・・(´p`*)
土方の「・・・・・・」は、白夜叉としての銀ちゃんに凄みを感じてるんじゃないでしょうか。
攻めみたいだろ、これでも受けなんだぜ・・・?(主観)
夜は土方の下で喘いでいるというのにね。
こんな目されたらチビるよね。

ちょっとチビっちゃった土方(予想)も銀ちゃんの誘いを受けて立ちました!

土方 「あの天下の悪ガキはてめェらの手に負えねェ」

お前なら手に負えるとでも?(半笑い)
どうにも銀ちゃんが好きすぎて、土方に対しては娘の恋人に対する父親な態度になってしまいます。
お前のような男に、うちの大事な娘をやれるかぁ!
土方をみつめる銀ちゃんの口の端も吊り上ってて、本当にバカにしてるようですよね。
どう考えても銀ちゃんのほうが一枚上手です。
嘘みたいだろ、でも受けなんだぜ・・・?(主観)

銀ちゃんvs土方、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
こうなったらいいなとは思ってましたが、まさか銀ちゃんが攘夷派として参戦するとは思いませんでした。
3P・・・イヤ、三つ巴かよ。

土方と銀ちゃんはお互い持論をぶつけ合ってますが、どうにもプロポーズし合ってる風にしか見えない。
聞けば聞くだけお似合いだぜ、おめぇら!と祝福しかできない。
要するに二人とも不器用だけど、できるだけ助けてやりたいんでしょ!
盛大にのろけてるのか、この二人。

土方 「悪ガキが罪人見捨てたらシメーだろーが」

このセリフいう時の土方の顔はなんだか慈愛に満ちていて、この『罪人』には銀ちゃんも入ってるんだろーなーとジーンときました( ノД`)
今の銀ちゃんも昔の銀ちゃんも罪人の銀ちゃんも丸ごと受け止めてくれ!
幸せにな!!

それにしても、トッシーじゃなくて素の土方と銀ちゃんの共闘は初めてなのでは?!?
初めてだっけ??過去に合ったっけ?
自分の記憶が同人誌なのか原作なのかよくわかりません。
打ち合わせなしで、よくこれだけ示し合わせたように動けますね。
これが夫婦の絆ですね、わかります。
もう将来を誓い合った二人の初めての共同作業にしか見えません。
楽しそうなのがまた似た者同士だね(*≧∇≦)

土銀は完全に二人の世界ですが、沖田のSMバッティングセンターやら、信女のラリーやら、山崎のアンパン工場やら、他の皆さんも大活躍ですね。
近藤さんの上り下りだけはちょっと気持ち悪かったネ・・・。
一番パンチの効いた攻撃でした。

夫婦の共同作業はいつのまにやら終了してました。
式の最後は純白の衣装に身を包んだ新郎の登場です!
お色直しまですんのかよ。マジ結婚かよ。
いつの間に見廻り組の制服に着替えてたんでしょうかね、土方。
銀ちゃんがお着替えを手伝ったのかも気になる。
ラストはヘリを落としてフィニッシュです。

次号;花嫁は・・・いったいどこへ・・・?

パーリィはまだ終わらない!

銀魂第369訓の感想~前編~

銀魂第369訓『悪ガキどもの祭典』の感想です。

このジャンプが発売された土曜は、朝から映画に行く予定だったんです。
まさに家を出たばかりの時、土銀友Uさんから「早くジャンプ見てえええええええ!!」と“え”率50%の絶叫メールが来たので、今日ジャンプ発売って忘れてた私は大変驚きました。
これは立ち読みしなければ!と思い、まず映画でチケットを買った後、映画館を抜け出して近くのスーパーまで走りました。
そしたら10時前でまだ開店してなかったので入口の前でウロウロして時間つぶし、「開店です!いらっしゃいませ!」とドアを開けてくれる警備員を押しのけんばかりに入店しました。
警備員の心の声 「開店前から入口待機ってどんだけジャンプ読みてーんだよ」
真っ先に雑誌コーナーに走ってジャンプ鷲づかんで立ち読みしました。
警備員の心の声 「そんで買わねーのかよ!!」
めんごめんごめんごと心で謝りながらも銀魂熟読。
大変な結構な展開でございました。
悪ガキどもに限らず、腐女子どもも祭典です。

今週は、土方が飛んでくる弾丸に穿月したシーンから。
刀突き出して突進ってそれ完全に小十郎の技です、政宗様。いや土方様。
中の人に免じて許しますけどね!
肩を貫かれても顔色一つ変えない異三郎がイイですね!
ドSだから表情の変化に乏しいんですね、わかります。
こういう何一つ面白くもなさそうな相手の表情を観察するような無表情で、拘束中の銀ちゃんをいたぶったんですね、わかります。
銀ちゃんのスピード釈放、意味がわかりません。

土方とTETUが危なくなったところで、銀ちゃんの寝返りキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
わかってた・・・こうなるってわかってたけど萌える!
空知の考えることなんて丸わかりだぜ!
私たちの考えてることも丸わかりだぜ!
分かり合ってる、分かり合えてる、俺ら!(興奮)
第366訓の感想で「お金で雇われた銀ちゃんVS土方の展開になったら萌えハゲますね。」と書いているので、思わず毛根の心配をしました。
まだ毛があって安心・・・!

銀ちゃん 「こっからは俺の好きにやっていいんだな」

俺の好き=土方の手助け
好き=土方
手助け=二人の共同作業

結婚キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
連想ゲームというフィールドで腐女子に勝てると思わないほうがいい。
それにしても嫁が職場に現れた時の土方の間抜け顔ったらありませんね。
まさに Σ(゚д゚;) っていう顔しててウケました。

銀ちゃん 「身内救うことしか考えてねェ不器用なポリ公に
誰も救おうとしねェ器用なポリ公 どっちの味方も御免こうむるぜ」


なんて言っておりますが。
でもその不器用なポリ公がお好きなんでしょう?
手の届く範囲は俺の国な銀ちゃんと同じ考えの土方が好きなんでしょう?
自分をみてるようなんでしょう?
不器用さを否定しながらも、戦友として背中を合わせて戦ってくれるんでしょう?

銀ちゃん 「てめーらが何も救わねェってんなら俺ァ罪人だろうと丸ごと救いとってやらぁ」

慈悲深ェェーーー( ノД`)
銀ちゃんはできるならなんでも丸ごと救いたいと思っている子なんだよ!
なんというマリアか。
懐のでっかいお人ですよね。
実際そうできるだけの包容力があると思います。

銀ちゃん 「来いよ鬼の副長 まずはてめーからだ
この攘夷志士 白夜叉の首 とれるもんならとってみやがれい」


殺し文句、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
来いよ、鬼の副長って・・・。
同人誌かよ!!!!しかも誘い受かよ!!!
いや「まずはてめーからだ」って総受けか!?!?

あ、そういう意味じゃないですね、スイマセン。
でも原作で「来いよ」が聞けて興奮しました(´p`*)

果たして真選組は銀ちゃんの正体を知ってるのか知らないのかは今までふわっとしてたと思うんですが、やっと結論がでましたね。
まさかの自己紹介・・・!
オッス!オラ、白夜叉!とか言うんだ。言っちゃうんだ。
一度銀ちゃんの周辺調査もしてたのに本当に知らなかったのか、真選組。
信じられるか、これでも警察なんだぜ・・・?
私の予想では、調べさせた時に提出された報告書には銀ちゃんの正体が書いてあったんだけど、土方がそれを見ずに「過去がどうであろうといまさら関係ねーことだ」とグシャと握り潰して捨てたんだと思います。
ねぇ、当たりでしょ、空知?
土銀はお互いの過去には一切興味なさそうだなぁ。
例え過去がどうであろうと今のお前があればいいと思っている二人だと思います。
思いますっていうか、土銀という前提からして妄想なんですけど。
そういうの気にしない!

長くなりすぎたので続きは後編にて!

銀魂第368訓の感想

銀魂第368訓『茨ガキと薔薇ガキ』の感想です。

薔薇と言われれば薔薇族が思い浮かぶアオイです、こんばんは。
そう考えると薔薇ガキってなんかホモ予備軍って感じがしてきますね。
してきませんか?そうですか。

突入しようとする見廻組の前に立ちはだかった土方。
「行っちゃダメェ!!・・・止まって!!!」のナウシカ戦法ですね。
この後、見廻組に容赦なくパーンと轢かれるわけですね、わかります。
土方の挑発とわかりつつも、結局異三郎は挑発にのるようです。
ノリいいね!

異三郎の「お廻りさんに逆らったらどうなるか とくと思い知らせてあげましょうクソガキ」というセリフが好きです。
S丸出しで。
使いどころを多少間違ってる気はしますが。
捕まった後も警察で生意気な口をきく銀ちゃんにぜひ言ってほしかった。
言って・・・欲しかったっ・・・!(口惜しい)
是非とも銀ちゃんにとくと思い知らせてあげて欲しかったです、性的な意味で。
あ、でも寸止めで土方乱入で!
ってこれ前も言った?!?
なんでもう釈放されてるんだよー!!

信女ちゃんは無表情死神タイプなんですね。
沖田の目に自分と同じ「人殺しの目」を感じているらしいです。
普通だったらこの二人が後々いい雰囲気に?って勘繰りもしたくなりますが、沖田には神楽がいるじゃないですか!
いつか二人で沖田を取り合ってほしいですね。
神楽 「こんな奴、いらねーけどな」
信女 「じゃあ私に○○○ください」
神楽 「いらねーけどお前にあげるのなんか腹立つ」
とかなんとか。
沖田そっちのけで争奪戦を繰り広げる神楽&信女カワイイ( ´艸`)
妄想ですけど。

信女は沖田の首ではなく○○○と書いてピーが目当てらしいですね。
ピーには一体どんな卑猥な言葉が入るんだろう(卑猥限定)。
やはりチコン貝ですか?
要は沖田のことを襲いたいってことですか?性的な意味で。
もしかして狙われてるのはお尻でしょうか。
「○○○」は「バック」でファイナルアンサー???

土方VS異三郎はアクション漫画みたいに戦ってます。
どうしたの、これ。
死神はいてもブリーチじゃない。ダメひじがいてもリボーンじゃない。
空知しっかりして!
土方がカッコいいとどうした?どうして?と不安になってしまいます。
このシリーズのテーマは茨ということで、茨?鉄線?をムチのように振るう技も使ってましたね。
なにこれ何ムーン?セーラームーン・ひじキュリー?
額に当てられた銃口を手でそらしてみたり、オーバヘッド的なキックをかましてみたり、カッコいいアクションシーンの連続ですね。
早くアニメで観たいですね!・・・って、二期になってからアニ銀録画したまま観てないんだった。

土方がとうとう異三郎に斬られてしまいました。
それを見て泣き叫ぶのは安心のヒロイン☆TETUです。
なんでお前なんだーーーーΣ(゚д゚;)
いや、銀ちゃんが泣き叫んでたら怖いんですけど。
銀ちゃんはそもそも土方を信じてるからね。
それでも本当のピンチには泣き叫ぶより自分で助けに行くタイプだからね!
今か今かと物陰で登場機会をうかがっているんだと思います。

土方が為五郎に当てた手紙を機密文書と勘違いした攘夷が、皆の前で大声で朗読するという羞恥プレイをしかけてきました。
この攻撃は痛い。
攘夷の人も途中で機密文書じゃないことに明らかに気づくと思うんですが、最後まで読みやがりました。
ひどいことする。
私だったらトラウマになります。
土方から異三郎へ宛てた「TETUを立派な武士にするから、家族として兄として迎えいれてくれ」的な手紙でしたが、本当に土方が書いたんでしょうか、この文章。
ゴーストライターの存在が匂う。
こんな礼儀正しい文章書けるんだね。
さすが土方フォロ四郎!
異三郎の心には全然響かなかったようで残念です。

為五郎さんってもう亡くなってたんですね。
近藤さんの話、大事なところボロッと抜けてるじゃないの。
それ早く教えてくれれば、私も土銀が為五郎さんに挨拶に行くという無駄な妄想もしないで済んだのに。

ゴーストライターが一生懸命書いてくれた手紙(予想)が声高らかに朗読されてる間に、死んだはずの(いや死んでない)土方が復活しました。
恥ずかしさでジャンピング起床したんだろうか。
ボロボロですが、やはり異三郎の前に立ちはだかるようです。
ナウシカだからね!
とにかく土方が頑張りました。

次はやっと萌え訓の感想だ~!と思ったらもう次のジャンプ出ますね。
時の流れに付いていけない。
ニュートリノになりたい・・・。

銀魂第367訓の感想

銀魂第367訓『歯車に絡まった茨』の感想です。

勢いよく感想を書き始めたこのシリーズですが、最近ちょっと土方が眩しすぎて目を閉じてたらそのまま眠たくなってました。
どうにも私の中ではヘタレなイメージなので、土方カッコよすぎな展開はテンション低くなってしまいます。
銀ちゃんの土方がこんなにカッコいいはずがない!
ついつい感想を遠慮しておりましたが、最新号ジャンプでは土銀100%キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!な展開になったのでまた感想を書こうと思います。
サクッとね。

異三郎に雇われた銀ちゃんがTETUを襲う一味に潜入捜査に入りました。
銀ちゃん、ポニーテール・・・というか毛玉頭につけてるようにしか見えないんですがウィッグでしょうか?
なんで潜入するのに毛を付け足す必要があるのか疑問です。
変装?
かわいいと思ってるのかーーー!?!カワイーー!!!
エリートが紛れ込んでもエリートがだだもれするそうなので、銀ちゃんが紛れ込んでも銀ちゃんがだだもれすると思います。
毛玉ではそのキュートさは隠せないよ。

異三郎の「A K Bの板野がかわいすぎて浮いている」発言がありましたが、空知の推しメンは板野なんですね。
私は政宗です!(総選挙違い)

携帯を与えられたらしい銀ちゃん。
メールがまめすぎる異三郎を好きになりそうです。
差し入れの写メとか、ウソだお☆とか、メールしてネとか・・・全くキャラじゃないところがギザかわゆす。
付き合ったら絶対ストーカーになるタイプですね、異三郎。
銀ちゃんはそういうのマメじゃないですからね。
土方が連絡しないと平気で自然消滅しそうな雰囲気ありますからね。
まぁ口では言わないけど寂しがり屋だから、連絡はしなくても屯所の近くとかウロウロするんですけど。
結局寂しーんじゃねぇーかぁ!!って抱きしめたくなるんですけど。土方が。
ツンデレの典型ですから。

首つり異三郎の写メは誰に撮ってもらったんでしょうかね。
ウサギ気取りなのに笑いました。
銀ちゃんが携帯壊しても予備用意してあるとか、どんだけ繋がりたいんだ。
なんだか異三郎が受けにしかみえなくなってきました。
いい副官が見つかるといいよね・・・(副官×上司萌えだが土近には萌えない)。

副長のお手紙配達のTETU。
表にあて名書いただけというザックリした手紙だったので、為五郎さんに直接届けに行くのかと思いました。
ポストに入れるだけなのか。
あんなんで届くなんて優秀ですね、銀魂界の郵政は。

攘夷に捕まっちゃったTETUの元に見廻り組&真選組が集結!
すっかり私のために争わないで状態ですね。
お前がそんなヒロイン扱いなんて。
TETUの命を助ける代わりに両局長の首を要求って、ちょっと欲張りすぎな気がします。
質量的には見合うのかもしれないけど。
ちょっと攘夷はTETUを過大評価しすぎじゃないでしょうか。
そんなことで近藤さんの首が斬られるぐらいなら、その前に沖田あたりに瞬殺されそうですよ、TETU。

新キャラの女の子出てきましたねー。
剣の達人らしい信女ちゃん。
この子が異三郎にドーナツを差し入れした『ノブたす』なんでしょうか?
そう思うとカワイイんですけど。
沖田の「抜いてみろ 次は○○○ブチぬく」にはカッコイー!!!ってなりましたが、ちょっと待てお前なんて言った?ってなった。
ナニぶち抜くの?どうぶち抜くの?
空知が突っ走りすぎて大人だけどついていけない!

真選組・見廻り組・攘夷の三つ巴ですけど、確実に攘夷は蚊帳の外ですね。
真選組vs見廻り組です。
土方と異三郎がにらみ合ってる間に、別働隊で局長と沖田が人質を助け出す作戦発動です。
ずいぶん偉い人たちが別働隊で動くもんだ。
そんなビック2がいなくなったらすぐに攘夷にばれそうな気もします。
全然コソコソできなそうな気がします。

次回は土方vs異三郎ですね!

銀魂第366訓の感想~後編~

ハァイ!
Tiger&Bunnyの魅力に取りつかれていない腐女子のほう、アオイです!


言ってみたかっただけ・・・言ってみたかっただけなんだ・・・。
タイバニに関しては対岸の火事です。
周りがひどく燃え上っているのを遠くから眺める毎日。
といいつつ、薄い本2冊だけあるよ。兎虎派だよ。

銀魂第366訓『デキの悪い兄弟をもつと苦労するが、デキが良くても結局苦労する。』の感想~後編~です!

母親を亡くした土方を世話してくれた為五郎さんってお兄ちゃんなんですよね?
年の離れたお兄ちゃんに育てられたとか。
お兄ちゃんが自分をかばってやられたの見てキレるとか。
自分のせいで光を失ったお兄ちゃんに負い目を感じるとか。
空知、私がそういう設定好きだって知ってた?
もしかして空知もルーギルなのかと疑ってしまいそうです。

それにしても、こういうことをぽっと出のTETUに明かされるのもなんだかなぁという気がします。
こんな大事なことは銀ちゃんに語ってくれよ、ゴリ(*`д´)ノノ
おせっかいにも牢屋越しに土方の昔話を聞かせてくるゴリに「勝手にベラベラ喋ってんじゃねーよ、ゴリラ。あいつの過去なんて興味ねぇんだよ」という銀ちゃんが見たかったです。
全く気の利かないゴリラだと舌打ちしかけましたが、あの二人はお互いの過去をはっきり知らないままでもモヤッと感じ取ってそうな気もします。
土銀はきっと過去に何があったなんて知らなくても今隣にいればそれでいいと思ってる。
為五郎さんの命日に縁側でタバコをふかしながら思い出に耽る土方に、詳しいことは知らないくせに黙って背中を合わせる銀ちゃん。
じわじわ伝わってくる背中の熱を感じながら、今度こそ大事なものを無くしたくないって決意する土方っていうか為五郎さん死んでなかったYO。
いっけね。

土銀妄想をしていたら、あっという間に銀ちゃんが出所してしまいました。
え!?!もうシャバですか??出所早くないですか?
逮捕監禁は?
手錠プレイは!?!
すんでのところで土方乱入は!?!

すごく色々すっとばされた気がするんですが気のせいでしょうか。
ジャンプで18禁展開は無理だってわかってる・・・。
でもせめて逮捕された銀ちゃんと土方の接触があってもいいと思うの!
しかも釈放手続きして迎えに来たの、沖田かよ!
色々違ァァァう!
どういう流れで沖田が迎えに来ることになったのか興味はありますね。
すぐさま釈放手続したいのに皆の手前ヤセ我慢してる土方をみかねて、沖田がこれみよがしにやってきたんでしょうか。
せめてそれぐらいの妄想させてくれ!

「深い業の香りがする」と言われて、沖田に脇クンクンさせて「大丈夫だよね?」と聞く銀ちゃんがかわいい(≧∇≦)
手でクンカクンカして匂いを確かめる沖田もかわいいけど・・・、それってアンモニアのような刺激臭の匂いの嗅ぎ方ですよね?
意外に匂いを気にするらしい銀ちゃんは、あとで土方にも「ねえ俺臭くないよね!?」と確かめるんだと思う!
土方は「今さら何言ってんだ、甘い匂いがするぞマジで」と言いそうでワクワクする。

銀ちゃんの傷ついた心をお金で解決しようとする佐々木さんがいっそ清々しいですね。
お金をもらおうとする銀ちゃんと沖田の掛け合いがかわいくてキュンキュンしました!
この二人かあいい~( ´艸`)
沖田が銀ちゃんに懐いてるの見るとほんわかします。

沖田が「うちの副長が色々粗相しでかしたらしいんでこれでおあいこって事で」と佐々木さんに気遣い無用!と言っていますが。
銀ちゃんを巻き込むのは『旦那の不始末は妻がなんとかしろ』と言っているということでいいですか?
旦那だけど妻ってことでいいですか?
ここは「旦那いきますぜ」という沖田に付いて屯所まで行って、ぜひとも土方に文句言ってほしいですね!
でも銀ちゃんが佐々木に仕事を世話されるという展開にwktkします!

TETUのアドバイス(?)で、為五郎に手紙を書くことにしたらしい土方。
こういう役は銀ちゃんにやらせてください、お願いします。
今まで散々ゴリにも言われてきたことなんだろうけど言うこと聞かなかったんでしょう?無視してたんでしょう?
でもTETUのアドバイスは聞くの?!
なんか不自然!!納得いかなーい!!
簡単に言うとTETUに嫉妬。

飛脚TETUを物陰から怪しい人が覗いているので、これから事件が起こりますね!
このシリーズにおいて銀ちゃんと土方が絡まないなんて許さないぞ。
最終的には土方と為五郎が再会して、目が見えないのをいいことに「大事な人」として銀ちゃんを紹介して、「今度はきちんと大切な人を守れるといいな、トシ」と優しく為五郎さんが微笑むシリーズラストが待ってる。きっと待ってる。

とりあえず来週は、お金で雇われた銀ちゃんVS土方の展開になったら萌えハゲますね。
でも最後は銀ちゃんが佐々木を裏切って「あなた、お金欲しかったんじゃないんですか」「一生チビチビたかる相手がいるからいーんだよ」っていうラストをください。
来週はきっとこうなるこうなるこうなる。
口にすると願いはかなうって澤姉さんが言ってました。
最近の記事+コメント
ツリーカテゴリ
カウンター
プロフィール

アオイ

Author:アオイ
働く腐女子です。妄想大好き。
隠れオタでオタ友に飢えているため、コメント等いただけたら大変喜びます。

現在の主な萌え構成
●『銀魂』
 →銀ちゃん愛の土銀オンリー
●『戦国BASARA』
 →政宗愛のこじゅまさオンリー
●『ヘ タ リ ア』
 →プー愛の独 普オンリー

他、ワンピの副シャンやデュラのシズイザ、ジャイキリのゴトタツが好きです。

リンク
参加&応援!

ブログランキング・にほんブログ村へ
kojumasa
隠れオタバナー いろは doipu.gif
ヘタリア×羊でおやすみシリーズHPへ
カレンダー&月別一括表示
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ。 土銀・こじゅまさ語り、大歓迎です♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。